【6月10日】日記


医院中的共济会/病院の中の共済会

alt text

1.中文【6月10日】医院中的共济会


10岁的泰成去医院不仅仅是为了看牙科。
共济会是在地下的,那里有理发店,小卖部和咖啡店。
因为大家都是共济会,所以很便宜。
我会去理发。
无论走到哪里,背着书包的客人都会受到重视。
至少不是得到了糖果吗?
事实上,前几天,我时隔半年理了头发。
在日比谷的理发店。
是以工薪阶层为对象的,比较有历史的理发师。
那个地方很舒服。
在高级美容院理发,其实总会觉得心里不踏实。
头发长了,长了背头,变得太像父亲了,这让我很难为情。
再努力半年左右,估计可以扎上发髻了。
现在,大众媒体在批评医院为什么不能单一化应对冠状病毒。
即使是同一个医院,也有很多省厅管辖,是无法单靠国家的一个命令来进行统一的。
这样的设立基础在法律上是不相同的。
厚生劳动省管辖的不就是国立医院、国立研究所吗?
大学医院是医生护士的教育机构,文科省。
财务省管辖的共济会。
原邮政省的通信医院。
农林省的农协厚生连的医院。
自治体的县立、町立医院。
自卫队医院在战时负责伤兵的治疗,所以本来是需要把病床打开一半的。
老实说,自卫队医院平时是不允许病人进入的。
也就是说,治疗实绩很少。
新冠状病毒战时,日本没有制定战略性地分配医疗资源的国家功能和国家权限。
东日本大地震时,这一问题暴露了出来,但国家制度没有改变。
新冠状病毒大地震,也许,近海发生战争的话,
自卫队医院最优先治疗伤兵。
不是医疗技术的问题。
不是床位数、医生数的问题。
是国民的国家观的问题。
国民依赖医疗保险和医院,就像汽车保险和维修厂一样。
电视上宣传的车险,说是在全国随便一个电话,就可以认领事故车辆。
救护车是不会那样的。
汽车,可能在哪个维修厂都可以,但人不一样。
医院不一样。
企业立,也就是股份公司立的医院也有很多。
都是大公司。
但是,大企业的组合很强,不能灵活的运营,大家都是大赤字。
因为是企业立,所以作为商务,不会听到积极进行新冠状病毒检查的说法。
我想工会不会行动了。
企业医院盈利的大概只有九州的麻生医院了吧。
日立和东芝的医院一直在亏损。
记得钢铁公司以前是把医院作为独立法人出售了。
没有听说县立医院和町立医院积极应对疫苗接种和新冠状病毒住院的事。
制度、能力受到法律限定,不能随机应变。
因为已经只活在那个制度里了,所以医院相关人员的想法是有限的。
日本国家建筑的水泥墙太重,无法改变房间布局。
为了长久稳固不变,用坚固的混凝土做了隔断。
湖山G在其后院,以木制平屋的轻装修,提供医疗护理。
步履轻盈,超越省厅的束缚。

2.日文【6月10日】病院の中の共済会

10歳の泰成君が病院に行くのは歯科だけではない。
共済会が地下にあり、そこには、理髪店、売店、喫茶店がある。
皆、共済会だから、安い。
散髪に行くのである。
どこに行っても、ランドセルのお客は大事にされる。
飴玉くらい、もらったのではないか。
実は、先日、半年ぶりに髪を刈った。
日比谷の理髪店で。
サラリーマン相手の由緒ある床屋さん。
居心地がよかった。
高級美容室で髪を切るのは、実は、落ち着かない。
髪が伸び、オールバックになったら、あまりにも父に似てきて、恥ずかしかった。
後、半年位頑張ったら、丁髷が結えそうだった。
今、病院が、何故コロナ対応に一本化できないのかとマスコミで批判されている。
同じ病院でも省庁管轄は多数あり、国の命令一つではまとまらない。
そのような、設立基盤が法律で違うように出来ている。
厚労省管轄は、国立病院、国立研究所くらいではないか。
大学病院は、医師看護師の教育機関で、文科省。
財務省管轄の共済会。
旧郵政省の逓信病院。
農林省の農協の厚生連の病院。
自治体の県立、町立病院。
自衛隊病院は、戦時に負傷兵の治療にあたるので、本来は、病床を半分開けておかねばならない。
正直言うと、自衛隊病院は平時は患者を入れてはいけない。
つまり、治療実績が少ないのである。
コロナ戦時に、戦略的に医療資源を差配する国家機能、国家権限が定められていないのが日本。
東日本大震災の時にその問題は露見していたが、国家制度は変わらなかった。
コロナに大震災、もしかして、近海での戦争が起きたら。
自衛隊病院は、負傷兵治療が最優先。
医療技術の問題ではない。
ベット数、医師数の問題ではない。
国民の国家観の問題なのだが。
国民は、医療保険と病院を、自動車保険と整備工場みたいに頼っている。
テレビ宣伝の自動車保険は、全国どこでも電話一本で、事故車両を引き取りますと言っている。
救急車は、そんな風に行かない。
自動車は、どこの整備工場でも良いかもしれないが、人間は違う。
病院は違う。
企業立、つまり株式会社立の病院も多数ある。
皆、大企業。
でも、大企業の組合が強く、柔軟な運営ができず、皆大赤字。
企業立なのだから、ビジネスとして、コロナ検査を積極的に行うような話は聞かない。
組合が動かないのだと思う。
企業立の病院で黒字なのは、九州の麻生病院くらいではないだろうか。
日立や東芝の病院は赤字で苦しんでいた。
製鉄会社は、昔に病院を独立法人にして、売却したように思う。
ワクチン接種や、コロナ入院に、県立病院や町立病院が積極的に対応しているようには聞かない。
制度、能力が法律で限定されていて、臨機応変に対応できない。
もう、すでに、その制度の中でしか生きてこなかったので、病院関係者の考え方が限定的。
日本国家の建物のコンクリートの壁が重すぎて、間取りを変更する事ができない。
変更できないように、頑強なコンクリートで間仕切りをしたのだが。
湖山Gは、その裏庭に、木造平家の軽い造作で、医療介護を提供する。
フットワーク軽く、省庁のくびきを超えて。

3.解説【6月10日】病院の中の共済会

  • 県立病院や町立病院が大きいですが、制度、能力が法律で限定されていますので、臨機応変に対応できません。
  • 病院を管理しやすいようにするために、法律で制度を規定したのに、その制度はもう重い壁になってしまいました。
  • 湖山Gは県立や町立病院の補充として、臨機応変の優位性を利用し、コロナ等の突発事項を対応していってほしいです。

用户7825 用户7825
5 个月前
3

扫描下方二维码手机阅读文章