【6月12日】日記


双赢业务模式/ウイン・ウインのビジネスモデル

alt text

1.中文【6月12日】双赢业务模式


关于湖山G的经营,我也有接受媒体采访的时候。
职员第一,使用者第二。
工作人员的顾客是使用者,而我的顾客是工作人员。
如果工作人员消耗殆尽,那么服务便无法继续。
如果职员感染了新冠状病毒,那么集群便防不胜防。
也就是说,把诸君放在第一位。
另一个经营理念是法人与客户,共赢。
虽然大家可能会认为这是理所当然的。
不过,世上往往相反。
医疗方面,治疗或手术一旦失败,那么治疗时间越长,医疗费也就越高。
证券公司、房地产公司也是让购买人赔钱,公司才赚钱。
其实,会员券业务,这种情况也非常多。
会员制的运动俱乐部,餐厅,度假酒店。
还有终身使用权的老人特养院。
即使入所后几个月就去世了,已经支付的数千万日元的使用权的4成也会马上被摊销。
也就是说,即使入所1个月就去世了,也有4成的费用是回不来的。
就是这样的合同,只要多活几十年,利用者就会得益。
公司方面,是按照平均6年的寿命使用期限来计算费用的。
所以入所之后能够活6年以上的用户可以受益。
6年以内的话,老人特养院公司方面会更受益。
老人特养院的公司之所以能够如此大力度进行广告宣传、雇佣营业员,是因为销售利润高。
为什么特养院和医院不能雇佣营业员呢?
因为没有销售利润,每天的入所使用费,勉强可以维持经营。
使用权的销售,类似于高尔夫球场的商业模式。
通过开发、宣传高尔夫球场和销售会员券,将销售利润一下子计入当年。
开始营业的高尔夫球场,几乎没有利润,或者略有亏损。
所以,如果不持续做,不持续卖下去,公司就会倒闭。
与销售公寓公司相同。
泡沫经济结束,开发销售停止的话,应该有几十个设施的公司一下子就倒闭了。
过去房地产泡沫时期,高尔夫球场、滑雪场、度假酒店以及拥有终身使用权的大企业养老院都倒闭了。
养老院是由大型总承包商和保险公司经营的。
他们都破产了。
这一切我都亲眼目睹过。
这一现实,促使我在那之后不会再经营有终身使用权的养老院。
到目前为止,虽然在介护泡沫经济的繁荣中那个系统的公司取得了成功,但是我始终不能忘记泡沫经济崩溃即将到来的噩梦。
用每天的费用收入,支付每天工作人员的工资和欠款。
就像经营医院一样。
好的房间、好的饭菜,即使每天的费用高一点,实质上也是相称的。
无论是服务提供方,还是接受服务方,都是实打实的费用,不赔不赚。
医院或是特养都一样。
以使用权销售和建筑物的流动化获得暂时利益的利益构造的话,一旦开发停止就会导致破产。
我们湖山G是一家只提供日常医疗介护福祉服务的法人。
不是证券、房地产公司。
希望用我们每一位员工的爱心和责任,让住在我们这里的人,可以度过幸福的、不寂寞的日子,哪怕只多一天也可以。
这对法人也是有利的。
因提早离开而致使法人得益的商业模式,被称为利益冲突。
湖山唯一能实施的,是通过在一起得到好处、得到幸福的商业模式。
这就是湖山经营者的经营责任。
无论是使用者还是职员,我们都不能剥削他们。
这就是湖山经营的正义。
我对湖山的经营感到自豪。
多少有些志士不饮盗泉之水的感觉吧。
江户之子。

2.日文【6月12日】ウイン・ウインのビジネスモデル

私にも、湖山Gの経営についてマスコミからインタビューを受ける事がある。
職員第一、利用者第二。
スタッフのお客様は、利用者だが、私のお客様は、職員である。
職員が消耗して、サービスは継続できない。
職員がコロナ感染して、クラスターは防げない。
という、諸君第一主義。
もう一つの経営理念は、法人とお客が、ウイン・ウインであること。
当たり前と思われるかもしれない。
でも、世の中は逆のことが多い。
医療も、治療や手術が失敗して、治療が長引くほど、医療費が高くなる。
証券会社や不動産会社も、買主に損をさせて、会社が儲ける。
実は、会員券ビジネスも、結果そうなったいる事が多い。
会員制のスポーツクラブ、レストラン、リゾートホテル。
そして、終身利用権の老人ホーム。
入所して、数ヶ月で亡くなっても、数千万円支払済の利用権の4割が即償却されている。
入所1月で亡くなっても、4割は、戻ってこない。
そういう契約だし、何十年でも長生きすれば、利用者は得をする。
会社側は、平均6年の寿命利用期間で計算している。
6年以上長生きすれば、利用者が得。
6年以内であれば、老人ホームの会社が得。
老人ホームの会社が、あれほど、広告宣伝し、営業マンを雇えるのは、販売利益が高いからだ。
なぜ、特養ホームや、病院は営業マンを雇えないのか。
販売利益がなく、日々の入所利用料で、やっと、トントンだからだ。
利用権販売は、ゴルフ場のビジネスモデルに似ている。
ゴルフ場を開発し、宣伝し、会員券を販売する事で販売利益をその年に一気に計上する。
営業をはじめたゴルフ場は、ほとんど利益を上げないか、若干赤字。
だから、作り続け、販売し続けないと会社は倒産する。
分譲マンション会社と同じ。
バブルが終わり、開発販売が止まると、何十と施設があったはずの会社が一気に倒産する。
過去、不動産バブルの時に、ゴルフ場、スキー場、リゾートホテル、そして、終身利用権の大企業の老人ホームが、皆倒産した。
老人ホームは、大手ゼネコン、保険会社が経営していた。
それが、皆倒産した。
その全てを私は、見て来た。
その現実が、私をして、その後、終身利用権の老人ホームは経営しないようにしてきた。
今迄は、介護バブルの好景気で、そのシステムの会社は成功してきたが、私はやがて来るバブル崩壊の悪夢を忘れる事はできなかった。
日々の料金で、日々のスタッフの給料と、借金を払う。
病院経営と同じ。
良い部屋、良い食事で、日々の料金が少し高くなっても、実質的に見合っている。
サービス提供側も、サービスを受ける側も、実費で、損も得もない。
病院や特養と同じ。
利用権販売や、建物の流動化で一時的利益をあげてる利益構造にすると、開発が止まると倒産する。
私たち湖山Gは、医療看護介護福祉の日々のサービスを提供するだけの法人。
証券、不動産会社ではない。
私たち一人一人の職員の愛情と責任で、幸せな、寂しくない日々を1日でも長く生きてほしい。
そのことが、法人にとっても利益になる。
早く退去になることが法人が得をするビジネスモデルは、利益相反と言う。
共に、得をし、幸せになるビジネスモデル以外は湖山はしてはならない。
それが、湖山の経営者の経営責任。
利用者からも、職員からも、搾取は許さない。
それが、湖山の経営の正義だ。
その湖山の経営に誇りを持っている。
多少、武士は食わねど高楊枝、の感はあるかもしれないが。
江戸っ子です。

3.解説【6月12日】ウイン・ウインのビジネスモデル

  • 代表は、ウイン・ウインのビジネスモデルで経営していきたいという要望を述べているようです。
  • スタッフや利用者第一、法人とお客がウイン・ウインであることは湖山の経営理念となっています。
  • 湖山の経営者としての経営責任は、共に得をし、幸せになるビジネスモデルをすることだと考えます。

6月 目録
用户7825 用户7825
5 个月前
12

扫描下方二维码手机阅读文章