【7月11日】日記


酷暑渴水/猛暑に渇水

alt text

1.中文/酷暑渴水


热海的浊流水灾之后,又迎来了酷暑。
哪里下大雨,于此对应的,就在某处会有枯水。
夏天酷热,那一年的冬就会冷。
据说天气会在地球上的某个地方保持着平衡。
是热能定律。
老人要想活下去,就必须有能保证能量的好的医院设施。
还有,医院设施,集中供电又供水。
如果有一方迟滞了,老人就活不下去了。
现在的日本,停电很快就会恢复。
那个系统和修理系统万无一失。
小学的时候,台风时节会停电,那一天,泰成君冒着暴风雨去商店街买蜡烛。
近年来,没有停电或停水。
热海的停水让我意识到了一件事,就是200人为了生存下去,为了生活,多么需要水。现在才感觉到。
在网站上发布受灾情况后,不仅可以得到湖山G内的支援请求,还可以得到社会的支援。
我们从很多企业那里得到了水和食品的支援。
地区也很温暖。
设施正在恢复功能阶段,但仅仅是水不足,就非常消耗设施的使用者和工作人员。
而且,今年夏天酷热难耐。
即使在设施中,如果不启动空调,老年人也会面临生命危险。
城市里的独居老人,不使用空调的人,今年的夏天,会很危险。
最近虽然清一色的新冠病毒,但其他感染症和食物中毒并没有消失。
该地区已经没有足够的医疗服务来接待患者了。
特养和养老院今后会发生新冠感染集群吧。
我希望奥运会能在冬天举行。
在东京,这3年,日托服务减少了一半。
医院病床也有所减少。
确保日本社会可以稳定下来的社会基础设施已经到了极限。
我认为居酒屋和餐厅也是社会必要的饮食配给系统。
仅仅靠便利店和公寓就能建立人类社会吗?
罗马不是说是面包和马戏团吗?
电影、剧场、演唱会、体育比赛受到限制,市民的压力会不会受到影响?
在日本,今年夏天也是如此,市民在担心爆炸会在某处发生。
和欧美一样。
湖山G的设施是安全避难所。
疾病和天灾并不是唯一的危险。
历史证明,最后,群众是最危险的。
对政治和行政的不信任感正在积累为不满。
最后还是想到了首都圈东海大地震。
我的危机感是每天不要忘记这件事,来做经营。
作为老人生活者,要踏实地活下去。
今天,那一天又开始了。
○─○─○─○─○─○─○
今早,脉搏血氧计97・97・99
避暑老人 湖山泰成

2.日文/猛暑に渇水

熱海の濁流水害の後は、猛暑が来た。
どこかで、大雨が降ればその分どこかで渇水になる。
夏が猛暑だと、その年の冬は寒い。
天候は、地球上のどこかでバランスを取っているそうだ。
熱エネルギーの法則です。
老人が生きて行く為には、エネルギーを確保した良き病院施設が必要。
そして、病院施設は、電気水道の塊。
どちらかが、滞ったら、老人は生きていけない。
今の日本は、停電はすぐに復活する。
そのシステムと、修理体制は万全。
小学校の頃は、台風の時期には、停電があり、その日は、泰成君は、暴風雨の中を商店街に蝋燭を買いに行った。
近年は、停電・断水はない。
熱海での断水は、200人の人間が生き続けるためには、生活の為には、どれほど水が必要なのか、今更ながらに感じた。
被災状況をホームページで発信したら、湖山G内での支援要請だけでなく、社会からの支援も受ける事ができた。
多数の企業から、水、食料の支援を頂いた。
地域も暖かかった。
施設は機能回復に向かっているが、水が不十分なだけで、利用者も職員も消耗する。
そして、今年の夏は猛暑だ。
施設においても、クーラーが作動しなければ、お年寄りは、命に関わる。
都会の独居老人で、クーラーを使わない人は、この年の夏は、危ない。
最近はコロナ一色だが、他の感染症や、食中毒はなくなったわけではない。
その患者を受け入れるだけの医療はもう、地域にはない。
特養や老人ホームは、これからコロナクラスターが発生するだろう。
オリンピックは冬に開催してほしかった。
東京は、この3年で、デイサービスは半分になった。
病院病床も、多少減った。
日本社会を安定させて来た社会インフラが限界に来ている。
居酒屋やレストランも、社会の必要な食事配給システムだと思う。
コンビニとアパートだけで人間社会は成り立つのだろうか。
ローマは、パンとサーカスと言うではないか。
映画や、劇場、コンサート、スポーツ競技が規制されて、市民のストレスは大丈夫だろうか。
日本でも、この夏は、市民の爆発がどこかで起きるのではないかと心配している。
欧米並みに。
湖山Gの施設は、セイフティシェルター。
危険は、病気や天災だけではない。
最後は、群衆が1番危険だと、歴史が証明している。
政治・行政に対する不信感が、不満として蓄積されている。
やはり、最後は、首都圏東海大震災の事を考えてしまう。
私の危機感覚は、日々その事を忘れず経営をする事。
老人生活者として、堅実に生き続ける事。
今日もまた、その1日が始まった。
○─○─○─○─○─○─○
今朝のパルスオキシメータ 97・97・99
避暑老人 湖山泰成

3.解説/猛暑に渇水

  • 代表は、今のコロナ病気や土石流の天災より注意しなければならない群衆の感覚について論じました。
  • 政治・行政に対する不信感が不満として蓄積され、弱いと思われる群衆が1番危険因子になります。
  • 経営者として、特に群衆の安心を守る施設経営者として、この危機感覚をもって経営することが必要です。

用户7825 用户7825
5 个月前
4

扫描下方二维码手机阅读文章