【4月2日】日记


湖山DNA/湖山のDNA

alt text

1.中文【4月2日】湖山DNA


昨天4月1日,是富士特养老人院的开设仪式。
本馆开设至今已有6年左右。
是旅馆风格,曾作为外走廊下的风铃美术馆被杂志报道过。
保留了之前的形象,在旁边增设了床位。
在二楼通过走廊相连接。
柱子上涂了红色,因此看起来像是鸟居或神社。
突然想在尽头放一个香钱箱。
新馆的中庭里也有很多江户风铃。
祭神结束后,好像等待已久似的,风在飞舞,风铃在鸣奏。
和那次在本馆祭神时一样。
现在,我相信神灵和父亲的灵魂是存在的。
求神保佑。
希望病魔新冠病毒能够散去。
在这个设施里,活着30年前最初开设的特养老人院的DNA。
低层,开放,明亮,悠闲,富士山山麓。
而且,饭菜很好吃。
在这里,就会忘记时间。
忘记工作。变得不想离开这里。
向第一位坐轮椅的入住者寒暄了一下。
说是和死去的丈夫一样,是这个设施的爱好者。
能够受到当地人的爱戴,非常高兴。
从这个设施向全国放送了应届毕业生入职仪式的视频致辞。
又兼作新设施的介绍,喜悦之情又高了一倍。
吃了一顿广受好评的午餐,回去的时候,我顺便去了重建后的日间介护服务。
原来,是将旧建筑改装后作为日间介护服务使用的。
由于老化严重,重建迫在眉睫。
平氏家族、大、玻璃明亮、像体育俱乐部那样的氛围。
外面,还有散步的道路,也有灾害储备库。
从窗户可以看到很多白色的头盔。
30年过去了,经办人员也返老还童了,时代风景也发生了变化。
不过,第一代Original湖山DNA还在继续活着。
我问新采用的应届毕业生父亲多大了?
一听说47岁,我吓了一跳。
比我年轻近二十岁。
与其说是孩子,不如说是孙子。
突然,眼前浮现出被人用轮椅推着的情景。
我又进一步接受了自己的衰老。
拐杖、轮椅以及风铃彷佛融会出了一幅画一样的隐居感。

2.日文【4月2日】湖山のDNA

昨日4月1日は、富士の特養ホーム新館の開設式。
本館開設から、6年位になる。
旅館風で、外廊下、風鈴美術館として、雑誌に取り上げられた事もある。
そのイメージを継承して、隣に、増床した。
2階で、渡り廊下で繋がっている。
柱が、朱で塗られているので、鳥居、神社のように見える。
突き当たりには、お賽銭箱を置きたくなった。
新館も、中庭には、江戸風鈴が一杯。
神事が終わると、待っていたように風が舞、風鈴が奏でた。
あの時、本館の神事の時と同じだ。
今は、神と父の霊の存在を信じる。
神様にすがる。
病魔コロナ退散を祈願したい。
この施設には、30年前に、最初に開設した特養ホームのDNAが生きている。
低層、開放的、明るい、のんびり、富士山の麓。
そして、食事がうまい。
ここにいると、時間を忘れる。
仕事を忘れる。ここを離れたくなくなる。
入所者お一人目の車椅子のご利用者に挨拶をした。
亡くなったご主人と共に、この施設のファンだと言う。
嬉しかった。地域で愛されている。
この施設から、全国に新卒入職式の挨拶を放送した。
新しい施設の紹介も兼ねて、嬉しさが倍だ。
評判の昼食を頂いて、帰りは、建て替えをしたデイサービスに立ち寄った。
元は、古い建物を改装してデイサービスとして使っていた。
老朽化が著しく、建て替えが急務だった。
平家で、大きく、ガラス張りの明るい、スポーツクラブのような雰囲気。
外に、散歩道もあり、災害備蓄庫もある。
窓から、白いヘルメット多数が見えた。
30年を経て、担当者も若返り、時代風景も変わった。
でも、初代オリジナル湖山のDNAは生き続けている。
新卒採用者に、お父さんの歳はいくつですかと聞いた。
47歳と聞いて、たじろいだ。
私より、二十歳近く若い。
子供と言うより、孫に近い事になる。
急に、車椅子を押してもらう風景が目に浮かんだ。
我が身の老いを、また一歩受け入れた。
杖と車椅子と、そして風鈴が絵になる御隠居になれそうだ。

3.解説【4月2日】湖山のDNA

  • 代表の日記により、湖山ファミリーの一人一人と語らえるのを期待していることが分かりました。
  • 会えないですので、日記しかコミュニケーションとれませんが、各位と直接対等で本音で語らえあいます。
  • 湖山の皆さんは代表を尊重しているのはありがたいことですが、代表ばかり頼るのは良くありません。
  • コロナのような新しい課題に対しては誰も先生ではなく、課題を解決できる人が先生になれます。


alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章