【4月18日】日记


飞越彩虹/虹の彼方に

alt text

1.中文【4月18日】飞越彩虹


从小学生的时候开始,喜欢的曲子就有白色的圣诞节和飞越彩虹 (Over the Rainbow)。
星期天中午,在父亲的书房里,躺在沙发上,用LP听。
我一直听着录音声乐,直到LP磨损为止。
关于edelweiss,直到现在仍然还记得英文的歌词。
孩子的时候,背下来的东西会成为一生的宝藏。
圣经,歌曲,百人一首,神话中上帝的名字。
化学周期表,地图。
我认为理解并记住基础术语是发现的基础。
有批判记忆课不好的,但创造力的发展是从良好的记忆以后开始的。
小学的时候,有个同学对沉迷于图书馆的我说:“我不读妨碍我创造性的书。”
他是不是,就那样成为一个傻子了?
历史也是,要是能记住更多年表、年代记就好了。
我父亲喜欢看地图。
在家里到处都有。
人类从何而来?
日本的社会保障又将何去何从?
日本的介护泡沫破灭后,将会怎样?
比起不安的未来,我更想缅怀一成不变的历史。
歌词的意思是,过了彩虹桥之后,就回到了现在生活的月台。
现实中是过不了彩虹桥的。
意思可能是,本就不存在。
意思可能是,只要祈求,无论何时,都会出现在眼前。
偶尔,彩虹的旋律在我的头上回响。
用朱迪·加兰的歌声。
今天是第一次接种疫苗。
我有点害怕。

2.日文【4月18日】虹の彼方に

小学生の頃から、好きな曲に、ホワイトクリスマスと虹の彼方にがあります。
日曜日の昼に、父の書斎で、ソファに横になって、LPで聴きます。
サウンドミュージックもLPが擦り切れるまで聴きました。
エーデルワイスは、今でも、英語の歌詞で覚えています。
子供の時に、暗記してしまうと生涯の宝となります。
聖書、歌、百人一首、神話の神の名前。
化学周期表、地図。
基礎用語をしっかりと理解して記憶するのが、発見の為の基本だと思います。
記憶中心の授業は悪く言われましたが、創造性の発達はそれ以後の事です。
小学生の時、図書館に籠る私に、創造性を邪魔する本は読まないのだと、私に言ったクラスメートがいました。
彼は、ただの馬鹿になったのではないでしょうか。
歴史も、もっと年表、年代記を記憶しておけばよかったと思います。
父は、地図を眺めるのが好きでした。
家のそこかしこに置いてありました。
人類はどこから来たのか。
そして、日本の社会保障はどこへ行くのか。
日本の介護バブル崩壊後は、どうなるのか。
不安な未来より、変わらぬ歴史に思いを馳せたくなります。
歌詞の意味は、虹の橋を渡った先は、今暮らすホームへ戻ります。
虹の橋は現実には渡れない。
つまり、存在しない、という意味かもしれません。
願えば、何時でも、目の前に現れると言う意味かもしれません。
たまに、オーバーザレインボーのメロディが、頭に奏でます。
ジュディー・ガーランドの歌声で。
今日、ワクチン接種1回目です。
少し、怖いです。

3.解説【4月18日】虹の彼方に

  • 代表は、コロナワクチン注射後の経験や状態等により、現在のコロナに対する対応対策についての考えを説明しました。
  • 現在の状況からみますと、アフターコロナの時代よりインフルコロナの時代と言ったほうが分かりやすいかもしれません。
  • 突発の新型コロナを対応するための臨時で突然の対策に対して、インフルエンザの対応は常態化にしなければなりません。
  • ワクチンの注射は対策の一つであり、施設の各位、特に湖山Gの経営幹部諸君は責任をもって対応しなければいけません。


alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
4

扫描下方二维码手机阅读文章