【3月6日】日记


等待神灵降临/神が降りるのを待つ

alt text

1.中文【3月6日】等待神灵降临


从小学5年级开始,我每个月都去电影评论家淀川长治的“电影友之会”。
在虎之门的自行车会馆。现在可能已经没有了。
因为在父亲工作的虎之门医院附近,所以我有机会过去。
第三个星期六下午,背着书包,坐在了最前面的座位上。
淀川先生晚年好像一提起电影友之会的事,就会说到一个男孩,这个男孩总是坐在最前面的座位上,把书包放在膝盖上,一心一意地盯着淀川先生的脸。
当时大学生很多。
那个有着圆圆的眼睛的可爱的不良小学生,毫无疑问就是泰成君。
淀川先生的电影解说比单口相声有趣,至今仍深深留存在我的记忆中,是泰成君人生中的珍贵的话语。
电影秘闻其中的一个。
是关于两种类型的名演员。
一种是反复练习的演员工作室和舞台演员类型。
是跟着导演成长的类型。
为了塑造角色,时胖时瘦,甚至练习到真的会弹钢琴。
花一年时间专业学习舞蹈、芭蕾、唱歌。
还有动作演员。
认真练习拳击和空手道。
而不用替身特技演员。
我听说トム・クルーズ(汤姆·克鲁斯)在下一部电影中好像真的要去太空了。
另一种类型,是天生型演员。
从不练习,而且讨厌配合舞台。
即使喝到天亮,即使宿醉,也扮演神父的角色。
即使吃饱了,也能出演在无人岛上遇险挨饿受苦的情形。
哪怕只有一次,只要演了之后,就再也不上心了。
不感兴趣。闹别扭。
把一切都押在take one上。
没有take two。越做越奇怪。
我觉得我能理解。
练习过、习惯过的事情,会让人觉得不是真的、不是真心、不是事实。
如果是忘我、不理智、随感情而流出的,就不是假象,而是真实的样子。
抑制不住就自然而然地说了出来。
是不是可以说演得很逼真呢?
所谓舞台演员,就是无论演多少次,都不习惯、不擅长的演员。
不管演多少回,都能以和第一次演一样,用新鲜的心情来表演。
无论多少次,跌了又跌,都不做作。
吓了一跳,杯子掉了,也可以表现出真的很吃惊的样子。
无论练习多少次,都学不会,习惯不了,轻松不了,熟练不了。
据说具有这种气质的人会成为名演员。
学习的秀才和不学习的天才。
是的,泰成君不是天才,泰成君属于后者。
泰成君一拿到问候稿,就一个劲儿地照本宣科,然后心情变得沉重起来,中途就把稿子扔掉了。
之所以这样写,是因为昨天拍的入职式问候录像要重新拍。
也曾被摄影师说过因为每天的劳累,我的表情没有生气,但因为在昨天的日记里写下了自己的想法,现在再也没有心情了。
也许我,一辈子,都在扮演一个经营者。
寿命终结的时候,就是退出舞台的时候。
入职式录像周一再拍。
幼儿园毕业典礼用的录像顺利收录了。
因为没有原稿,是按照当时自然而然的心情讲的。
脑海里浮现的是泰成君自己在幼儿园时的回忆。
没有准备,没有计划,没有练习。
我只能表达我的生活。
没有所谓的习惯或是善长。
而是随心所欲的表达。
每天早上的我都在用最真实的语言表达原汁原味的感想送给你们。

2.日文【3月6日】神が降りるのを待つ

小学校の5年生の時から、映画評論家の淀川長治の「映画友の会」に毎月通っていました。
虎ノ門の自転車会館です。今はないかもしれません。
父の勤務する虎ノ門病院の近くだったので、行けたのです。
第3土曜日の午後、ランドセルを背負い、1番前の席に座っていました。
淀川さんは、晩年、映画友の会の事を話すと、決まって、1番前の席でランドセルを膝の上に乗せて、一心に淀川さんの顔を見つめていた、男の子の事を話していたそうです。
当時は、大学生が多かったのです。
その、つぶらな瞳の可愛い不良小学生は、間違いなく泰成君です。
淀川さんの映画解説は、落語より、面白く、今でも強く記憶に残っていて、泰成君の人生の珠玉の言葉となりました。
その、映画秘話の中の1つ。
名優の2つのタイプについて。
1つは、練習に練習を重ねるアクターズスタジオや、舞台役者タイプ。
演出家に従って、育つタイプです。
役作りの為に、太ったり、痩せたり、本当にピアノを弾けるように練習したり、
ダンスやバレエ、歌を1年かけてプロに習う。
アクション俳優にもいるでしょう。
本気でボクシングや空手を練習する。
スタントマンを使わず。
トム・クルーズは、次回作で本当に宇宙に行くそうですが。
別のタイプは、天才肌。
一切練習などしない。舞台合わせも嫌い。
明け方迄飲んできて、二日酔でも、神父の役を演ずる。
腹一杯食べた直後でも、無人島で遭難して、飢えで苦しむ演技ができる。
一度でも、演じたら、もう気が入らない。
気が乗らない。不貞腐れる。
テイクワンに全てを賭ける。
テイク2はない。やればやるほど、おかしくなる。
わかる気がします。
練習して、慣れてする事は、本物ではない、本気ではない、真実ではない気がしてしまう。
無我夢中で、理性ではなく、感情のままに言うことは、嘘ではなく本音だ。
抑えきれず、言ってしまった。
真に迫った演技と言う事でしょうか。
舞台俳優とは、何度演じても、慣れない、上手くならない役者の事。
何回やっても、初回と同じ新鮮な気持ちで演技できる。
何回でも、躓いて転んでも、わざとらしくない。
びっくりして、カップを落としても、本当に驚いているように見える。
何度練習しても、身に付かない、クセにならない、楽にならない、上手くならない。
そういう気質の人が、名優となるそうです。
勉強する秀才と、勉強しない天才。
そう、泰成君は、天才ではない後者タイプです。
泰成君は、挨拶原稿があると、途端に棒読みになって、気持ちがこもらなくなって、途中から原稿を捨ててしまします。
こんな事を書いているのは、昨日の入職式の挨拶録画が撮り直しになったのです。
日々の疲れで、表情に生気がないとカメラマンに言われた事もありますが、昨日の日記に思いを書いてしまったせいで、今一つ気持ちが入らなかったのです。
私は、一生、経営者を演じているのかもしれません。
寿命を終えた時が、舞台を降りる時です。
月曜日に撮り直します。
保育園の卒園式用のビデオは無事収録できました。
原稿もなく、その時に感じる気持ちのままに話したからです。
頭にあったのは、泰成君自身が園児だった時の思い出です。
準備も計画も練習もない。
人生そのままの式辞しか出来ません。
慣れることも、上手くなる事もありません。
思いそのままの言葉。
そのままの言葉で、毎朝、思いを送ります。

3.解説【3月6日】神が降りるのを待つ

  • 代表は役者のタイプを例にとり、勉強する秀才と勉強しない天才の違いについて述べています。
  • 世の中には天才はわずかしか存在せず、一所懸命頑張って初めて成功するの人がほとんどでしょう。
  • 天才は生まれながらの才能だから真似ても無理だと思いますが、頑張れば秀才にはなれると思います。
  • でも、もしかしたら何もしなくても、いつか天才の神が降りてきて、私を天才にしてくれるのでは……?


alt text

用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章