【8月10日】日記


8月的蝉/8月の蝉

alt text

1)中文【8月10日】8月的蝉


写这篇日记的拂晓时分,周围一片蝉鸣。
附近的公园和研究所中,林荫环绕。
没能从全天开空调的房间迈出一步。
每年8月,都会在银座步行者天堂举办穿浴衣游行的夏日祭典,(今年)因为疫情取消了。
全国各地的集会活动都接踵取消了。
但是,点击湖山官方主页的横幅,进入保健设计网络。
登满了全国湖山设施中夏日祭典的报道。
流水素面大会是这个时节的必备。
切实感受到从北到南。
日本全国都有湖山(设施)啊。
在HDN的主页上,全国各个设施都可以直接登载(报道)。
也就是说,不是总部来制作,也不是总部编辑。
无限自由无选择。
我本人,每天,要看好几次,才知道:
啊,这个设施正在做这样的事啊。
这个HDN的名字是我。
这个名字中恰恰包含了我对湖山集团的构想目标。
全体设施,不管何时,谁都可以自由发言。
我很期待变成那样。
比起帝国型,更接近于共和国形式。
不是什么上意下达,也不是由下申请,都是平等的。
湖山的理想就是变成那样。
从一个小小的不显眼的标志进入湖山世界。
超越时空限制,仿佛是爱丽丝的镜中王国。
听一声蝉鸣,被迷惑心智的世界。
请不要误解。
我不仅是灵魂,肉体也保留在现实中。
就算变成蛰居老人,也能切实感受到心中的幸福是和湖山连接在一起啊。
昨晚,煮了素面。
想起了小时候。
暑假时,每天都和兄弟在走廊吃浮在冰水上的白色素面。
不知什么原因,有一根根被染成红青绿色的面条。
兄弟之间会因为谁来吃那些面条而争吵。
为什么会计较那些呢。
放到现在,应该会说,妹妹先吃吧。
然而孩子的本性决定了做不到那样的事。
成人之后,变得懂事了,不能谦让的事越来越少。
正因年轻,所以幼稚,可爱,那是素面的记忆。

2)日文【8月10日】8月の蝉

この日記を綴る明け方の時間は、周囲は蝉の声で一杯です。
隣が公園と研究所で、木々に囲まれているのです。
24時間冷房の部屋から一歩も出られません。
毎年8月は、銀座歩行者天国で、ゆかたで銀ぶらの夏祭りがあるのですが、コロナで中止です。
全国、地域イベントは軒並み中止です。
でも、湖山公式ホームページのバナーから、ヘルスケア・デザイン・ネットワークに入ります。
全国の湖山の施設内での夏祭りが満載です。
流しそうめん大会が、今の時期の必見です。
本当に北から南まで。
日本全国に湖山はあると感じます。
HDNのHPには、全国どの施設から直接掲載できるのです。
つまり、本部が作っているわけでも、編集しているわけでもありません。
自由無制限ノーチョイス。
私自身、毎日、何度か覗いて、初めて知るのです。
ああ、この施設はこんな事をしているのか、と。
このHDNのネーミングは私です。
この名前にこそ、私の湖山グループの構想の狙いが込められています。
全施設が何時でも、誰でも自由に発信できる。
私は、それを楽しみに待っている。
帝国型より、共和国型。
上意下達でも、下から稟議でもなく、フラット。
そうありたいと願う、湖山の理想です。
目立たぬ小さなバナーから入る湖山の世界。
時空間を超えた、アリスの鏡の国みたいですが。
ひとり蝉の声を聞いて、誘われる心の世界です。
誤解しないでください。
私には、まだ、魂だけでは無く肉体も現生に残っています。
蟄居老人となっても、心と幸せは、湖山と繋がっているのだなあと言う実感です。
昨夜、素麺を茹でました。
子供の頃の思い出。
夏休みの日、縁側で、兄弟で毎日のように食べた、氷水に浮かぶ白い素麺の色。
何故か、赤青緑に染められた麺が、一本づつあって。
それを、誰が食べるかで、兄弟喧嘩になる。
何故、そんな物にこだわったのだろう。
今なら、先にお食べと、妹に譲ったろうに。
それが出来ないのが子供の性根。
大人になると、そういう意地になって譲れぬ事が減って行く。
若さ故、愚かさも 愛おしい 麺の色。

用户7825 用户7825
5 个月前
3

扫描下方二维码手机阅读文章