【4月11日】日记


多一些光芒/もっと光を

alt text

1.中文【4月11日】多一些光芒


午夜醒来不是什么好事。
我对事情总是抱有一种消极的看法。
会往坏里想。
幸运的是,当时的记忆,到了早晨就会变得模糊不清,被遗忘掉。
到了深夜,就会被困在对死亡的恐惧之中。
在接受了肉体、生物死亡的同时,如何深刻地度过个人剩下的日子呢?
如何寄托湖山G的未来?
今天的这个时候没什么开心的事。
人们开始懂得将渴望寄托于艺术。
艺术所具有的,永恒和普遍。
对我来说,是道德和伦理。
是人的生活方式。
画家之所以开始选择抽象画,是得益于年岁的增长,想要追求极致的技巧。
绝不是幼儿时期。
理性和技巧的到达点归结于抽象画。
试着画上圆圈、三角和叉,然后盯着看。
你脑子里会浮现出什么?你会有什么感觉?
大脑的处理会比想象的要多方面、多层次。
没有魔鬼,上帝就无从谈起。
没有帝国军人,就没有所谓的共和国。
已故菲利普殿下说,毁灭王室的,是过分的王室支持者。
即使湖山毁灭也想要有支持者的时候,就是现在了。
所谓社会改革,是指包括家人和利用者在内,5万人的湖山相关人员的世界。
对此之外的世界的推动,难道不是勉强徒劳吗?
是不是太自大了?
向世界询问和平与繁荣的任务,就交给政治家、宗教人士以及电视评论家吧。
我则成为竹林七贤。
外面明朗起来的话,我也会变得稍微积极一些,这是我现在的状态。
还有6个人的座位。
目前,不仅限于贤人。
有志气的人就够了。
让湖山多点光亮。
打开窗帘。

2.日文【4月11日】もっと光を

深夜の目覚めは良い事はありません。
大体、物事を否定的に捉えます。
悪く、考えます。
幸い、その時の記憶は、朝になれば、朧げなものとなり、忘れ去られてしまいます。
深夜は、死への恐怖に囚われます。
肉体的、生物的死を受け入れながらも、個人の残された日々をどうすごくすか。
湖山Gの未来をどう託していくのか。
あまり、楽しい事のない、今日この頃。
人間が、芸術に託する、渇望がわかるようになってきた。
芸術の持つ、永遠と普遍。
私にとっては、道徳と倫理。
人の生き方。
画家が抽象画に向かうのは、歳を取り、技巧を極めてからだ。
決して、幼児の時ではない。
理性と、技巧の到達点が抽象画に行き着く。
試しに、丸と三角とバツを書いて、じっと見つめてみて欲しい。
何が、頭に浮かぶか。どういう気分になるか。
脳の処理は、思ったよりも、多面的、重層的。
悪魔無しには、神は理解できない。
帝国軍無しには、共和国は生まれない。
王室を滅ぼすのは、過度な王室支持者だと、故フィリップ殿下は、言った。
湖山を滅ぼす事になっても、支持者が欲しいと思う時もある、今日この頃。
社会改革とは、家族と利用者まで、含めば、5万人にはなる湖山の関係者の世界の事。
その外の世界への働きかけは、無理無駄ではないか。
思い上がりではないか。
世界に、平和と繁栄を問いかけるのは、政治家と宗教者と、テレビ評論家に任せよう。
私は、竹林の七賢となる。
外が明るくなると、少しは前向きに考えられるようになるが、今はこの程度。
あと、6人分は空席があります。
今の所は、賢人に限りません。
志のある方で十分です。
湖山にもっと光を。
カーテンを開けます。

3.解説【4月11日】もっと光を

  • 代表は日記により、志のある方で光をもっと湖山に届けたいという感情を訴えました。
  • 深夜は、死への恐怖に囚われますが、明るくなると自分も前向きに考えられるようになります。
  • だからこそ、闇を除去して、湖山を照らす志のある人は湖山にとって絶対必要だと考えます。


alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章