【4月12日】日记


医疗福利的经营哲学/医療福祉の経営哲学

alt text

1.中文【4月12日】医疗福利的经营哲学


我人生的研究课题。
虽然感到十分不好意思,不过这也是我硕士论文的题目。
当时,只把医疗法人医院、社会福祉法人的特养老人院放在眼里,在商业世界里,并不被理解。
大家都认为商业和福祉是相反的概念。
对于残疾人护理、生活保护等福祉来说,并不需要经营思维等。
经营就是赚钱,与福祉是相反的,我想这是相关人员信念的问题。
削减福祉是为了避免财政崩溃,而过分依赖公共援助则会破坏社会道德,从理念上引发了争议。
另一方面,经营学者提出,企业经营是不是过于追求赚钱主义了呢?
顾客的创造。
也就是说,重新发掘适合自己商品的顾客。
营销也是,从市场调查中到营销的最终目标是让社会变得更好。
经营持续性。SDGs.
这是一种永远的繁荣,一种长期的利润上涨。
另一方面,福祉方面,低效率和低生产率的改善也是理所当然的。
用税金来支付所有的社会保障是不可能的。
自助和公共援助可以相互补充。
但是,在此期间,想要顺利地开展互助活动,却出乎意料地困难。
一旦讨论起理念理想,就会演变为政治斗争,或者宗教战争之类的。
我所追求的医疗福祉的经营哲学,是超越了个人、法人的立场,是所有人都能理解的东西,但是有这样的东西吗?我渐渐没有自信了。
顾客的创造,社会的改善,持续性,只有在小伙伴互相理解的世界才能实现。
至少,希望湖山的伙伴们,能够理解、共鸣。
我相信,对新冠病毒的防控,是基于湖山全体人员信任的互助。

2.日文【4月12日】医療福祉の経営哲学

私の人生の研究テーマ。
恥ずかしながら、小生の修士論文のテーマでもある。
当時は、医療法人の病院、社会福祉法人の特養ホームしか、眼中になく、ビジネスの世界では、理解されなかった。
ビジネスと福祉は相反する概念とされていたのだ。
障害者介護や、生活保護等の福祉には、経営的思考など、求められていなかった。
経営とは金儲けであって、福祉とは相反すると言うのが、関係者の信念であったと思う。
福祉の削減は、財政破綻を避けると言う面と、公助に頼りすぎると、社会モラルが崩れるという、理念的面から、論議が生まれた。
一方、株式会社の経営は、儲け主義に走りすぎるのではないかと、経営学者が言い出した。
顧客の創造。
つまり、自分の商品に都合の良いお客を新たに見つける。
マーケティングも、マーケットリサーチから、マーケティングの最終目標は、社会を良くする事、と言い出した。
経営持続性。SDGs。
これも、永遠に繁栄、つまり長期利益を上げられると、言う事。
一方、福祉も、非効率や、低生産性の改善は当たり前となった。
税金で持って、全ての社会保障を賄うのは無理。
自助と公助は補いあえる。
でも、その間に、うまく共助が入るのは、意外に難しい。
理念理想を論議すると、政治闘争か、宗教戦争のようになってしまう。
私の求める医療福祉の経営哲学は、個人、法人の立場を超えて、万人に理解出来るものなのだが、そのようなものがあるのか、自信がなくなって来た。
顧客の創造も、社会を良くする事も、継続性も、理解し合える仲間の世界でしか実現できない。
せめて、湖山の仲間には、理解、共感してほしい。
コロナを防いでいるのは、湖山全員の信頼に基づく共助だと信じている。

3.解説【4月12日】医療福祉の経営哲学

  • 代表は、個人や法人などの立場を超えて、自助と公助が補う世界をイメージしているようです。
  • 各業界の人が理解し合え、同じ目標に向かって進まないと、世界を良くすることができません。
  • 世界をコントロールできませんが、少なくとも湖山の仲間には、理解、共感してほしいです。


alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章