【4月7日】日记


偶然与必然/偶然と必然

alt text

1.中文【4月7日】偶然与必然


父亲圣道理事长在小学时被称为神童。
在校长的推荐下,进了第一高等学校。
世人所说的一高。
战争期间,没有食物,在成长期挨饿受苦,根本谈不上学习。
据说能够在那个时候很好地筹措食物,很好地照顾人的学生,之后都出人头地了。
进入东大的理乙,进入医学部成为一名医生。
如果不是医学部,再长一年,也许会被列入特攻队。
前途,生死,都是偶然。
不过,圣道这个名字,我想只能当牧师或者医生了。
去教堂学英语。
本来是要接受洗礼了,但被告知要泡在水浴池里,所以犹豫了,就这样没有了。
好像是被教堂的饼干和咖啡吸引而去的,似乎并不是出于信仰。
我被命名为泰成。
作为实业家,只能成功,泰成,TAISEI。
人生是偶然的。
重要的人生选择往往是偶然的。
你不能选择父母。学校,公司,婚姻,孩子也是。
人生,就是上帝的骰子。上天的安排。
要我说,是偶然的命运。
这句话很矛盾,但我很多时候都是这样想的。
湖山以医院设施为中心。
居家,访问,在宅很少。
因为偶然的机会,从银座的急救医院开始了。
在东京没有成长,也是因为在银座,没有土地,也无法重建。
之所以去外地,也是因为一些大企业的休养开发地希望建立分院而诱导所致。
很快,休养泡沫破灭,同时介护保险应运而生。
因此,自然而然地,在介护设施中创生出地方的责任担当者。
一切,都是国家政策的走向,上帝的指引。
说到特养老人院和小规模多机能设施数量,湖山位居日本第一。
之所以不在宅,是因为考虑到与让员工在雨天在宅相比,在便利性较高的设施中工作更为了员工考虑。
仅此而已。
对于经营者来说,虽然债务增加,但是仍要优先考虑工作人员的安全和良好的环境。
为什么要为在宅的经营者建造增加债务的设施等呢?
有人说,在家宅是不会有债务的,纯赚。
人的价值观差异太大,无话可说。
每年,债务都在稳步增加。单纯看设施的数量。
但是,我觉得漂亮的建筑物和设施也是我们的魅力之一。
和酒店、餐厅一样。
城市里一半的Day Service(日间介护服务)都被关闭了。
这一次,由于新冠病毒,上门介护停业、破产也在增加。
与小型企业的上门介护合作,互相支持或许也是湖山设施下一步的使命。
这,是偶然,还是必然?

2.日文【4月7日】偶然と必然

父聖道理事長は、小学生の頃は神童と言われた。
校長の推薦で、第一高等学校に進んだ。
世に言う、一高。
戦争中で、食べ物がなく、成長期に飢えで苦しみ、勉強どころではなかった。
その当時、食べ物の調達がうまく、人の面倒見の良い学生が、その後、皆、出世したそうだ。
東大の理乙に入学、医学部に進み医者となった。
医学部でなかったら、後1年年長だったら、特攻隊に入れられていたかもしれない。
進路も、生死も、偶然。
でも、聖道と言う名前では、牧師か医者になるしかなかったと思う。
英語を習う為に教会に通った。
洗礼を受けそうになったが、水風呂に浸かれと言われ、ためらい、それっきりになったとか。
教会のビスケットとコーヒーに惹かれて通ったのであって、信心ではなかったらしい。
私は、泰成と名付けられた。
実業家として、成功、泰成、タイセイするしかない。
人生は、偶然。
大事な人生の選択こそ、偶然に委ねられる事が多い。
親は選べない。学校も会社も、結婚も、子供も。
人生は、神のサイコロ。天の配剤。
私に言わせれば、偶然の運命。
矛盾した言葉だが、私はそう思うしかない事が多かった。
湖山は、病院施設中心。
居宅、訪問、在宅は少ない。
たまたま、銀座の救急病院から、始まったからだ。
東京で成長しなかったのも、銀座では、土地がなく、建て替えもできなかったからだ。
地方に行ったのも、大企業のリゾート開発地に分院を建てて欲しいと誘致されたからだ。
すぐにリゾートバブル崩壊となり、同時に介護保険が誕生した。
それで、自然に、介護施設で地方創生の担い手となった。
全て、国の政策の流れ、神のお導き。
特養ホームと、小規模多機能の施設数が、湖山は、日本一になった。
在宅に向かわなかったのは、雨の中、在宅に向かわせるより、アメニティの高い施設の中で、仕事をする方が、職員の為と考えたから。
ただ、それだけ。
経営者には、借金が増えるが、スタッフの安全と、良い環境が優先。
在宅の経営者に、借金が増える施設など、何故作るのか。
在宅は、無借金で、儲かるのにと、言われた。
人間の価値観が違いすぎて、返す言葉がなかった。
毎年、着実に借金が増えている。施設の数だけ。
でも、素敵な建物、施設も魅力のうちだと思う。
ホテル、レストランと同じ。
都会は、デイサービスの半分が、閉鎖された。
今度は、コロナで、訪問介護も廃業、倒産が増えている。
湖山の施設は、小規模事業者の訪問介護と連携し、支えるのも次の使命かもしれない。
これは、偶然か、必然か。

3.解説【4月7日】偶然と必然

  • 代表が論じた大事な人生の選択こそ、偶然に委ねられる事が多いという言葉は世界の物事の論理を説明できると思います。
  •  親は選べないし、愛とか大切なものは目で見えないし、大事なことこそ、自然に来るように、偶然に発生します。
  • コロナは偶然に発生しましたが、小規模事業者の訪問介護と連携し、支えるのは湖山の必然の使命かもしれません。
  •  偶然だから頑張らなくてもいいと思ったら終わりですので、「人事を尽くして、天命を待つ」ということです。


alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章