【4月14日】日记


悲情/切ない恋

alt text

1.中文【4月14日】悲情


我去了6月开始公映的日本电影的试映会。
10人左右,座位空荡荡的。很抱歉的感觉。
上次试映会上看的电影系列。
两部同时拍摄,4月、6月连续上映。
主人公为什么变成了刽子手,这就是第1插曲。
越来越像星球大战一样的制作手法。
故事讲述了女主角为了英雄而牺牲的故事。
孤独而沉默寡言的英雄的诞生。
就像蝙蝠侠诞生的故事一样。
原作是一篇长篇漫画,大概今后的每一年都会被制作出来吧。
悲情,难过。
处于现在凌晨4点钟的我,很难过。
父母的影子从脑海中抹不去。
回想起自己还是个幼儿,追逐母亲时的心情。
老了,灵魂所追求的,似乎是母性。
和制作发行的人,久违地一边吃饭一边畅谈。
新银座酒店餐厅。
一楼几乎都是咖啡厅、餐厅。
不过,真是太可怜了,人员稀疏。
为了配合秋天的东京国际电影节,举办一场私人电影活动,话题变得热烈起来。
因为银座和电影的话题,晚餐非常愉快,不过,8点闭店。
如果不是短时营业,而是24小时营业,我认为不会造成密集的情况。
深夜我的心,感到格外寂寞。
我在考虑深夜广播的事。
因为想要人声,所以打开电视新闻。
我白天的躁狂和夜晚的抑郁,在此刻波涛汹涌。
我正在退向幼儿的心。
湖山,是真挚的,纯粹的。
不狡猾,不小聪明。
但不傻。
我想成为那样的人类。

2.日文【4月14日】切ない恋

6月から公開の、邦画の試写会に行った。
10人位で、席はスカスカ。申し訳ない位。
前回の試写会で観た映画のシリーズ。
2本同時に撮影して、4月、6月連続上映。
主人公が何故、人斬りになったかの、エピソード1に当たる。
スターウォーズのような作り方になって来た。
ヒーローの為に、命を落とすヒロインの物語。
孤独で無口なヒーローの誕生。
バットマン誕生の物語と同じ。
原作は長編漫画なので、これから、毎年制作されるだろう。
悲恋。切ない。
午前4時の今の私も、切ない。
両親の面影が頭から消えない。
自分が幼児で、母を追いかけていた頃の気持ちが蘇る。
老いて、魂が求めるものは、母性らしい。
制作配給の方と、久しぶりに食事をしながら歓談。
新しい銀座のホテルのレストラン。
1階の殆どがカフェ、レストラン。
でも、可哀想な位、ガラガラ。
秋の東京国際映画祭にあわせて、私的な映画イベントをしようと、話は盛り上がった。
銀座と映画の話題で、大変楽しい夕食であったが、8時で閉店。
時短営業ではなく、24時間営業なら、密にならないと思う。
深夜私の心は、ひときわ寂しく感じる。
ラジオ深夜放送の事を考える。
人の声が欲しいので、テレビニュースをつけている。
私は、昼の躁と夜の鬱の波が、激しい。
私は、幼児の心に退行しつつある。
湖山は、真摯で、純粋。
こずるくなく、小賢しくなく。
それでいて、愚かでない。
そんな、人間になりたい。

3.解説【4月1日】切ない恋

  • 代表の日記を読み終わったら、以前読んだ「アメリカ古典、中国現代」という文章を思い出しました。
  • 物事が頂点に達しましたと、もう前に進むのではなく、最初の原点に後退しつつあるという話です。
  • 発展途上国は経済の成長ばかり注目していますが、アメリカ等の先進国は意外と快適の生活を求めます。
  • 代表は、幼児の心に退行しつつあると言っていますが、それは何よりも大切されるべきな純粋性でしょう。


alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
4

扫描下方二维码手机阅读文章