【7月18日】日記


剪彩的人/テープカットをする人

alt text

1.中文/剪彩的人


泰成在看电视。

因为不是彩色的,应该是到小学高年级都还没有彩色电视吧。

我在等我喜欢的动画片开始,但电视却在播放新闻。

深山隧道开通仪式。好像花了十多年时间。

排成一排的是乘坐直升飞机下来的知事、大臣。

泰成感到不可思议,想不通。

在山里蛰伏了几十年,不断挖土的人在哪里呢?

电视上没有任何播报。

播音员称之为辛辛苦苦几十年的伟业。

诉说着今后将会有多少地区居民因为这条隧道而得救。

就好像隧道是胸前插着一朵花,在隧道入口处的开业彩带前排队的政客做的一样,看起来那么开心。

但是,这个人,不就是今天,在现在这一瞬间,刚刚坐直升机来的吗?

反正,马上就会坐直升机回去吧。

不会用这个隧道回去吧?

小学的泰成同学对这些产生了疑问。

那个开通仪式应该以开拓了那个隧道里的人们为中心进行。

为什么最辛苦的人没有登场?

建筑工人,当地居民才最应该参与剪彩。

泰成君并不认为自己能在山上挖隧道。

不过,我觉得,让我做一个高高在上剪彩的人,也是不可能的。

令人不愉快的人们,不明所以的社会。

那种违和感到现在也没有忘却,没有改变。

年轻时,每次参加开工仪式、竣工仪式,第一次打招呼时,都会感到羞愧。

但是现在,代表工作人员向来客打招呼是自己的工作,所以可以自负地出席了。

我很高兴地出席,因为我的义务是代表今后在设施工作的职员、入住者向设计和建筑师道谢。

感谢当地在此地开设湖山设施。

祈求施工人员和施工过程中的平安,向神祈祷。

并且,与开业工作人员一起,共同为开业那一天而欢喜。

看了德国的水灾,不觉得那是别的国家的事。

由于道路和地下的整备,大水灾成为了大灾害。

之后,感染症也会扩散。

在湖山的设施里,我们就像一个大家庭,所以希望大家互相鼓励。

希望大家将有家人在的家,像小设施一样严格保护。

这样想着,希望和家人一起度过新冠病毒的夏天。

当然,是和湖山G的家人一起。

○─○─○─○─○

今早,脉搏血氧计 98・97・99

代表 湖山泰成


2.日文/テープカットをする人

泰成君はテレビを観ていた。

カラーではなかったから、小学校高学年にはまだなっていなかったのだろう。

好きなアニメが始まるのを待っているのだが、テレビはニュースを放映している。

山奥のトンネルの開通式。10年以上かかったらしい。

テープカットに並ぶのは、ヘリコプターで降り立った知事、大臣。

泰成君は不思議で納得がいかなかった。

何十年も、山に籠り、土を掘り続けた人はどこにいるのだ。

テレビの何処にも映っていない。

アナウンサーは、苦節苦難何十年の偉業と称える。

これから、どれほどの地域住民が、このトンネルのおかげで助かるか、説明している。

まるで、花を胸に刺して、トンネルの入り口のテープの前に並んでいる政治家が作ったみたいに喜んでいる。

でも、この人は、今日、今の瞬間だけ、ヘリで来ただけではないか。

どうせ、すぐヘリで帰るのだろう。

このトンネルを使う事はないのではないか。

小学生の泰成君は疑問に思った。

その開通式は、人生をそのトンネルにかけた現場の人達中心で行うべきだ。

何故、1番苦労した人達が登場しない。

工事の人達、地域住民がテープカットすべきだ。

泰成君は、山でトンネルを掘る仕事が、自分で出来るとも思わなかった。

でも、偉そうにテープカットする人になるのも、あり得ないと思った。

不快な人達、わからない社会と感じた。

その違和感は今でも忘れない、変わらない。

若い頃は、起工式、竣工式に行って、最初に挨拶をする度に、恥ずかしさを感じていた。

でも今は、来客にスタッフを代表して、挨拶する事が自分の仕事だと自負して出席する。

設計や建築の人に、これから施設で働く職員、入居する利用者に代わって、お礼を言うのが私の義務だと、納得して喜んで列席する。

この地で、湖山の施設を開設する事の地元への感謝。

工事関係者と工事中の無事を願う、神への祈り。

そして、開業スタッフと共に、開業の日を共に喜ぶ。

ドイツの水害を観ると、他国の事とは思えない。

道路や地下が整備された分、大水害は大災害となっている。

その後は、感染症も広がる。

湖山の施設では、大きな家族の様にいたわリ、励まし合って欲しい。

家族のいる自宅は、小さな施設の様に厳重に守って欲しい。

そう思って、コロナの夏を、家族と乗り越えて欲しい。

勿論、湖山Gの家族と共に。

○─○─○─○─○─○

今朝のパルスオキシメータ 98・97・99

代表 湖山泰成


3.解説

  • 代表は小学生の頃から疑問に思ったテープカットをする人のことについて述べ、苦労をした人に対する尊重を表しました。
  • テープカットをするのは実は苦労をした現場の人が参加すべきですが、常に組織のリーダーが偉そうに参加しています。
  • 苦労をした現場の人と一緒に施設ができた喜びを共有して、励まし合って、施設を自分の家として守っていって欲しいです。

用户7825 用户7825
5 个月前
3

扫描下方二维码手机阅读文章