【4月5日】日记


湖山是NPO Social Fund/湖山はNPOソーシャルファンド

alt text

1.中文【4月5日】湖山是NPO Social Fund


银座的大楼多数被房地产基金购买。
不仅是配合奥运会的酒店,就连电通和Recruit的总部也成了基金贷大楼。
电通和Recruit也并没有搬家。
只是从自家大楼,变成了租金大楼租户。
没有工厂,也没有总公司,将不动产流动化,从而回收资本。
不会让资本一直躺在那里被搁置,而是对新业务、新店铺进行再投资。
就像经营教科书上说的那样。
但从出售的那一天起,你就得付很高的房租。
虽然当年有很大的出售收益,但是从第二年开始,就需要继续支付高额租金。
今后掐紧自己的脖子。
租赁也是同样的原理,是所谓的金融手段之一。
这是一种由新冠疫情引发的需要摊销巨大赤字的手段,是无法承担的。
因为即使是赤字,也要优先考虑给股东分红。
适合做利润率高的生意。
适合上市,从市场上募集资本,迅速扩大业务。
但是,作为医疗福祉事业,又如何呢?
湖山则反其道而行之。
湖山股东给我的分红,是从湖山事业中获得的幸福。
和大家一起快乐的生活就够了。
社会福祉法人获得补助金,接受长期固定利率的公共融资,建立自己所有的设施。
巨大的补助金,巨大的资产,巨大的公共融资。
医疗法人也接受同样的公共融资,自己所有。
需要30年才能还清。
换句话说,就是持久型事业。
湖山原本就是SDGs。
而且,为了跟上医疗科学的进步,必须更新建筑物设备。
工厂也好,酒店也好,也许都是一样的。
湖山不仅仅是一个设施。
它是开拓医疗福祉未来的研究所,也是教育时代人士的教育机构。
企业的所有债务都由我个人担保。
这是为了明确经营责任。
我的桌子,是经营责任的终点。我身后无处可逃。
湖山花了38年时间,设立了股份公司、社会福祉法人、医疗法人等多个法人。
从个人事业起家,不久将会将其培养成社会保障事业的公益法人。
为了永久性和公益性。
我不是在建医院或养老院。
培养的不是法人,而是人。
我要培养培养人的法人。
把自己的荣升放在首位的干部,也可以说是无德教师。
不良学生或许会得到谅解,但是绝不允许不负责任的教师。
昨天,时隔许久,又去视察了首都圈的医院、特养老人院、保育园、母子支援设施。
现场,温暖而明亮。
去年开设的特养老人院比竣工仪式时更加耀眼。
因为工作人员闪耀着光芒。
因为有入住者的微笑。
突然闯进了应届毕业生的研修会场,打了个招呼。
大家体格都很好。
神色坚定。
视线没有漂移。
当我还是一个新人的时候,我曾为自己的人生道路而烦恼,摇摇晃晃。
腰也坐的不安稳。
把自己关在图书馆里,在神田的旧书店街上流浪。
显然,现在的新人,更坚定。
新冠病毒导致一直处于蛰居状态,单纯只要能和工作人员见上面就很高兴了。
我是群居动物。
访问母婴设施应该已经时隔一年了吧。
带去了堆积如山的点心。
上小学的姐妹过来迎接我。
两个人应该是拿不了吧。
玄关大厅装饰着去年底捐赠的乐高生肖牛。
这是Prolego Builder三井先生的定制作品。
今后也有每年捐赠生肖动物乐高作品的长期计划。
后来,有人劝我多活11年。
湖山泰成,死后不留尸,也不留钱。
内心的期盼不过是对我的思念能够留在某处。
我想在每个设施里都要放些乐高、壶和画之类的东西。
并不是什么遗产。
别把它交给鉴定团。
都是我的回忆。

2.日文【4月5日】湖山はNPOソーシャルファンド

銀座のビルが多数、不動産ファンドに買われている。
オリンピックに合わせたホテルばかりではない、電通やリクルートの本社までも、ファンド貸ビルとなった。
電通やリクルートが引っ越しをしたわけではない。
自社ビルから、貸ビルテナントになっただけだ。
工場ばかりか、本社も所有せず、不動産を流動化し、資本を回収する。
資本を寝かさず、新規事業や、新規店舗に再投資をする。
経営教科書の通りだ。
でも、売却の日から、高い家賃を払う事になる。
その年は多大な売却益が出るが、翌年から、高い賃料を払い続ける。
先で、自分の首を絞める。
リースも同様の原理、金融手段の一つ。
コロナで、多大な赤字を償却する為の手段で、やむ負えない。
赤字でも、株主への配当を優先しなければならないからだ。
利益率の高い商売に向く。
上場して、マーケットから資本を集め、急速に事業拡大するのに相応しい。
でも、医療福祉事業としては、どうか。
湖山はその逆を行っている。
湖山の株主の私への配当は、湖山の事業で得られる幸せだ。
皆との喜びの人生で充分だ。
社会福祉法人は、補助金を貰い、長期固定金利の公的融資を受けて、自己所有の施設を立てている。
莫大な補助金、莫大な資産、莫大な公的融資。
医療法人も、同様の公的融資を受けて、自己所有。
返済に30年はかかる。
つまり、永続事業。
湖山はもともとSDGs。
しかも、医療科学の進歩に遅れぬように、建物設備を刷新していかねばならない。
工場も、ホテルも同様かもしれないが。
湖山は、ただの施設にあらず。
医療福祉の未来を開拓する、研究所であり、時代の人を教育する教育機関でもある。
事業の借金は全て、私が個人保証する。
経営責任を明確にする為だ。
私の机が、経営責任の終点。私の後ろに逃げ場はない。
湖山は、38年かけて、株式会社を、社会福祉法人を、医療法人を、多数を設立した。
個人事業から始まり、やがては、社会保障事業の、公益法人に育てる。
永続性と、公益性の為に。
私は、病院や老人ホームを建てているのではない。
育てているのは、法人ではなく、人。
人を育てる法人を、私は、育てる。
自分の栄達を優先する幹部は、悪徳教師とも言える。
不良生徒は許しても、無責任教師は許さない。
昨日は、久しぶりに、首都圏の病院、特養ホーム、保育園、母子支援施設を視察に回った。
現場は、暖かい、明るい。
昨年開設の特養ホームは、竣工式の時より、輝いて見えた。
スタッフが輝いでいるからだ。
入居者の微笑みがあるからだ。
新卒の研修会場に、突然乱入して、挨拶をした。
皆、体格が良い。
顔つきがしっかりしている。
目を逸らさない。
私の新人の頃は、人生進路に悩み、フラフラしていた。
腰が落ち着いていなかった。
図書館に閉じこもり、神田の古本屋街を、放浪していた。
明らかに、今の新人の方が、しっかりしている。
コロナ蟄居のせいで、スタッフと会えると言うだけで嬉しい。
私は、社会的動物だ。
母子施設訪問は1年ぶりではないか。
お菓子を山のように持って行った。
小学生の姉妹が迎えに出てくれた。
2人では、持ちきれなかっただろう。
玄関ロビーには、昨年末に寄贈した、レゴの干支の牛が飾ってある。
プロレゴビルダーの三井さんの、特注作品。
これから、毎年、干支の動物のレゴ作品を寄贈する長期計画。
後、11年は長生きしてくださいと、言われた。
湖山泰成は、死して、屍も、お金も残さない。
思いさえ、どこかに残れば本望。
どこの施設にも、レゴや、壺や絵を、何か置いて行こうと思う。
別に、遺産ではありません。
鑑定団に出品しないように。
私の思い出です。

3.解説【4月5日】湖山はNPOソーシャルファンド

  • 代表は、資本を集めることによって急速に事業拡大を追求する企業の世界から湖山を真逆の世界にしようとしています。
  • お金のために働けば一時的には幸せをもたらすでしょうが、ただそれだけでは、その幸せは永続しないでしよう。
  • 代表が言われるように、お金を残すのではなく誰もが認め讃えてくれるような「思い」を残したいと私も願っています。


alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章