【3月3日】日记


我的梦想是成为Miss France/「僕の夢はミス・フランスになること」

alt text

1.中文【3月3日】我的梦想是成为Miss France


有这么三位电影大师,只要是他们推荐的电影,我一定会去看。
这次为了看其中的一位福利片制片人介绍的电影,
久违地走进了银座的电影院。
当然,客人稀稀落落的,但令人惊讶的是,没有女客人。
都是像我这样的大叔。
“チョコレート・ドーナッツ(巧克力甜甜圈)”放映的时候,明明坐满了女性。
这些男性顾客,难道都是变性人吗?
没错,这部电影是憧憬选美的男性的故事。法国电影。喜剧。
总之,电影很时尚,看的时候乐在其中。而且,很美。
主人公饰演的是,因实际出演ゴルチエのレディースコレクション“戈尔奇埃女士收藏”而出名的模特。
主人公是真正的变性人。
男人扮演的女人更有女人味。
这是因为他了解男性所感受到的女性魅力的要点。
如歌舞伎女演员。
宝冢的男役也是性别相反,演起来反而显得真实。
能够随时观看任何一部电影,是银座的一大优势。
我曾经问过一位年轻的宝冢粉丝。
她说,在看完宝冢回家的电车上,一看到男性就会觉得很脏。
约会时不要邀请宝冢。
一个活生生的男人是无法与一个男装美人抗衡的。
那么,女性邀请男性歌舞伎怎么样呢?
这要取决于你的自信。
看了这部电影就会知道,所谓的美丽,与其说取决于女人还是男人,不如说取决于你的心态。
虽然这是演员的角度。
时隔一年,突然想去看看歌舞伎了。

2.日文【3月3日】「僕の夢はミス・フランスになること」

この人の推薦ならば、観ておこうと思う映画の匠が3人いる。
そのうちの1人、福祉映画のプロデューサーからの紹介。
久しぶりに、銀座の映画館に入った。
勿論、客はパラパラであったが、驚いたのは、女性客がいなかった。
皆、私のようなおじさんばかり。
「チョコレート・ドーナッツ」の時には、若い女性で満客だったのに。
この男性客は、もしかして、トランスジェンダーばかりだろうか。
そう、この映画は、ミスコンに憧れる男性の物語。フランス映画。コメディ。
兎に角、おしゃれ、楽しい。そして、美しい。
主人公演じるのは、実際にゴルチエのレディースコレクションにして出演して有名になったモデル。
本物のトランスジェンダーが主人公を演じる。
男性が演ずる女性の方が女性っぽい。
それは、男性が感じる女性らしさのツボを知っているからだ。
歌舞伎の女役しかり。
宝塚の男役もその逆で、真実。
どちらも、時々観劇できるのが、銀座の良いところ。
宝塚ファンの若い女性に聞いたことがある。
宝塚観劇の帰りの電車で、男性を見ると、汚らしく見える。と。
デートで、宝塚に誘ってはいけない。
生身の男は、男装の麗人に敵う訳がない。
では、女性は男性を歌舞伎に誘うのはどうか。
貴方の自信次第です。
この映画を観ると、美しさは、女か男かよりも、心の持ち方次第と、知らされます。
この、役者の場合ですけれども。
歌舞伎に行ってみたくなった。1年ぶりに。

3.解説【3月3日】「僕の夢はミス・フランスになること」

  • 大胆な人よりも、肝っ玉の小さい人が書いた妖怪怪談のほうが怖いと私はずっと思っていました。
  • 代表が見た映画の主人公は本当は男性でありながら、女性より女性っぽい感じがするのと同じです。
  • 女性が本当の女性の魅力が分かるように、男性も男性が感じる女性らしさのツボを知っているのでしょう。
  • 人はそれぞれ感覚が違うわけですから、いずれの感覚もそれなりの価値があるのだと思います。


alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章