【3月30 日】日记


你所选择的道路/貴方が選ぶ道

alt text

1.中文【3月30日】你所选择的道路


有很多法人不断涌入首都圈。
因此,带来的结果就是首都圈的医院设施的人事变动较少。
法人不同,设施体系不同,往返很远。
不能将有问题的职员介绍到其他设施。
也不想放手任何一个优秀的员工。
不管怎么说,不给其他法人其他设施介绍人员。
东京的人才流动化本来就很激烈。
反正马上就会辞职。
不过,能马上采用的也是东京。
结果,那个设施单位就完成了空缺的补充。
是被完成。
职员太任性了,对法人没有忠诚可言。
也不太有想要取得资格证的进取心。
干部的不满也并非谎言。
不过,首都圈的录取率还是比地方要高。
兼职和派遣的话,马上就可以补充上。
随着城市地区劳动力的流动化,雇主也接受了流动化。
这样真的没问题吗?
营养师的工作场所是老健、特养、医院、还有福利设施活力广场、咖啡厅。
但是,如果决定在某个地方入职之后,其实已经是终身了。
几乎不会再有移动。
事务有接待,会计,请求,秘书,总务。
每个设施都有很多办公室。
但是,没有移动,晋升的机会也很少。
介护职位虽然可以在该设施内部晋升,但是与干部的磨合也比较困难。
干部也是人,没办法。
越是深情的干部,好恶情绪越强烈。
就当作你对待父母一样,同情他们吧。
对于介护现场的培养,每个设施都要加大力度。
但是,事务管理者的教育性移动,只限于银座事务所。
昨天我在邮件里读了各公司日报,发现了比较罕见的报告。
他们将有意离职的介护职员灵活地转移到福利设施活力广场,阻止了他们的离职。
让老健的打算退职的营养师转移到特养老人院,继续工作。
两个以前从未见过的报告。
是上司关心职员的表现。
很少有心胸宽广的干部能够把想要离开自己部门的部下介绍到其他设施。
移动不是降职,而是晋升教育的一步。
没有移动,就无法升职。
为了新开的设施,我积累了很多职场经验。
那个经验造就了现在的我。
虽然是作为一个创业者。
在新天地里的新设施,到处都被欺负。因为是外地人。
政治家、官员、银行、当地,当然也有当地的职员。
所以,要感谢和我一起努力的工作人员。
感恩之心,表现在一点点提高待遇,创设愉快的职场。
而且,最重要的是,培养那个人。
让他做他想做的事。
最重要的是不强迫职员做不想做的工作。
如被强迫,反正马上辞职(转职)才是关键。
今后的湖山G,为了培养管理职位,想要比现在更彻底地贯彻工作轮岗制度。
只会因为好恶而宠爱特定的下属的上司无处不在。
如果遇到了要压榨你的上司,请转移职场、转籍。
但是,你不能只向上司提交申请。
在研修会上引人注目也很重要。
受到关注,然后在选拔新设成员时得以被推荐。
对于想移动的想法,不要多虑,请多次发送。
请在定期面试中强烈地发表演讲。
如果没有回应,那就让我注意到。
发短信或者打电话都足够了。
我一定会去拯救你的。
不要忘了。
你的路,是你自己选择的。
这是你的人生。

2.日文【3月30日】貴方が選ぶ道

首都圏は多数の法人が進出している。
その為、結果として、首都圏の病院施設の方が、人事異動は少ない。
法人が違う、施設体系が違う、通うには遠い。
問題のある職員を、他施設に紹介できない。
優秀な職員は手放したくない。
どちらにしろ、他法人の他施設には、紹介しない。
東京は、もともと人材の流動化が激しい。
どうせ、すぐに辞めてしまう。
でも、直ぐに採用できるのも、東京。
結局、欠員の補充を、その施設単位で済ましてしまう。
済ませられるのだ。
職員はわがままだ、法人にロイヤリティーがない。
資格を取得しようとする向上心も少ない。
幹部の不満も嘘ではない。
でも、結局、地方より、採用しやすいのだ。
パートなら、派遣なら、即補充できる。
都会地域の労働流動化に合わせて、採用側も流動化を受け入れてしまっている。
それで良いのだろうか。
栄養師の職場は、老健、特養、病院、いきいきプラザのカフェにもある。
でも、どこかで採用が決まると、実は、もうそこで終身。
移動はほとんどない。
事務は、受付、経理、請求、秘書、総務。
どの施設にも事務は多数いる。
でも、移動は、なく、昇進の機会も少ない。
介護職は、その施設内で昇進可能だが、幹部との相性も難しい。
幹部も人間だから、しょうがない。
愛情の深い幹部ほど、好き嫌いの感情は強い。
親と同じと思って、同情してあげてください。
介護現場の育成には、どの施設も力を入れる。
でも、事務管理者の教育的移動は、銀座事務所くらいだ。
昨日の各法人日報をメールで読んでいたら、珍しい報告があった。
介護職で退職意向の職員をいきいきプラザに移動させ、離職を止めた。
老健の退職意向の栄養士を特養ホームに移動させて、継続となった。
今までにない報告が2件。
上司が気にかけてくれたのだ。本人の為に。
自分の部署を辞めたいという部下を、他の施設に紹介できる心の広い幹部は少ない。
移動は、左遷でなく、昇進の為の教育的一歩。
移動無くして、昇進させない。
私は、新規開設の為に多数の職場を経験した。
その経験が、今の私を育てた。
創業者としてではあるが。
新天地での新施設は、どこでも虐められる。他所者として。
政治家にも、役人にも、銀行にも、地元にも、勿論地元の職員からも。
だから、共に頑張ってくれるスタッフに感謝する。
感謝の気持ちは、少しでも良い待遇、楽しい職場の創設。
そして、何よりも、その人を育てる事。
やりたい仕事をさせる。
1番大事な事は、やりたくない仕事を無理強いしない。
どうせ、直ぐに辞めてしまうのがオチだ。
これからの湖山Gは、今まで以上に、管理職に育成するためのジョブローテーションを徹底したい。
好き嫌いだけで、特定の部下を寵愛する上司はどこにでもいます。
使い潰そうとする上司に当たったら、職場を移動、転籍してください。
但し、申請を上司だけに出してはいけませんよ。
研修会で目立つことも、大事です。
注目を浴びて、新設メンバーを選ぶ時に推薦されます。
移動の希望は遠慮なく、何度でも発信してください。
定期面接で強くプレゼンしてください。
手応えがなければ、私に気がつかせてください。
メールでも電話でも十分です。
必ず、貴方を助けに行きます。
忘れないでください。
貴方の道は、貴方が選ぶのです。
貴方の人生ですから。

3.解説【3月30日】貴方が選ぶ道

  • 代表は、ジョブローテーションや新規施設等で、湖山Gのスタッフにより多くの選択肢を提供しています。
  • スタッフがすぐ辞めてしまうのは職員のわがままであり、ロイヤリティーがないのが原因の一つだと思います。
  • しかし、スタッフの離職は、幹部との相性が合わない、昇進の機会が少ない等の問題点も重要な原因です。
  • 湖山Gは問題点を解決する方法を提供しているのですから、職員は自分の道を自ら選ばないと意味がありません。


alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
4

扫描下方二维码手机阅读文章