【6月17日】日記


职员第一利用者第二/職員第一利用者第二

alt text

1.中文【6月17日】职员第一利用者第二


Rotery俱乐部的财界人士中印象最深的是有名的宅急送的创业者。
总之又帅又洒脱。
总是和新桥艺伎一起玩。
如果叫来3位会跳舞、唱三味线和谣的师傅,合计就会超过200岁。
曾经开玩笑说,这是一次无形文化财产的保存活动。
那家公司的座右铭是安全第一营业第二。
在运输业,安全第一是理所当然的。
但是,到了结算期,就变成了营业优先。
因此,无论什么时候,为了不忘记安全优先,据说他还加上了营业第二的称号。
此后,湖山医疗福祉集团便成为了职员第一使用者第二。
在医疗介护业界,宣传患者、使用者、顾客是上帝的经营者也多了起来,所以我强烈地宣布。
患者、使用者以及他们的家人,都是烦恼和痛苦的人,而不是上帝。
他和我们一样。
在银座的急救医院里,也有无生命迹象的患者及其家属。
我站在接待处,保护职员,让他们去行政或警察那里,但即便如此,我也曾愤慨地感慨到,变成了这个世界里的残酷的人。
来到介护行业之后,这样的感觉更多了。
家人开始向介护机构索要无法要求医生和医院的钱。
这是无礼的,单方面的。
护理人员连睡觉的时间都舍不得,要省出时间来照顾病人。
牺牲了自己的人生的时间,牺牲了陪伴家人的时间,进行护理。
就像对待自己的亲生父母一样,拼命努力。
明明自己没有错,一旦患者去世,就像失去亲生父母一样,哀叹不已。
没有来探望过的亲属亲戚看到后,反而责怪设施职员是不是有过错责任。
让他道歉,让他拿出诚意,最后还是跟设施要钱。
对此我的回应是,请聘请律师,让警察在审判中公正地做出判断。
即使是家人亲戚,对于不正经的失礼言行也会以损害名誉的名义起诉。
为了工作人员,为了设施法人的名誉,为了不放纵无理无德的家人,为了全日本的介护工作者,为了医疗介护的正义。
对于不讲理的家人的言行,将在法庭上予以澄清。
也不会对媒体隐瞒。
而是向行政、职员公开信息。
不会吝惜审判费用。
即使打到最高法院,即使要打几十年,战斗下去。
为了员工的人权和荣誉。
为了正义。
在介护事故中,不正当、非法的诉讼于请求在法律上可以予以排除,而且相反可以要求损害赔偿。
我希望把湖山判例留给法律界。
为此,即使被关进监狱,只要活着就会进行法庭斗争。
湖山的顾问律师们。
湖山泰成不会轻易和解的。
不会耍小聪明用钱来避免不必要的法律纠纷。
我会以诚实的方式在审判中寻求正义。
直到最后的最后。带着愤怒。
医疗福祉,才需要伦理和正义。
现在正是经营者需要这种信念的时候。

2.日文【6月17日】職員第一利用者第二

ローターリークラブの財界人で1番印象的な方は、有名な宅急便の創業者。
兎に角、洒脱でカッコいい。
いつも新橋芸者と遊んでいる。
踊りと三味線と謡いのお師匠さんを3人呼ぶと、合計200歳を超える。
無形文化財保存活動ですね、とからかった事がある。
その会社のモットーは、安全第一営業第二だった。
運輸業で、安全第一は当たり前。
でも、決算期になると、営業優先になる。
だから、如何なる時も、安全優先を忘れないように、営業第二とつけたそうだ。
それ以来、湖山医療福祉グループは、職員第一から、利用者第二と付けるようにした。
患者様、ご利用者様、お客様は神様ですと医療介護業界でも宣伝する経営者が多くなったので、強いて私は宣言するようになった。
患者も利用者もその家族も、悩み苦しむ人間であり、神様などではない。
私達と同じ人間だ。
銀座の救急病院でも、無体な患者や家族がいた。
私は、受付に立って、行政でも警察で行きましょうと、職員を守ったが、それにしても酷い世の中になったものだと憤慨してきた。
介護業界に来たら、より一層、そう感じる事が多くなった。
家族は、医師・病院には言えない分、介護施設にお金を要求するようになった。
失礼な一方的な言動で。
介護スタッフは、寝るまも惜しんでお世話をする。
自分の人生の時間も、時には家族も犠牲にして、介護している。
実の親でもこれほどにするかというほど、一生懸命。
自分は悪くないのに、亡くなると、実の親を亡くした如く、嘆き悲しむ。
お見舞いに来たこともない親族親戚が、それを見て、施設に職員に落ち度責任があるのでないかと、責める。
謝れ、誠意を見せろと言うが、結局、お金を要求してくる。
私は、全て、弁護士を立てて、警察、裁判で公正に判断をしていただきましょうと答える。
家族親戚と言えども、いかがわしい失礼な言動は名誉毀損で訴える。
職員の為に、施設法人の名誉の為に、そして、無体で、悪徳な家族を許さない為に、日本中の介護従事者の為に、医療介護の正義の為に。
無体な家族の言動は、法廷で明らかにする。
マスコミにも隠さない。
行政にも、職員にも情報を公開する。
裁判費用は惜しまない。
最高裁まで、何十年でも戦う。
職員の人権と名誉の為に。
正義の為に。
介護事故において、不当不法な訴え、請求は法的に排除し、逆に損害賠償を要求できる。
そういう、湖山判例を法曹に残すのが、私の希望だ。
その為に、刑務所に入れられても、生きている限り法廷闘争をする。
湖山の顧問弁護士の方々。
湖山泰成は、安易に和解する事はありません。
賢く、お金で無用な法廷闘争を避ける事はしません。
愚直に裁判で正義を求めます。
最後の最後まで。怒りを持って。
医療福祉こそ、倫理と正義が必要です。
今こそ、その信念が経営者に必要です。

3.解説【6月17日】職員第一利用者第二

  • お客さま第一とはよく言われていますが、職員第一を言うのは少ないです。
  • 湖山の職員第一利用者第二という理念は、施設の基本を守る為だと考えます。
  • 利用者は施設にとって大切ですが、人権と名誉、正義も忘れないで欲しいです。

6月 目録
用户7825 用户7825
5 个月前
14

扫描下方二维码手机阅读文章