【3月11日】日记


在这一天/この日に

alt text

1.中文【3月11日】在这一天


この日に思う事。
あれから10年もたってしまったのか。
生きる事とは何か。喜びとは何か。
悲しみとは何か。人生とは何か。
書物の中や、人との会話からではなく、自分の心奥底に問う事が多くなった。
リアルな世界のリアルなショックは、作り物の架空の世界を許してくれなくなった。
小説が頭に入らなくなった。
映画のスクリーンの世界に逃避する事が出来なくなった。
音楽を長時間聴く事ができなくなった。
すぐに現実の世界に引き戻されてしまうのだ。
10年の間に、いつの間にか、両親もいなくなってしまった。
神と言うより、ご先祖様の霊が、天の星となって、この地を見守ってくださる。
そんな考えの方が、自分の身の丈にあうようになってきた。
教会や、お寺より、お地蔵さんに、心が寄り添うような気がする。
10年の間に、友もいなくなり、只々、湖山の仕事をし、湖山の中で息をしていたような気がする。
これからの湖山の経営管理体制の再構築は、10年先へのタイムトンネル。
また、私自身の終末儀式でもある。
今は、この日記が、私のエンディングノートと言っておこう。

2.日文【3月11日】この日に

この日に思う事。
あれから10年もたってしまったのか。
生きる事とは何か。喜びとは何か。
悲しみとは何か。人生とは何か。
書物の中や、人との会話からではなく、自分の心奥底に問う事が多くなった。
リアルな世界のリアルなショックは、作り物の架空の世界を許してくれなくなった。
小説が頭に入らなくなった。
映画のスクリーンの世界に逃避する事が出来なくなった。
音楽を長時間聴く事ができなくなった。
すぐに現実の世界に引き戻されてしまうのだ。
10年の間に、いつの間にか、両親もいなくなってしまった。
神と言うより、ご先祖様の霊が、天の星となって、この地を見守ってくださる。
そんな考えの方が、自分の身の丈にあうようになってきた。
教会や、お寺より、お地蔵さんに、心が寄り添うような気がする。
10年の間に、友もいなくなり、只々、湖山の仕事をし、湖山の中で息をしていたような気がする。
これからの湖山の経営管理体制の再構築は、10年先へのタイムトンネル。
また、私自身の終末儀式でもある。
今は、この日記が、私のエンディングノートと言っておこう。

3.解説【3月11日】この日に

  • 代表は、湖山の経営管理体制の再構築という目標を自分の人生の終末儀式にしようとしているようです。
  • 「自分は若いから、まだ終末儀式を考える必要がない」と思う若者が多いようですが、そうではありません。
  • 時間が経つのは速いもので、まだ余裕があると思っていても、知らず知らずのうちに過ぎ去ってしまいます。
  • 自分の終末儀式について早くから考えておけば、自分の人生のやり甲斐を早く見つけることがでるでしょう。


alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章