【3月16日】日记


看多机的时代/看多機の時代

alt text

1.中文【3月16日】看多机的时代


昨天,是东京看多机(看護小規模多機能型居宅介護)开业的第一天。
一大早,赶在早会的时候,我去跟大家打招呼,鼓励大家。
在入口处,首先,新冠病毒抗体检查。
自己用套件检查。
我当着工作人员的面,把棉签放进鼻子里。
因为没时间,所以就把套件交给了工作人员,然后在外面合影留念。
照片刊登在homepage health care design network上。
东京第一家看多机(カンタキ)。
在首都圈内配置了多个大型医疗特化型特养老人院。
如果说特养老人院是航空母舰,那么看多机就是驱逐舰、潜艇。
一起组成舰队。
下一个战略,就是向地域出击。
因为是新冠病毒的海洋,所以要做好防御准备。
Gashit是新冠病毒抗体检测试剂盒套件。
首先在设施里准备了300个。
还设置了PCR检测器。
初阵仪式,对全体工作人员进行了检查,确认为阴性。
所有来设施的客人,只要不做这个检查,是进不去的。
当然,作为理事长的我也是。
Kantaki是确立城市地域包括care的关键。
打开湖山care的新大门。
能否保护工作人员自身的健康不受新冠病毒的影响,来一决胜负。
为此,准备了所有的办法。
我自己来守护。
有时候,我会想要去鼓励大家。
不过,只要从门口确认一下工作人员精神健康的面貌,就不得不回去了。
确认设施内是否为Clean Room。
确认职员的健康状况是否良好。
我能做到的只有这些了。
在移动的车里,我接到通知说我的检查是阴性的。
希望可以通过网页守护看多机的活动。
我是舰队的一员,即使只是山上的后方部队。

2.日文【3月16日】 看多機の時代

昨日は、東京のカンタキの開業初日だった。
早朝、朝礼の時間に挨拶激励に寄った。
入り口で、まず、コロナ抗体検査。
自分で、キットを使う。
スタッフの見ている前で、綿棒を鼻に入れる。
時間がないので、キットをスタッフに渡し、外で記念撮影をした。
写真は、ホームページ ヘルスケアデザインネットワークに掲載したある。
東京初の看多機、カンタキ。
首都圏に大型医療特化型特養ホームを多数配置している。
特養ホームが空母だとすれば、カンタキは駆逐艦、潜水艦。
揃って、艦隊となる。
次の戦略は、地域に打って出る。
コロナの海であるから、防御態勢を敷く。
その、ガシェットが、コロナ抗体検査キット。
まずは、施設に300用意した。
PCR検査器も設置する。
初陣式は、スタッフ全員で検査をして、陰性を確認した。
施設来客者は、全てこの検査をしないと、入れない。
当然、理事長の私も。
カンタキは、都会の地域包括ケア確立の要石になる。
こやまケアの、新しい扉を開く。
スタッフ自らの健康を、コロナから守れるかどうかが、勝負。
その為に、全ての手立てを用意する。
私自身で見守る。
時々、激励に寄るつもり。
でも、玄関から、スタッフの元気で健康な顔色を確認するだけで、帰らなければならない。
施設内がクリーンルームになっているか、確認する。
職員の健康状態が良いかどうか、確認する。
それ以上、私に出来る事はない。
移動の車中に、私の検査は陰性であったと連絡があった。
カンタキの活動は、ホームページを通して、見守りたい。
我が身は丘の上の後方部隊であっても、艦隊の一員だ。

3.解説【3月16日】 看多機の時代

  • 新開業のカンタキは、こやまケアの新しい扉であり、コロナからスタッフの健康を守れる要石の一つです。
  • 特養ホームと一緒に艦隊となって、コロナと勝負するのはカンタキの使命の一つでもあると考えています。
  • PCR検査の徹底、健康検査の徹底など、スタッフが健康を守ることによって、カンタキ入所者の健康を守ります。
  • 現場のスタッフも後方部隊のスタッフも、関係者すべての人が自分の健康管理を徹底的に行いましょう。


alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章