【6月7日】日記


COVID-19紧急网络会议/コロナ緊急ネット会議

alt text

1.中文【6月7日】COVID-19紧急网络会议


湖山G的新冠病毒水际对策取得了出色的成绩。
这不仅是对患者和入住者彻底进行新冠病毒检查。
而是对全体职员及其同居家属的密切接触者进行了彻底的信息管理。
如果仅仅只对应设施的利用者,会容易因工作人员导致院内感染。
不仅仅是湖山的职员,如果家属有密切接触者的嫌疑,当然如果是阳性,那么该家属的酒店费、检查费、住院单间费全部由湖山G承担。
速度很重要。不要犹豫不决。
否则,我们就不能保护设施的安全,也不能保护工作人员的生命。
一滴水也不许漏。
一天也不能耽误。
因此,如果接收到有新冠相关的报告,从那天起,将举行广域网络对策会议。
有经验的人在看平面图的同时指导绿黄红分诊。
昨天的受害者,可能根据自己的经验,今天就变成了顾问。
至今为止的经验全部在网络会议上被公开讨论。
我认为没有比这更迅速的对策会议了。
周末节日也接连不断。
昨天,我有在旁听。
虽然我答应了不会说话,但有时我还是会插嘴。
这是一个必须需要花钱的时刻。
400万日元的新冠病毒检查费用。
家庭成员密切接触者酒店费用。
住院的单间费用。
当场,命令实施。
预算请示不过是董事长的命令,不需要。
这不是经费请示,而是紧急医疗行为。
对,要强硬的指示所有人。
犹豫半天才呈现出来的报告,会牺牲掉工作人员及其家人的生命。
为此,作为理事长的我,24小时都要出席对策会议。
参与其中。
因为这是医疗介护经营者的工作。
即使住进酒店,也不能带便当什么的。
要利用三餐客房服务。
不奢侈哦。
这是紧急医疗费。
是法人的诊疗方针、命令。
不这么说的话,大家就无法行动,这就是介护设施的实际情况。
这不是借口。
即使如此,即使在周日,所有有经验的法人也会自发地聚集在网上。
我觉得湖山G很棒。

2.日文【6月7日】コロナ緊急ネット会議

湖山Gのコロナ水際対策は、素晴らしい実績をあげている。
患者・入所者のコロナ検査の徹底だけではない。
全職員とその同居家族の濃厚接触者の情報管理が徹底しているからだ。
利用者だけの対応だと、スタッフによる院内感染が起こる。
湖山の職員だけでなく、家族に濃厚接触の疑いがあれば、勿論陽性であれば、その家族のホテル代も検査代も、入院個室料も全て湖山Gが負担する。
スピードが大事。躊躇があってはならない。
そうしなければ、施設の安全を、職員の命を守れない。
一滴の水漏れも許してはならない。
1日の猶予もあってはならない。
だから、コロナ報告があれば、その日から、広域ネット対策会議が行われる。
今まで経験のある者が、間取り図を見ながら、グリーン・イエロー・レッドのトリアージを指導する。
昨日の被害者が、経験に基づいて、今日はアドバイザーになる。
今迄の経験の全てが、ネット会議で披露され、論議される。
これほどの迅速な対策会議はないと思う。
土日祭日も続く。
昨日は、私も傍聴していた。
私は、口を出さない約束なのだが、会話に乱入する時がある。
お金を使わなければならない瞬間だ。
400万円のコロナ検査費用。
家族の濃厚接触者のホテル費用。
病院入院の為の個室費用。
その場で、実施を命じる。
予算稟議は理事長命令でいらない。
これは、経費稟議ではない、緊急医療行為である。
そう、強く、全員に指示する。
半日のためらい、報告が、スタッフとその家族の命を犠牲にする。
その為に、理事長の私は、24時間、対策会議に立ち会うのである。
参加しているのである。
それが、医療介護の経営責任者の仕事だからだ。
ホテルに入れても、弁当など持って行ってはいけないよ。
ルームサービスを三食利用。
贅沢ではないよ。
緊急医療費です。
法人の診療方針、命令です。
こう言わないと、動きが取れないのが、介護施設の実態です。
言い訳になりません。
それにしても、日曜日でも全法人の経験者が自主的にネットに集まります。
湖山Gは素晴らしいと思います。

3.解説【6月7日】コロナ緊急ネット会議

  • 代表は、緊急事態を対応するために、スピードの大切さを述べました。 
  • コロナみたいな禍にとって、スピードイコール命だと考えられます。
  • 特に医療施設は患者さんの命を守る存在なので、躊躇すると犠牲がでます。
  • 湖山Gがいつまでも緊急事態を徹底的に対応できるようにしてほしいです。

6月 目録


用户7825 用户7825
5 个月前
4

扫描下方二维码手机阅读文章