【3月10日】日记


一切都有预兆/常に予兆あり

alt text

1.中文【3月10日】一切都有预兆


2011·3·11东日本大地震的前一天在做什么呢?
没有特别的记忆。
2011年也是和往常一样的一年。
新设施按计划开设,招聘活动按日程安排一年四季都在进行。
每天都有问题、事故、事件发生,每天都忙于应对这些事情。
和往常一样的年份,同样的一天。
3月是决算月、入职仪式的准备,每天都是被会议被赶着走。
每个世界都有同样的年终。
还有下一期事业计划的制定。
董事会每天都要持续这么久。
十年前的今天在做什么呢?
什么记忆都没有。
那是每天进行董事会会议的其中一天吧。
但是,这一天也发生了地震。
2011.3.10 6:24 三陆冲 震度4 东京震度2
叫做三陆冲地震。
2011.3.9  11:45 三陆冲 震度5弱 海啸注意警报
这是东北地区太平洋海域地震的前震。
发生了余震。
但是,我没注意到那个,也没有那个记忆。
我只记得3·11是突如其来的,但事实并非如此。
灾难不会突然降临。
我们只是没有注意到预兆。
地震敲门而来。
下次的敲门我不会错过的。

2.日文【3月10日】 常に予兆あり

2011・3・11 東日本大震災 その前日は何をしていたのだろう。
特別な記憶はない。
2011年も、いつもと同じ年。
予定通り新しい施設が開設され、スケジュール通り、採用募集活動が1年中されている。
日々、問題、事故、事件は起こり、その対応に忙殺されている。
いつもと同じ年、同じ1日。
3月は、決算月、入職式準備で、日々、会議会議で、追いやられていく。
どの世界でも同じ年度末。
来期事業計画策定もある。
役員会がこれまでかと言う位続く日々。
10年前の今日は何をしていたのでだろう。
何も記憶がない。
役員会、会議の日々だったろう。
でも、この日にも地震はあったのだ。
2011・3・10 6:24 三陸沖 震度4 東京は震度2
三陸沖地震 と言う。
2011・3・9 11:45 三陸沖 震度5弱 津波注意報
東北地方太平洋沖地震の前震と言う。
余震はあったのだ。
でも、それに気が付かなかったし、その記憶もない。
3・11が突発に起きたようにしか記憶していないが、そうではなかった。
災害は、突然にはやって来ない。
私達が予兆を気が付かなかっただけなのだ。
地震はドアをノックをしてやって来る。
今度のノックは聞き逃さない。

3.解説【3月10日】 常に予兆あり 

  • 災害は事前に気が付かず、突発やってくると思っていましたが、代表の記事を読み、そうではないことを知りました。
  • 代表がおっしゃっるように、災害にも事前に何らかの予兆が見られ、突然にはやってこないということです。
  • したがって、災害が起こってから初めて対応するのではなく、予兆に気づくようにすることが大切です。


alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章