【6月26日】日記


医疗保健萎缩 / 縮小する医療

alt text

1.中文【6月26日】医疗保健萎缩


国家从50年前就开始担心医疗费的扩大问题,所以一直把抑制政策放在了第一位。
不增加医生和病床,并且将老人患者转移到介护保险设施。
并且,从介护设施到高龄者住宅、在宅,为了尽量不让他们在医院住院,所以将多种介护水准的介护设施制度化。
湖山G率先开设了各种新设的介护设施。
但是,不久,人就会寿终正寝。
在日本,只有医生才能写死亡诊断书。
最终,临终时会将其送到有医师的医疗机构。
如果是特养老人院或有特定介护的设施,就可以根据在线诊疗、血压脉搏数据和设施看护师的看护记录,通过远程诊疗进行死亡诊断。
在新冠病毒环境下,老人的临终医疗激增。
无论是城市的老人介护设施,还是人口稀少地区的独居老人。
在介护保险的帮助下,医疗费用的扩张得到了控制。
但是,取而代之的是介护保险的膨胀。
老人的生存,需要医疗、看护、介护、生活。
作为中间设施,如果有老健、特养,住院老人患者就能尽快回到家中,还能通过税金节省财政负担,这是纸上谈兵。
出乎意料的是,由于新冠病毒,结果,这一年的医疗费减少了1兆6千亿日元。
结果,中小医院和诊所的患者锐减。
对于去医疗机构这件事,患者也开始变得慎重了。
上医院很方便是日本医疗体制的骄傲,但由于新冠病毒的影响,情况发生了变化。
目前,仅从接种疫苗这件事来看,就能明白医生的绝对数量是远远不够的。
在此基础上,作为医生工作地之一的民营医院的工作岗位正在减少。
根据诊疗科的不同,由于新冠病毒而变得忙碌的科室和因为患者不来而有富余的科出现了差别。
由于专科医生制度,医生分布不均的通融也变得困难了。
新冠病毒是感染症。
以前的感染症病床、疗养病床,可能是新冠病毒所必需的。
东京的医师,是以在民间医院、诊疗所打工为前提生活的。
高收入者是指地方的开业医。
东京的年轻医生的工资和官僚差不多。
凭借周末值班,外来打工,挣着和本给差不多的钱生活。
过去制药公司在某些方面会帮助参加学会和博士论文的制作,但现在与过去相去甚远。
长此以往,优秀的人既不以政府机关为目标,也不以医疗为目标。
感觉现在已经是这样了。
湖山已经在特养老人院和小规模多功能方面成为日本第一。
俯瞰今后的新冠病毒世界,再次坚信需要构建培育下一代医疗。
不仅在介护界,在医疗界也要尽力培养人才。
注意与优秀、有热情的年轻医生交流。
当然,新设特养老人院的计划也在紧锣密鼓地进行。
每个机构在招聘和教育方面都很辛苦。
这种辛苦,永远不会改变。
我想告诉负责人。
招聘,就是诚实。
教育,是让人掌握亲切的技能。
自己的人性受到了质疑。
当然,是我自己的。

2.日文【6月26日】縮小する医療

お国は、これ50年前から医療費の拡大を憂慮し、抑制政策を第一とした。
医師と病床を増やさない事、更に老人患者を介護保険施設に移管させた。
更に、介護施設から、高齢者住宅、在宅へと、なるべく病院に入院しなくても良いように、多様な介護レベルの介護施設を制度化した。
あるゆる新設介護施設を、先頭を切って、湖山Gは開設してきた。
でも、やがて、人は寿命を終える。
日本においては、死亡診断書を書けるのは医師のみ。
結局、最期は医師のいる医療機関に送る。
特養ホームや特定介護付き施設なら、オンライン診療と血圧脈拍のデータと施設の看護師の看護記録に基づいて、遠隔診療で死亡診断をできるようになれば良いのだが。
コロナ環境では、老人の終末期医療が激増する。
都会の老人介護施設でも、過疎地の独居老人においても。
介護保険のおかげで、医療費の拡大は抑制された。
でも、その代わり、介護保険が膨大に膨れ上がる。
老人が生きるには、医療も看護も介護も生活も全てが必要。
中間施設として、老健・特養があれば、入院老人患者の在宅復帰が早まり、税金による財政負担の節減ができるというのは、机上の空論だ。
想定外に、コロナのせいで、結果として、この1年の医療費は1兆6千億円減少した。
その結果、中小病院や診療所は患者が激減した。
患者も医療機関へ行く事に慎重になった。
医療機関へのアクセスの良さが日本の医療体制の誇りだったのだが、コロナで状況は変わった。
今は、ワクチン接種だけでも、医師の絶対数が足らない。
その上で、医師の働き先の民間病院の職場が減っている。
診療科によって、コロナで忙しくなった科と、患者が来なくなって余裕が出てきた科と差が出てきた。
専門医制度によって、医師の偏在の融通が難しくなった事もある。
コロナは感染症。
昔の感染症病床、療養病床が、コロナには必要なのかもしれない。
東京の医師は、民間病院、診療所でアルバイトする事を前提に生活している。
高所得者は、地方の開業医の事。
東京の若手医師はの給与は官僚とさほど差はない。
週末の当直や、外来のアルバイトで、本給並みに稼いで生活していた。
学会参加や博士論文の制作に、昔は、製薬会社があるゆる面でサポートしていたが、今は昔とは程遠い。
このままでは、優秀な人は、官庁にも医療も目指さなくなる。
もう、すでにそうなっているような気がする。
湖山はすでに、特養ホームと小規模多機能は日本一になった。
今後のコロナ世界を俯瞰すると、改めて、次世代の医療の構築育成が必要だと確信した。
介護の世界だけでなく、医療の世界においても、人材の育成に尽力を尽くしたい。
優秀で、情熱のある若手医師との交流を心掛ける。
勿論、新設特養ホームの開設予定も、目白押しだ。
どの施設も採用と教育に苦労している。
この苦労は、永遠に変わるまい。
担当者に伝えたい。
採用は、誠実さだ。
教育は、親切の技術を身に付けさせる事だ。
自分の人間性が問われている。
勿論、私自身の。

3.解説【6月26日】縮小する医療

  • 代表が述べたように、コロナのきっかけで、次世代の医療の構築育成の必要さが改めて確信されました。
  • 実は、現在の時点で介護や医療の世界だけでなく、どの分野でも人材の育成が至急のことになっています。
  • 採用担当者が採用だけではなく、採用された人に対して、人材育成にしっかり実施して欲しいと考えます。

6月 目録

alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
22

扫描下方二维码手机阅读文章