【3月29日】日记


医疗中可信赖介护建设/医療に信頼される介護を

alt text

1.中文【3月29日】医疗中可信赖介护建设


带年轻医生参观首都圈介护设施后的感想。
我认为介护得到了医师一定的肯定。
护士24小时体制的short stay(短期入所生活介护)。
看护小规模多机能型居宅介护(看多机)安装了新冠病毒检查仪器,向工作人员发放检查试剂盒套件。
设施明亮干净。
介护人员积极应对医师。
最重要的是,介护人员能自然地和医师说话。
在这个世界上,也有不擅长与医师、医院进行沟通、协作配合的介护设施。
不敢使用医疗术语,也不敢和医师组队。
快点,用救护车带他去医院,希望医疗在医院做。
这里,是我的介护设施,介护王国。
我是队长,设施长。我不想被医师指使。
希望医疗可以在医院做。
我见过这样想的设施长和相谈员。
无论是在家里、在介护设施、在酒店,无论在哪里都有医疗。
无论在哪里,都需要,也应该提供医疗。
我把这种社会实现称为医疗向社会的渗透和扩散。
我认为湖山Care是医疗、介护和生活联合到一体的。
湖山,是医疗和介护的爱的桥梁。
我希望如此。

2.日文【3月29日】医療に信頼される介護を

若い医師を首都圏の介護施設に案内した感想。
医師に一定の評価を得たと思う。
看護師24時間体制のショートステイがある。
カンタキは、コロナ検査機器設置、スタッフに検査キットを配布。
明るく清潔な施設。
医師に積極的に応対する介護スタッフ。
何よりも、医師に自然に話せる介護スタッフ。
世の中には、医師、病院とコミュニケーションを取り、連携協力する事を苦手とする介護施設もある。
医療用語を使われる事、医師とチームを組む事をためらう。
早く、救急車で、病院に連れて行って、医療は病院でしてほしい。
ここは、私の介護施設で、介護王国。
私がチームリーダー。私が施設長。医師に指図されたくない。
医療は病院でやって欲しい。
そう思っている、施設長、相談員に会う事がある。
自宅でも、介護施設でも、ホテルでも、どこでも医療はある。
どこにいても、必要で、また、提供されるべき。
その社会実現を、医療の社会への浸透と拡散と、私は言う。
こやまケアとは、医療と介護と生活の連携から一体化だと思う。
湖山は、医療と介護の愛の架け橋。
そうありたいです。

3.解説【3月29日】医療に信頼される介護を

  • 代表は、医師を介護施設に案内した実体験から「湖山は、医療と介護の愛の架け橋」と自負されています。
  • 介護職と医師との自然なコミュニケーションの裏付けには、きっと普段からチーム連携協力の理念が念頭にあるのでしょう。
  • 湖山ケアは、医療と介護と生活の連携から切れ目のない一体的なケア体制の構築に取り組むことに邁進しています。
  • 今後とも「地域とともに歩む愛と安らぎ」をかかげ、利用者様とご家族様の絆をつなぐ愛の架け橋を続けるよう願っています。


alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
3

扫描下方二维码手机阅读文章