【3月27日】日记


人之器/人の器

alt text

1.中文【3月27日】人之器


湖山在不断的成长扩大。
今年也有5家大型特养老人院将要开业。
人也在增加。
今年应届毕业生的内定人数超过了500人。
聘用包括技能实习生在内的新人,在Koyama College进行教育,使其3年后取得介护福祉士。
即使培养了兵,一等航海士也增加了,但是士官的教育却跟不上。
舰长、副舰长、机关长等干部不足。
只靠教室和课堂,是不够的。
需要在海上进行实战经验的演习。
只有在现场进行体验,才能做到真正的了解。
本来是最好的主任,可是当了部长后总觉得苦恼。
作为部长还好好的,可是当了设施长就没有人望了。
隐瞒问题,不能及时解决。
净找借口。
没想到竟然是这种狡猾的人。
我觉得任何公司、组织都有这样的存在。
这是一个13000人的组织。
不,难说到底有没有成为组织。
最近一有烦恼,就依赖年轻时的现场体验。
看过万卷经营书后感触到的是,促使做出最后决断的是作为28岁的新人经营者时,第一次发放奖金时职员的喜悦的笑容。
或许是自己一直没有从原体验获得继续成长。
现在的经营理事,都是从一个小小的法人1设施开始,一直支持着现场工作的现场负责人。
都是和法人一起作为经营者培养起来的人。
成为大湖山之后,入职的人的资质和期望或许会不一样。
我认为从大企业空降到中小企业的人很少成功。
企业虽大,但本人只是组织的小齿轮。
如果背后没有大的组织做背景的话,本人一个人什么也做不了。
无法负责任,不能做决断,无法做判断。
越是聪明的人越是会在组织中游荡,没有自我责任。
为了不把责任推到自己身上,就把问题事项转交给别人。
把下面来的请示往上面转,把上面的指示往下面传达。
当事人没有任何执行责任。
最近的新冠疫情对策取得了有效的成绩。
这是因为,湖山无论在什么情况下,无论是哪一位工作人员,都以责任感为基础实施对策行动。
和上司的指示与管理无关。
当然,如果有医师在奔跑,护士、康复训练也会跟着跑起来。
重要的是,医师和设施长要在现场报告的基础上,信任建议,听从判断。
我觉得这才是湖山应有的团队关怀。
培养大器者、优秀干部到底是怎么回事,最近再次苦恼。
这不是一个大器,而是一个与水配合的自由柔软的容器。
没有比高傲、狡猾的干部更对组织、职员有害的存在了。
每天在工作现场辛苦的人,都是诚实、懂得自己小小的份量的谦虚的人。
我不需要你的伟大抱负。
如果不是拥有这些资质和体验的人,也许无法亲切感受到医疗介护设施的现状。
如果不是对现场的辛苦有同感的人,就没有资格成为医疗福祉的经营干部。
现场今天的安全与健康。
每天的健康和幸福。
我们所期望的生活和老年人的生活是一样的。
在同一个房间,吃同样的饭菜,呼吸同样的空气。
自己的人生,今天的一天,大家都一样。
这或许是由于新冠疫情导致的蛰居生活的原因。
这样想,这样期盼的紧张的日子仍在继续。

2.日文【3月27日】人の器

湖山が成長する。
大型の特養ホームが、今年も、5件は開業する。
人が増える。
今年の新卒採用内定は、500人を超えた。
技能実習生を含め、新人を採用し、コヤマカレッジで、教育し、3年で介護福祉士を取得させる。
兵は育てても、一等航海士は増えても、士官の教育が追いつかない。
艦長や、副艦長、機関長といった、幹部が足らない。
教室や、授業では、不充分。
洋上での実戦経験での演習が必要。
現場で、体験するしかないのは、よくわかっている。
最高の主任だったのだが、部長になったら、どうも、悩んでいる。
部長としては元気だったのだが、施設長になったら、人望がない。
問題を隠して、迅速な対処ができていない。
言い訳ばかり言っている。
あんな、ずるい人だとは思わなかった。
どんな会社、組織にもあると思う。いると思う。
13000人の組織になる。
いや、組織になっているのだろうか。
最近、悩むと、若い時の現場体験に頼る。
万巻の経営書を読んだと思うが、最後の決断を促するのは、28才の新人経営者だった時、初めて賞与を支給した時の職員の嬉しそうな笑顔である。
原体験から、成長していないのかもしれない。
今の経営理事は、小さな法人の1施設から、現場を支えてきた、現場の責任者ばかり。
法人と、共に、時間をかけて、経営者として育った人ばかり。
大きな湖山になってから、入職した人の資質と期待は違うのかもしれない。
大きな企業から、中小企業に天下った人で成功した人は少ないと思う。
企業は大きくても、本人は組織の小さな歯車でしかない。
バックに大きな組織がないと、本人1人では、何も出来ない。
責任ある、決断、判断ができない。
頭が良い人ほど、常に、自己責任がないように、組織の中を泳ぐ。
自分に責任が行かないように、問題事項は、他の人に回す。
下から来た稟議を上に回し、上の指示を下に伝える。
当人には実行責任が何もない。
最近のコロナ対策が有効に実績をあげている。
それは、湖山は、あらゆる場面で、あらゆるスタッフが、責任感に基づいた対策行動を実施しているからだ。
上司の指示や、管理に関係なく。
勿論、医師が走れば、看護師も、リハビリもついて走る。
大事なのは、医師や施設長が、現場の報告を下に、進言を信頼して、その判断に従う事だ。
これこそ、こやまのチームケアだと思う。
大きな器の、優秀な幹部を育てるとは、どう言う事なのか、最近、改めて悩む。
大きな器ではなく、水に合わせた自由な柔軟な器なのだろう
高慢で、ずるい幹部ほど、組織に、職員に害悪な存在はない。
現場で日々苦労している人は、誠実で、小さな己の分をわきまえた謙虚な人間。
大望は、いらない。
その資質、体験を持った人でないと、医療介護の施設の現状は、親身に理解できないのかもしれない。
現場の苦労を共感できる人間でなければ、医療福祉の経営幹部になる資格はない。
現場の今日の安全と健康。
日々の健康と幸せ。
高齢者の利用者と、私達の望む生活人生は同じだ。
同じ部屋で、同じ食事をし、同じ空気を吸っている。
自分の人生も、今日の1日も、皆と同じ。
コロナの蟄居生活のせいかもしれないが。
そう思う、そう願う、緊張の日々が続く。

3.解説【3月27日】人の器

  • 代表は湖山を戦艦に、幹部職員を艦長・副艦長・機関長に、新人を航海士に喩えました。
  • 「強将の下に弱卒なし」、マネジメントに強い幹部はどの組織にとっても絶対必要です。
  • 「玉琢かざれば器を成さず」、強将が部下を育て、部下が成長して初めて遠くまで航海ができます。
  • しかし、もしずるい幹部がいたならば、これほど組織・職員にとって有害な存在はないでしょう。


alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
8

扫描下方二维码手机阅读文章