【4月15日】日记


Small worlds/スモール・ワールズ

alt text

1.中文【4月15日】Small worlds


泰成还是小学生的时候,爱好是塑料模型。
SF动画中的机器人、战舰、潜艇。
雷鸟系列通常是在浴室里玩。
每年都会从亲戚那里得到了很多压岁钱,这便是我的原始资金。
我做了好几台同样的机器人。
越做越熟。
坏了再做。
同一作品反复创作,自然会熟练。
每次都要想出新的办法,在涂装上下功夫,提高水平。
其实,单纯看一个作品,它是不一样的。
构成人体的细胞也每天都在更替。
吃饭也是,虽然每天吃同样的东西,但并不感到厌倦。
自从新冠疫情以来,我的午餐几乎每天都是酸奶、番茄汁和点心。
虽然像是寺庙的生活,但是,到人生的最后,只能是持续这种生活吧。
通过小说和漫画,在头脑中充分地脑补出了世界。
无限的幻想世界正在形成。
即使如此,也要cosplay,结交伙伴,扮演模拟社会。
制作塑料模型。
装饰人偶。
在乐高的世界里,微型模型也很多。
微型乐园在世界各地都很受欢迎。
有的主题公园将街道塑造成微型立体,成为世界旅游胜地。
这次,在东京,以日本动漫为主题的微型 Small worlds开业了。
我也很想去,也想邀请湖山设施的儿童去。
玩具和微型模型对培养孩子的心都很重要。
玩具。是一个很怀旧的说法。
无论多大,都很开心。

2.日文【4月15日】スモール・ワールズ

小学生泰成君の趣味はプラモデルである。
SFアニメのロボットや戦艦、潜水艦。
サンダーバードシリーズは、お風呂で遊ぶ。
毎年の親戚から多数貰ったお年玉が原資。
同じロボットを何台も作った。
段々上手になる。
壊しては又作る。
同じ作品を幾度も作ると、当然熟練する。
その度に、新たな工夫、塗装を工夫して、上達する。
実は、一つとして、同じではない。
人体を構成する細胞も日々入れ替わる。
食事も毎日同じような物を食べているが、飽きるわけではない。
私の昼食は、コロナ以来、殆ど毎日ヨーグルトとトマトジュースと、頂きものお菓子。
お寺の暮らしのようだが、もう、人生の最期まで、この暮らしが続くのだろう。
小説や漫画で、充分頭の中に世界が出来上がっている。
無限の空想世界が出来上がっている。
それでも、コスプレをして、仲間を作って、擬似社会を演ずる。
プラモデルを作る。
人形を飾る。
レゴの世界にも、ミニチュアモデルは多い。
世界中に、ミニチュア・ランドは人気だ。
街並みをミニチュアで立体的に作り、世界的な観光名所となっているテーマパークもある。
今度、東京に、日本アニメをテーマにした、ミニチュア・スモール・ワールズが、開業した。
是非、私も行きたいし、湖山の施設の児童を招待したい。
子供の心そ育てるのに、オモチャも、ミニチュアも大事だ。
玩具。懐かしい言葉。
いくつになっても、楽しい。

3.解説【4月15日】スモール・ワールズ

  • 代表は、自分の子供の頃の趣味、そして子供の心を育てるのに役立つオモチャやミニチュア等について述べました。
  • 人間は、若い頃はお金とかに対する欲望が旺盛ですが、さまざまなことを経験したら、感覚が変わると思います。
  • 本当に自分を楽しませてくれるのはお金ではなく、子供時代の単純な趣味等の所有が一番大切なのは分かってきます。
  • 湖山に入所した施設の児童の心を育て、更に心身の健康を守るために、オモチャ等を遊ばせるのも大切でしょう。


alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
7

扫描下方二维码手机阅读文章