【7月2日】日記


医疗福祉是服务吗?/医療福祉はサービスか?

alt text


1)中文/医疗福祉是服务吗?

顾客是上帝。
有上帝的世界,必有魔鬼。
从怪物家族中保护职员的战斗是经营者的使命。
服务业有时会提供超越收费标准的服务和免费服务,这会让顾客更加高兴。
免费提供超过下单标准的服务。
进了宾馆的房间,明明没有点餐,却放了香槟和水果在那里。
还有支配人的欢迎信和鲜花。
当然,都是免费服务。
在餐厅,也有一杯免费的红酒。
新菜单上的甜点也是。
在百货公司,美术展免费。还带着纪念品。
但是,并没有出现因这些免费的服务导致赤字破产的情况。
总体来说,这些免费服务会带来更高的销售额,更高的利润。
职员的奖金也会提高。
我所知道的大型鸟料理店,客人点菜销售额的1成是追加服务,店员可以自由提供。
有一种,我只为你提供一小份免费服务的感觉。
作为土特产,也收到过本店特别准备的味噌吧。
即使知道其中缘由,也会很高兴,最重要的是,店员看起来很开心。
我认为无论什么样的服务,比起统一的价格、统一的服务,店的个性、店员自主的个别服务会更成功。
完美统一成功的大概只有以前的居酒屋、立食荞麦面、汉堡包店和便利店吧。
我们的医疗、介护、保育、生活工作是服务吗?
为了应对新冠病毒,急救医院、高功能医院的医生和护士都不能回家,在感染的危险中冒着生命危险进行治疗。
但是大学医院却出现了赤字,所以会面不改色的削减护士的奖金。
但是,政治、行政、媒体、国民都不敢发出声音。
服务是一种概念,是在民间的商业,一种有利可图的商业的世界。
国家、行政工作也说是行政服务,但这么说的,只有行政当事人。
用税金交费的国民并不认为这是实惠的服务。
虽然养老院的客人可能期望更高,希望能够像付钱提供服务的酒店一样。
靠医疗福祉工作的人,到底有没有劳有所获?
是为了赚钱吗?能继续下去吗?
至少,湖山一线的工作人员不一样。
我们有远大的志向,使命感,还有,责任感和爱心。
就像母亲照看婴儿一样。
保护弱者的生命,是人类的本能。
和母性一样,有自然的慈爱和与生俱来的人性。
在湖山,职员自主进行的医疗介护保育,除了作为人的责任感和爱心之外,什么都没有。
大家肩负着工资以上的重任,不仅仅是为了钱,也不是上司的命令。
也不是经营方针。
因为经营者也只是用对职员的爱心和责任感来支持职员。
经营者也好,设施职员也好,只是和患者、使用者一起生活的人。
就像家人一样。
家人中,有把年迈的父母送到介护设施,就像把旧了的车送到维修厂一样想法的人。
太过分了,无法理解,无法原谅。
对不起,对于这样的家庭,我们也不能负责任地接受。
在人性化的生活环境中,保护老人的生命,需要家人的共同协助。
至少,如果没有尊重和感谢,我们就无法继续下去。
心会碎掉。
我认为这是一个不仅需要亲情,更需要社会爱的时代。
学者将其称之为,互助。
○─○─○─○─○─○─○
今早,脉搏血氧计96・97・97
家族一員 湖山泰成

2)日文/医療福祉はサービスか?

お客様は神様です。
神のいる世界は、必ず悪魔もいる。
モンスターファミリーから、職員を守る戦いが経営者の使命だ。
サービス業は、料金以上のサービスや無料サービスを提供する時があり、それがお客をより喜ばす。
お客のオーダー以上のサービスを無料で提供する。
ホテルの部屋に入ると、注文もしないのに、シャンペンやフルーツが、置いてある。
支配人の歓迎の手紙と、花も。
勿論、無料サービス。
レストランでも、サービスのワイン一杯。
新メニューのデザート。
デパートでは、美術展は無料。お土産付きで。
でも、サービスで赤字倒産はない。
トータルでは、より売り上げを上げて、利益も上がる。
職員のボーナスも上がる。
私の知っている、大手鳥料理店は、お客の注文の売り上げの1割を追加サービスで、店員が自由に提供できる。
貴方だけに、小鉢をサービスします、といった風なのだが。
お土産に、当店特別仕込みの味噌というのを貰った事もあったかな。
仕組みがわかっていても、嬉しかったし、何よりも、店員さんが楽しそうだった。
どんなサービスも一律価格、一律サービスよりも、お店の個性、店員の自主的個別サービスがある方が、成功していると思う。
完璧一律で成功したのは、昔の居酒屋と立ち食い蕎麦とハンバーガー店とコンビニ位かなあ。
私達の医療・介護・保育・生活の仕事はサービスだろうか。
コロナ対応で、救急病院、高機能病院の医師・看護師は、家にも帰れず、感染の危険の中、命をかけて治療に当たっている。
なのに大学病院では、赤字になったので、看護師の賞与カットが平気で行われる。
でも、政治も行政もマスコミも国民も、平気で声を上げない。
サービスは民間のビジネス、収益事業の世界での概念。
国家、行政の仕事も行政サービスと言っているが、そう言っているのは、行政当事者だけでだ。
税金で料金を払っている国民はお得なサービスと思っていない。
老人ホームのお客は、高い料金を払って利用するホテルのように期待しているかもしれないが。
医療福祉で働く人は、果たして所得で報われているだろうか。
金儲けでしているのだろうか。続けられるのだろうか。
少なくとも、湖山の現場の職員は違う。
高い志、使命感、そして、責任感と愛情。
母親が赤ん坊のお世話をするのと同じだ。
弱者の命を守るのは、人間の本能だ。
母性と同様の自然な慈愛、持って生まれた人間性だ。
湖山は、職員が自主的にする医療介護保育は、人間としての責任感と愛情以外の何者でもない。
給料以上の重責を担っているのは、お金の為だけではなく、上司の命令でもない。
経営方針でもない。
何故ならば、経営者も、職員に対する愛情と責任感で、職員を支えているだけだからだ。
経営者も、施設職員も、患者・利用者と共に生活し生きているだけだ。
家族と同様だ。
家族の方に、年老いた親を、まるで、古くなった車を整備工場に送るみたいな考え方の人がいる。
ひどい、理解できない、許せない。
申し訳ないが、そんな家族では、私達も責任を持って受け入れられない。
人間的な生活の環境で、老人の命を守るのには、家族の協力がいる。
少なくとも、尊敬と感謝なくては、私達が続けられない。
心が折れてしまう。
家族愛だけでなく、社会愛の必要な時代だと思う。
学者は、それを共助と言っているが。
○─○─○─○─○─○─○─○─○
今朝のパルスオキシメータ 96・97・97
家族の一員 湖山泰成

3)解説

  • 代表は、「医療福祉はサービスか?」という深く考えさせる問題を出してくれました。
  • サービスかどうかは別とし、湖山の職員は給料以上の重責を持っているのを信じます。
  • 人間としての責任感と愛情を持っていますので、給料以上のサービスを提供しています。
  • 利用者の家族も社会愛を持ち、この重責を担っている職員達を尊重して欲しいです。

用户7825 用户7825
5 个月前
29

扫描下方二维码手机阅读文章