【7月4日】日記


水灾中的鼹鼠/水害に土竜を見る

alt text


1)中文/水灾中的鼹鼠

大雨成了每年这个时候的惯例。
湖山G的设施多在河边、海边。
究其原因,是因为沿河有街道,上下水道基础设施完善。
在东北雪国,行政部门负责除雪。
办事处、商店、居民区也是沿街道而建。
路边的车站和行政设施附近的设施很多。
土地也被整修的十分平整。
不会像山间地区的山上旅馆那样。
气仙沼的设施位于山高的悬崖前,那里原本是该地区小学的旧址。
因此,在东日本大地震时,虽然海啸已经来到了悬崖脚下,但是设施还是得救了。
我们可以让直升机降落在它旁边。
在中山间地、神社附近建成了小学,现在那里的旧址上引进了介护设施。
历史上来看,这样的地方地基很牢固,即使发生灾害也很安全。
我也是因为看到了这一点,所以在选址的时候会将此因素作为参考。
我不担心水灾。
日本是水库王国。
平时看河流会发现,水量很少。
因为他们都被储存在了水库里。
但是,由于这几年的大雨,东京神奈川的都市河流开始变得危险起来。
即使是在有水坝的新潟,湖山设施也多次遭受水灾。
新潟的工作人员自嘲已经习惯了水灾灾害,可以熟练地撤离设施并采取应对措施。
半夜发出避难通告后,凌晨湖山的支援就集合起来,完全撤退完毕。
在那次大水灾中,同一条河边的其他法人设施中,有很多人死亡。
在同样的环境下有同样的设施体系,根据对应情况,应该会出现同样的受害。
设施利用者和职员总是处于生命的边缘。
我总是担心职员能不能背着病人和老年人一起逃走。
关键时刻,大家都想去应援支援救援,但由于新冠病毒的影响,行动并不尽如人意。
即使是大地震,只要幸存下来,就能去救援。
只要活着。
但是,水灾发生得太快了,很多时候都来不及施救。
我看了一天电视新闻。
虽然平冢河的涨水和去年一样让人担心,但没想到热海会发生大水灾。
在热海伊豆山的高台上有湖山大型综合设施。
位于山的半山腰高台上,热海的烟花在眼前展现。
旁边有神社、酒店会馆。
新闻多次报道了附近巨大的泥石流冲走了家家户户。
离我们的设施很近。
马上打了电话确认,打通了。
道路被泥石流截断了。
不能支援,也不能避难。
职工家属的家被冲走了。
不管怎样,要确保员工和家人有旅馆可住。
周围都是旅馆酒店的热海。
如果可能的话,把隔壁的酒店也预约好。
可能的话,点心、点心面包等,方便吃的东西能买多少就买多少。
我会用法人的经费来照顾一切,所以我希望你能在确保酒店充足。
让工作人员和其家人有处可去。
今天值班的职员可能回不了家。
明天会更艰难。
如果隔壁酒店有空,就住在那里,总之要休养一下。
我希望你去泡温泉,好好睡一觉。
从明天开始,要开始日夜兼程,就不能再休息了。
如果停电的话,可能也会停水。
因为设施是高台,所以我认为电力自来水的恢复应该很快。
我想从神奈川来的路是可以通行的。
新干线在地下行驶,所以我想不会不可通行。
这种情况下即便可以通过电话下达指示,但是剩下的只有祈祷了。
一起祈祷的伙伴,有13000人,现在,我觉得心里很踏实。
○─○─○─○─○─○─○
今早,脉搏血氧计99・99・99
代表 湖山泰成

2)日文/水害に土竜を見る

大雨は、この頃の毎年の恒例になった。
湖山Gの施設は、川沿い、海辺に多い。
何故かと言えば、川沿いに街道があり、上下水道インフラが整っているからだ。
東北雪国では、行政が除雪してくれる。
役場、お店、住宅地も街道に沿って建てられている。
道の駅や、行政施設の近くの施設が多い。
土地も平地に整備されている。
中山間地の山上のホテルみたいには行かない。
気仙沼の施設は、山の高い、崖の前にあるが、そこは、もともと地域の小学校の跡地だった。
だから、東日本大震災の時も、崖の足元まで津波は来たが、施設は助かった。
その隣にヘリコプターを着陸させる事ができた。
中山間地では、神社の近くに小学校が出来て、今はそこの跡地に介護施設が誘致される。
歴史的にそういう場所は、地盤がしっかりしていて、災害時でも安全。
そこまでは、私は見極めて、場所選びをしているのだが。
水害は心配していなかった。
日本はダム王国。
普段、川を見ると水量が少ない。
ダムで貯めているからだ。
でも、ここ数年の大雨で、東京・神奈川の都会の川が危険になって来た。
ダムのある新潟でも。幾度も湖山の施設が水害に遭っている。
新潟のスタッフはもう、水害災害慣れと自嘲するくらい、手際良く施設撤退や対応をする。
夜中に避難勧告が出たら、明け方には、湖山の応援が集合し、完全撤退完了だった事がある。
その大水害の時には、同じ川沿いの他の法人施設で、多数の死亡者が出ていた。
同様の環境で、同様の施設体系だったので、対応次第では、同じ被害が出ていた筈だ。
いつも、利用者と職員合わせて、命の瀬戸際にいる。
病人・高齢者を背負って、職員が共に逃げおおせるか、いつも不安に思う。
いざと言う時は、皆応援支援救援に行こうと思っているが、コロナで行動がままならない。
大地震でも、生き残っていてくれれば、救援に行ける。
生きていれば。
でも、水害はあっという間で、助からない事が多い。
1日テレビニュースを観ていた。
平塚の川の増水が、昨年同様気になっていたが、熱海が大水害になるとは予想できなかった。
熱海の伊豆山の高台に湖山の大型複合施設がある。
熱海の花火が目の前に広がる、山の中腹高台にある。
隣に神社、ホテル会館がある。
その近くにすごい土石流が、家々を押し流していくのが、幾度もニュースで放映された。
施設のすぐ近くだ。
すぐに電話をかけたら、まだ、通じた。
道路は土石流で寸断された。
応援も、避難もできない。
職員家族の家が流された。
とにかく、職員と家族のホテルの確保。
周りは旅館ホテルばかりの熱海だ。
隣のホテルも可能だったら、押さえろ。
可能なら、菓子、菓子パンなど、食べやすい物を買えるだけ買ってくれ。
法人の経費で全て面倒を見るから、ホテルに陣取って欲しい。
職員も家族も共に。
今日当番の職員は自宅に帰れないだろう。
明日はもっと大変だ。
隣のホテルが空いていたら、そこに宿泊して、とにかく休養してくれ。
温泉に入って、ゆっくり睡眠をとってほしい。
明日からの方が、昼夜兼行で休めなくなる。
停電なら断水にもなっているかもしれない。
施設は高台なので、電気水道の復旧は早いと思う。
神奈川からの道路は通行可能だと思う。
新幹線は地下を走っているので、不通にはなっていないと思う。
そんな事を電話で指示しても、後は祈るだけだ。
祈ってくれる仲間が、13000人いる事を、今は、心強く思う。
○─○─○─○─○─○─○
今朝のパルスオキシメータ 99・99・99
代表 湖山 泰成

3)解説

  • 代表は深刻になっている水害及び水害に対する人々の姿勢について述べました。
  • 13000人の湖山のスタッフがいて、湖山を守っていますので、心強いです。
  • スタッフに守れられる湖山は恩返しでスタッフやスタッフの家族を守りたいです。
  • 水害は大変ですが、全湖山は水害に遭っている皆さんを応援し、一緒に戦います。
用户7825 用户7825
5 个月前
10

扫描下方二维码手机阅读文章