【8月24日】日記


用皮肤思考/皮膚で考える

alt text

1)中文【8月24日】用皮肤思考


最近很少听到“领导力”这个词了。
变成了混沌的时代,已经失去了曾经明晰的价值观和方向了。
无论是看世界政治,还是看各国首脑,都不知道哪个才是正确的政策。
我对曾经那个绝对价值观、伦理观、正义感所创造的世界,已经失去自信了。
已经不知道该以什么为目标了。
以前也有过因为暴风雪而看不到前面道路的时候,可是这一次我们还有最终目的地吗?
身处在为了不让车倾覆,就要竭尽全力维持现状的现实当中。
世上的领导人都只是自说自话。
不考虑最优解,只考虑明哲保身,为自己谋利。
被暴风雪阻隔视线,看不见该走的路。
在那之前,你的目标到底在哪里?
是销售额吗?利润吗?是你自己的年薪吗?是职员的工资吗?名誉吗?
害得国家赤字,害得设施亏损,你还逞什么威风?
没有谦虚地反省吗?
不承认自己政策判断失误的政治家。
无视失败,拒不反省的经营者。
哪个都没有未来。
即便有理想,不抛弃虚荣心就无法做好经营。
我经常读大脑生理学、脑科学的书。
NHK的人体系列节目里也播放过。
脑神经、手指、皮肤神经会同时活动。
并不是通过大脑指示,手指才能动。
不是哪个优先。而是同时行动。
大脑和身体、皮肤融为一体,共同感觉、思考、命令、行动。
甚至有可能只是皮肤考虑,然后由大脑传达给了整体。
这才是理想的“全员经营”。
经营外部环境到底如何,只有在设施现场的职员知道。
而且,如果全体人员不能理解整体的经营方针,舰队自然不可能采取统一行动。
湖山的信息共享没有限制。
如果成为大规模集团的话,还是不得不形成分层的官僚化组织。
今后需要考虑“zoom时代”之后再下一代的“神经型信息型经营体系”了。
这篇日记也只不过是湖山的一根小小的神经罢了。

2)日文【8月24日】皮膚で考える

リーダーシップと言う言葉をあまり聞かなくなった。
混沌とした時代となって、明快な価値観と方向性を持てなくなったからだ。
世界の政治を見ても、各国のトップを観ても、どれが正しい政策か、わからなくなった。
絶対的価値観、倫理観、正義感が作って来た世界に自信が持てなくなって来た。
何を目指せば良いのかわからなくなった。
吹雪で進路が見えなくなった事もあるが、最終目的地があるのだろうか。
転覆しないように、現状維持で精一杯という現実があるにはあるが。
世のリーダーはポジショントークばかり。
全体最適より、自己保身、自己利益ばかり求めているように見える。
進むべき道が吹雪で見えない。
その前に、貴方の目指しているのは、何処なのですか。
売り上げですか?利益ですか?自分の年棒ですか?職員の給与ですか?名誉ですか?
国を赤字にして、施設を赤字にして、何を貴方は威張るのですか。
謙虚な反省は無いのですか。
自分の間違った政策判断を認めない政治家。
失敗を無視して反省しない経営者。
どちらにも未来はない。
理想があっても、見栄を捨てなければ、現実の経営はできない。
大脳生理学、脳科学の本を良く読む。
NHKの人体シリーズでも、放映していた。
脳の神経と、手先、皮膚の神経が同時に動く。
脳が指示して、指を動かすのではない。
どちらかが、優先しているのではない。同時。
脳と体、皮膚が一体となって、感じ、考え、命令し、行動する。
もしかしたら、皮膚が考えて、脳が全体に伝えているだけかも知れない。
これこそ、理想の全員経営。
経営外部環境は現場の施設職員しかわからない。
また、全体の経営方針を全員が理解できなければ、艦隊は統一行動を取れるはずがない。
湖山の情報共有に制限はない。
大規模グループになれば、階層式官僚組織にならざるを得ないが。
これからは、zoom時代の次世代の神経型情報型経営システムが必要。
この日記も、その湖山の神経の1本に過ぎない。

用户7825 用户7825
5 个月前
0

扫描下方二维码手机阅读文章