【3月26日】日记


新思维/新しいセンス

alt text

1.中文【3月26日】 新思维


昨天,埼玉县特养老人院竣工仪式得以结束。
这是新冠疫情时代诞生的湖山的新设施,令人印象深刻。
除了基本设计之外,我把其它工作都留给了设施长和其他开业干部。
受新冠影响,在施工过程中,我一次也没有出席施工会议。
整体预算和借款是我的实行专权,但设备、装修、家具是开业人员的专权。
也就是说,工作人员可以随心所欲。为所欲为。
当然预算也是有限的。
到现在为止,湖山的设施,不管是设计事务所,还是建筑公司,都是有实绩的,所以不用担心,但是湖山的设施工作人员,应该都是第一次经历。
小说是在处女作中会表现出全部才能,而设施建设则体现出当事人的人性和品味。
虽说是以介护为目标的理念,但终究不会脱离那个人的人性本身。
装修和家具都要看作是自己家一样。
即使有工程师设计师,也会产生主人的嗜好,也就是我所说的美感。
那个人的生活感受、价值观。
我想说归宿是人生观。
不奢华,但踏实。
不豪华,但明亮干净。
内饰颜色,家具设计,都是新感觉。
备品方面,新产品也要表现抢眼。
南欧的公寓吧。
符合我最近的口味。
最让人感动的是YouTube上的设施介绍。
介绍的工作人员充满自信的笑容。
对于选择设施的家庭来说,比起漂亮的建筑物,更注重的是能看到照顾他们的职员的笑脸。
我认为能否和选择设施的家人进行交流是很重要的。
当然这是理所应当的。
自然,如果工作人员的笑容是温暖的,那选择设施的人们就可以安心了吧。
我想这会是一个很受欢迎的设施。
湖山不会以新冠疫情为借口。
这里的工作人员应该也是这么想的。
代替奠基的,是公示在大厅里的为该设施奠基的人的名单图示。
确认了我的名字被记下了。
下一次参观设施,将是在满床的时候了。
我觉得会很快。
请务必在YouTube上观看。
看的重点不是设施,而是工作人员。

2.日文【3月26日】新しいセンス

昨日、竣工式を終えた埼玉県の特養ホーム。
コロナ時代に生まれた湖山の新しい施設だと、感じ入った。
私は、基本設計以外、施設長他開業幹部に任せっぱなしだった。
コロナで、工事中、一度も工事会議に出席していない。
全体予算と借入は、私の専権実行だが、設備機器と内装、家具は、開業スタッフの専権とした。
つまり、スタッフの思うがまま。やりたい放題。
予算の制限はあるが。
今まで、湖山の施設で、実績のある、設計事務所、建築会社だから、心配はなかったが、湖山の施設スタッフは、皆、初めての筈。
小説は、処女作に才能の全てが出ると言うが、施設作りは、当事者の人間性とそのセンスが出る。
目指す介護の理念とか言っても、所詮は、その人の人間性そのものから逸脱する事はない。
内装、家具は、自宅と同じ。
設計士やデザイナーがいても、施主の嗜好、私の言う所の、美的センスが出る。
その人の生活感覚、価値観。
行き着く所は、人生観と言いたい。
贅沢ではないが、堅実。
豪華でないが、明るく清潔。
内装色も、家具デザインも、新感覚。
備品も、新製品が目立った。
南欧のアパートメントかなあ。
最近の私の嗜好に合う。
1番感激したのは、ユーチューブにあがっている、施設紹介。
紹介しているスタッフの自信に満ちた笑顔。
施設を選ぶ家族は、立派な建物より、お世話をしてくれる職員の笑顔を見る。
家族とコミュニケーションを取れるかが、大事と考える。
当たり前だが。
自然で、暖かい笑顔のスタッフは、安心できる。
人気の良い施設になると思う。
湖山は、コロナを言い訳にしない。
ここのスタッフもそう思っているはずだ。
定礎の代わりに、ロビーに掲げてある、この施設の礎を作った人々のリストパネルを確認した。
私の名前が忘れずに記名されている事を確かめた。
次に、施設訪問をするのは、満床になった時になる。
以外に早いと予想した。
是非、ユーチューブで、ご覧ください。
施設よりも、スタッフを。

3.解説【3月26日】新しいセンス

  • 代表は、人の生活感覚や価値観から生まれたセンスについて記述しています。
  • 人間は小説や施設作り等、何かを作ろうとするとき必ずセンスが滲み出ます。
  • ただし、そのセンスは当人の人間性そのものから逸脱することはありません。
  • そのため、人間が作ったものは、実はその人の人生観を映していると考えます。


alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
3

扫描下方二维码手机阅读文章