【3月21日】日记


病历仓库/カルテ倉庫

alt text

1.中文【3月21日】病历仓库


关于38年前银座急救医院的故事。
重新评估了实质凋敝的急救医院的合同。
在继承的前两个月,院长的豪车林肯刚以租赁的方式换了一辆。
包括司机。
他”割肉”赔本,卖车,也没有再雇佣司机。
事务长有能力但是品德不行,前事务长顾问善良但是无能,但毫无疑问,这两个都是不负责任的。
前任理事长信任这两位身边人,将自己的房子抵押,最终却失去了。
两位事务长虽然希望继续接受雇用,但当然被拒绝了。
两人完全没有意识到自己的责任。
白衣契约是职员人数的2倍,虽然觉得奇怪,但这是事务长的专权事项,是事务长的特权。
他们没有取消退休者的合同,而是将新职员作为新合同,增加了合同数量。
我在竞标中换了一个公司。
名片的价格也是市场价格的两倍。所有的印刷费用都很高。
X光片、检查公司、药品批发商都因招标而改变。
这样的话,拿到回扣的部长级全体辞职了。
科长级升职,和我一起迎战重整。
所有客户和干部都变了。
之后,由于受到委托,看到赤字医院的机会增加了很多,但多数原因是事务方的缺德或不负责任。
无论医生和护士如何奔波,都因为干部的回扣而消失。
无论理事长、院长增加多少患者,即使增加了医疗收入,也会因为较高的检查费、委托费而消失。
关于药物,医局在学会接待中受到拉拢。
至于通过招标更换X光胶片的厂家,检查部长反对说,如果换成其他公司,就不能拍出可信的影像。
全部都是大学规范,和身份不符,有政府当背景,散漫经营。
医生护士越工作,周边业者就越赚钱,只有一部分干部,靠回扣接待赚得盆满钵满。
医院将面临结构性赤字。
因为体检时有眼科,所以去银座有名的眼镜店打招呼时,店长问我这次应该把回扣交给谁好呢?
虽然有些吃惊,但首先还是拜托把这部分的钱用在给顾客省钱上吧。
一切都是这个样子。
医疗协会认为这是一个荒唐的世界。
那是很久以前的事了。
因为保安公司和清扫的合同也和大企业差不多,所以事务值班由男事务员轮流负责。
我想一次1万日元的打工,全部消失在啤酒的钱里了。
我星期四晚上值班。那成为了我难忘的体验。
银座急救医院的深夜,简直就是电视剧。
现在和已经成为国会议员的优秀政治家也是有缘,在学生时代就和我一起值班打工。
第一天,头部流着血的急救患者被抬进来,说是休克了。
作为一名政治家,我们只能祈祷这是一次美好的人生经历。
清扫和供餐也取消了公司合同,改为直营。
工作人员虽然都是上了年纪的女性,但都是精神且开朗的勤劳者。
因为剩下的食材和饭菜太浪费了所以想要带回去,因此而责骂了她。
也不允许职员将过期的药带回家,并且告诫他们说这里不是居酒屋。
只有那个时候才会像孩子一样唧唧喳喳起来。
为什么这种事已经过去那么久了,我却仍然觉得这件事就像昨天一样呢?
因为作为年轻人的我很拼命,每天都像去了外国一样新鲜。
其次,仓库租金较高。
因为是全年,所以费用相当可观。
因为也有健康诊断,所以过去的病历量可不是一个零头。
租下了附近大楼的顶层。
在一栋没有电梯的老楼里,由一名年轻的办公人员专门负责。
每天把预约第二天的患者的旧病历找出来,搬来搬去。
那座大楼重建了,决定找别的地方。
我在医院里找过了。
屋顶上有一个Prefab仓库。
打开里面一看,里面塞满了闲置的被子、坏了的床和检测仪器。
明明再也不会用了,却又觉得这样可惜的被放置在仓库里了。
就连扔掉都觉得麻烦,只能认为是偷懒。
如果管理者、事务长不负责任,一切都会变成这样。
必须实行断舍离。
把所有的东西都扔掉,作为病历仓库使用。
一名事务员得以转到病房。
男事务员值班,打工可以在院内完成。
虽然诊疗内容和收入不变,但半年就赶上了启动。
不允许散漫经营,老实认真工作。
领取与劳动相匹配的工资。
仅此而已。
我的人生。是一次断舍离的经验。
现在因为不能对老家进行断舍离而苦恼。

2.日文【3月21日】カルテ倉庫

38年前の銀座の救急病院の話。
実質破綻した救急病院の契約を見直して行った。
継承の2ヶ月前に、院長の高級車リンカーンをリースで買い替えたばかり。
運転手付き。
損切りして、車を売却し、運転手も再雇用はしなかった。
事務長は有能で悪徳、前事務長の顧問は善良で無能だと思ったが、両方とも、無責任であった事は間違いない。
前理事長は、この身内の2人を信用して、自宅を担保に入れて、失った。
2人の事務長は、継続雇用を望んだが、勿論断った。
2人は、自分の責任を全く自覚していなかった。
白衣契約が、職員数の2倍あるので、おかしいと思ったが、事務長の専権事項で、事務長の利権となっていた。
退職者の契約を切らず、新入職員を新規契約とし、契約数を増やして行ったのだ。
入札で業者を変えた。
名刺も相場の2倍の値段だった。全ての印刷費が高かった。
レントゲンフィルムも、検査業者も、薬問屋も、全て入札で変わった。
そうしたら、リベートをもらっていた、部長クラスが皆、辞めていった。
課長クラスが昇進し、私と一緒に立て直しに立ち向かった。
全取引先と幹部が変わった。
その後、頼まれて、赤字の病院を見る機会が増えたが、多くは、事務方が悪徳か、無責任が原因。
幾ら、医師と看護師が走り回っても、幹部のリベートで消えている。
理事長、院長が幾ら患者を増やし、医療収入を増やしても、割高な検査料、委託費で消えてしまう。
薬については、医局が、学会接待で懐柔されている。
レントゲンフィルムを入札でメーカーを変えるに至っては、検査部長が、他社に変えたら、信用できる写真は撮れないと反対した。
全てが、大学仕様で、分不相応、親方日の丸、放漫経営。
医師看護師が働けば働くほど、周辺業者は儲かり、一部の幹部だけが、リベート接待で潤うのみ。
病院は構造赤字になって行く。
健診で眼科もあったので、銀座の有名メガネ店に挨拶に行ったら、店長に、今度はどなたにリベートを渡したら良いのでしょうと、聞かれた。
呆れたが、まずは、その分をお客に安くしてくださいと頼んだ。
全てがこの調子。
医療会は呆れた世界だと思った。
今は昔の事だが。
警備会社と清掃の契約も大企業並みだったので、事務当直は、男子事務員で交代で当たった。
1回、1万円のアルバイトは、全て、ビール代に消えたと思う。
私は木曜日の夜の当番だった。忘れられない体験となった。
銀座の救急病院の深夜は、まるでテレビドラマだ。
今は、国会議員になっている立派な政治家も、縁があって、学生の時分に、私と一緒に、当直アルバイトをした。
初日に、頭から血を流している救急患者が運び込まれて、ショックだったと、未だに言われる事がある。
政治家として、良き人生経験であったと祈るばかりだ。
清掃と給食も、会社契約を破棄して、直営に切り替えた。
スタッフは、年配の女性ばかりだが、皆、元気で明るい働き者ばかり。
残った食材や、食事を勿体無いので、貰って帰りたいと言われたのを叱った。
期限切れの薬を職員が持って帰る事は許されるか、居酒屋ではない、と諭した。
その時だけは、子供のようにシュンとしていた。
何故、そんな古い事を昨日のように覚えているのだろう。
若造の私は必死だったし、毎日が外国に行ったみたいに新鮮だったからだ。
次は、倉庫の賃料が高かった。
通年であるから、かなりの費用になる。
健診ドックもあったので、過去のカルテの量が半端ではない。
近くのビルの最上階を借り切っていた。
エレベーターのない古いビルで、若い事務員が1人専業で担当していた。
毎日翌日の予約の患者の古いカルテを探し出して、運ぶのだ。
そのビルが建て直しと成り、他の場所を探す事になった。
院内を探した。
屋上にプレバブの倉庫があった。
中を開けてみると、使われていない布団や、壊れたベット、検査機器が詰まっていた。
2度と使われる事がないのに、もったいないと倉庫に放置されていた。
捨てるのさえ、面倒と、さぼったとしか思えない。
管理者、事務長が無責任だと全てがこうなる。
断捨離の実行である。
全てを捨てて、カルテ倉庫とした。
事務員1名が病棟に回る事ができた。
男子事務員は当直でアルバイトが院内でできるようになった。
診療内容と収入は変わらないが、半年で起動に乗って来た。
放漫経営を許さず、実直に真面目に働く。
労働に見合った、給料を貰う。
それだけだ。
我が人生。1回きりの断捨離経験である。
今は、実家の断捨離が出来ず、悩んでいる。

3.解説【3月21日】カルテ倉庫

  • 代表の日記を読んで、断捨離の大切さを改めて認識しました。
  • ミクロ的には、断捨離は使わないものを処理することです。
  • 実は、断捨離は組織全体のマネジメントにも当てはまります。
  • 放漫経営を許さず、断捨離をして、必要なものに集中しましょう。


alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
4

扫描下方二维码手机阅读文章