【6月9日】日記


泰成君的虎之门医院/泰成君の虎ノ門病院

alt text

1.中文【6月9日】泰成君的虎之门医院


小学的时候,放学回家的路上去了虎之门医院。
是做牙科的治疗。
因为父亲在那里工作,所以治疗费用是免费的。
不过,是共济会的大医院。
15分钟的治疗需要等待1小时30分钟。
虽然这增加了我在图书馆看书的时间。
在像满员电车一样拥挤的大厅里等着。
还好那时没有新冠病毒。
和现在不同,当时全部都是馆内广播。
等轮到自己治疗,被叫到号的时候已经精疲力尽了。
不幸的是,在作为患者被叫号之前,一定会有好几次广播播报。
内科的湖山医生,湖山医生,请立即拨打内线00号。
这样的医生传唤馆内广播,音量非常大。
每半小时一次。
背着书包的孩子与湖山先生的儿子没有任何关系。
他们不会注意到的。
但是,忍受着蛀牙疼痛的患者泰成,每次都会心跳加速,压住牙齿。
即使白大褂过来,从大厅里找到在门诊奔波的父亲,也害怕得连招呼都不敢说。
当时还是孩子的我心里想,比起对医生的憧憬,我更多的是不想从事这样的工作。
每天晚上深夜回家,睡觉前大概泡了15分钟的澡吧。
然后,早上7点多就去上班了。
虽然那是24小时不睡觉还能工作吗?的时代。
我20多岁的时候,因为接待患者的缘故,在银座的俱乐部小聚,父亲让我同席,不过,父亲,只喝了一杯用水稀释过的淡酒。
而且,一边喝一边加水。
然后,乘深夜回家的专车,途径医院,问诊当天住院、手术的患者,然后回家。
父亲对日本酒也是一边加开水,再用开水无限地勾兑着喝。
但是,不管什么时候,都是以一种很好喝的姿态,看起来开心的样子参加对话。
但是,大臣和财界人士倒下的时候,那家料亭就会打来电话。
医生必须时刻保持清醒。
这就是那个时代,就是那个时代的医生。
不知为何,了不起的人,总会在周末的时候身体不舒服,然后就有电话打来。
不论是在家里,还是在高尔夫球场。
是个黑电话的时代。
幸运的是,当时没有手机。
由于智能手机、在线诊疗的发展,现在一切都很方便快捷。
但是,我认为无论科学技术系统多么便利,医患之间的人与人之间的信赖关系是不会改变的。
当最近感受到自己成为一名老年患者后,才有了深刻的体会。
我的目标是成为一个不费事的诚实的病人。

2.日文【6月9日】泰成君の虎ノ門病院

小学校の頃、学校の帰りに虎ノ門病院に通っていた。
歯科の治療である。
父が勤務していたので、治療費が無料だったのである。
でも、共済会の大病院。
15分の治療に1時間30分は待たされる。
図書館の本を読む時間は増えたけれど。
満員電車のような混雑したロビーで待たされる。
コロナがなくてよかった。
今と違って、全て館内放送。
自分の治療の番が来て呼び出されるまで、疲れ果ててしまう。
そして、不幸な事に、患者として呼び出される前に、必ず幾度が放送が入る。
内科の湖山先生、湖山先生、至急内戦00番にご連絡ください。
という医師呼び出し館内放送が、大音量で入る。
30分毎に。
ランドセルを背負った子供の湖山先生の息子は何の関係もない。
気づかれるはずもない。
だが、虫歯の痛みを堪えた患者の泰成君は、その度にドキドキし、歯を押さえる。
白衣を来て、ロビーから外来を走り回る父を見つけても、怖くて声もかけられない。
医師に対する憧れよりも、こんな仕事だけはしたくないなあと、子供心に思った。
夜毎午前様のご帰宅で、寝る前に15分くらいは、風呂に浸かっていたのだろうか。
それで、朝7時過ぎには出勤。
24時間眠らずに働けますか、の時代だったのだけども。
20代になると、患者さんの接待で、銀座のクラブに父に同席させてもらう事があったが、父は、薄い水割り一杯しか飲まない。
しかも、それに水を足しながらである。
それで、深夜帰宅のハイヤーで、病院に寄って、当日入院、手術の患者を診て帰るのである。
父は日本酒も、お湯割りにして、更にお湯で無限に割りながら飲んでいた。
でも、何時も、美味しそうで、楽しそうに会話に参加していた。
でも、大臣や財界人が倒れると、その料亭に電話がかかってくるのである。
いつでもシラフでいなければならない。医師は。
そういう医者だった。時代だった。
何故か、偉い人は、週末に具合が悪くなって、電話がかかって来る。
自宅にも、ゴルフ場にも。
黒電話の時代。
幸いにも、携帯電話などなかった。
スマートフォンや、オンライン診療で、便利迅速になった。
でも、どんにに科学技術システムが便利になっても、医師と患者との人間的信頼関係は変わらないと思う。
最近、自分が老人患者になって、しみじみと実感するようになった。
手間のかからない素直な患者を目指します。

3.解説【6月9日】泰成君の虎ノ門病院

  • 代表は小学校の頃虎ノ門病院に通っていた経験を思い出し、記憶に残っているお父さんの忙しい生活を述べたようです。
  • その頃は便利且つ迅速なスマートフォンやオンライン診療がないですが、医者と患者の信頼関係がきちんとできています。
  • その信頼関係は絶対科学技術システムに代わられませんので、湖山がいつまでも患者との信頼関係を大事にして欲しいです。

6月 目録
用户7825 用户7825
5 个月前
4

扫描下方二维码手机阅读文章