【3月22日】日记


银座屋顶上的旗之风景/銀座の屋上に旗めく

alt text

1.中文【3月22日】 银座屋顶上的旗之风景


银座的屋顶看板,从下面看是看不见的。
不过,从新干线、高速上都能看到。
每当看到从银座的天空拍摄的照片时,就寻找医院的广告牌和屋顶。
住院患者只能在屋顶休息。
屋顶上,落着烟头。
没完没了,放下了烟头用的罐子和长椅。
一排蓝色的塑料长椅,上面写着黄色的Oronamin C
坐在那里,可以看到仓库上面的晾衣架。
尿布和床单都晾干了。
银座的屋顶上,到处飘荡着内衣和床单。
大家都不知道这样的银座吧,我不禁笑了起来。
还有大家不知道的银座屋顶。
电梯一打开,就会看到前面提到的长椅上正在上演爱情戏。那是巡夜时可以发现的事。另外,晚上还开设了职员和睦的beer-hall
夜色深了,就借灯笼的雪洞灯,摆在屋顶围栏上。
是借给出入的殡葬业者的。
啤酒是制药企业的赞助。
即使贫困,也很美。
温暖的灯光和同伴的啤酒。
即使在这样的夜晚,只要听到救护车的警报声,值班的白大褂就会飞走。电视剧更电视剧的剧情每天都在继续。
我也跳过一次盂兰盆舞。
我想大概是附近有人抱怨噪音吧。
只有那一次。好吧,我不记得了。
银座的天空,omutu(オムツ)飘扬。
这是日记成书时的书名。
Omelet flows into the Seine(セーヌにオムレツが流れる)。
这让我想起了一篇著名散文的名字。

2.日文【3月22日】銀座の屋上に旗めく

銀座の屋上看板は、下からは、見えない。
でも、新幹線や、高速からは見ることが出来た。
銀座の空からの写真を見る度に、病院の看板と屋上を探した。
入院患者は、屋上しか休む所がない。
屋上には、タバコの吸い殻が落ちていた。
やむ終えず、吸い殻用の缶と、ベンチを置いた。
黄色でオロナミンCと書かれた、青いプラスチックのベンチが並んだ。
そこに座ると、倉庫の上の物干し台が見える。
おむつやシーツが干してある。
銀座の屋上に、下着やシーツがはためいていた。
こんな銀座を皆は知らないだろうなあ、と、笑いが込み上げて来た。
まだ、皆さんの知らない、銀座の屋上がある。
エレベーターが開くと、先のベンチでラブシーンが演じられていた。
深夜の見回りでの事。
また、夜に、職員親睦のビヤホールを開いた。
暗いので、提灯のぼんぼりの灯りを借りて、屋上フェンスに並べた。
出入りの、葬祭業者に借りたのだ。
ビールは、製薬メーカーの協賛だ。
貧しくとも、美しく。
暖かい灯りと仲間のビール。
そんな夜も、救急車のサイレンの音が聞こえると、白衣の当直は飛んで行く。
テレビドラマより、ドラマが毎日続いた。
盆踊りも1回した事がある。
多分、近隣から、騒音のクレームがあったのだろうと思う。
その1回きりとなった。良く、覚えていないが。
銀座の空に、オムツが旗めく。
この、日記が本になった時の題名だ。
セーヌにオムレツが流れる。
と言う、有名なエッセーの題名を思い出した。

3.解説【3月22日】銀座の屋上に旗めく

  • 代表は、日記の中で何年か前に、銀座にある病院の屋上で見た光景を想い出して描いています。
  • 病院の屋上で、干してあるオムツを見たり、ラブシーンを見たりしたことを面白く回想しています。
  • しかし、くつろいでいても白衣の当直は、救急車のサイレンの音が聞こえると必ず飛んで行きました。
  • これは、特別な光景のように見えますが、救急病院では、日常的に繰り返される平凡な光景なのです。


alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
6

扫描下方二维码手机阅读文章