【6月18日】日記


吃仓吉甜瓜/倉吉メロンを食べる

alt text

1.中文【6月18日】吃仓吉甜瓜


今年鸟取仓吉的甜瓜也照例被送到了银座。
银座的全体工作人员得以试吃了甜瓜。
虽然还有点早,有点硬,但年轻、多水、新鲜,是今年的第一波甜瓜。
虽然也许现在大棚里,一年四季都能吃到。
接下来,将向湖山的保育所、学童保育所、医院保育所、母子支援设施等赠送500个甜瓜。
这成了每年的惯例。
本来没有打算让这件事成为惯例,但因为太受好评,所以演变到现在,成了每年的惯例。
说白了,就是无法停止了。
因为幼儿园孩子高兴的样子太惹人喜爱了。
生产者作为湖山职员的父亲,包括我也去了当地,一起采集甜瓜做纪念。
一个人在温室栽培。
我还和他合影留念,请求他长年生产,告诉他说全国都有期待着这个甜瓜的幼儿。
觉得这是东京的高级水果店批发的甜瓜。
而这个甜瓜,可以在湖山的设施里吃到。
正因为是湖山,才能奢侈的吃到甜瓜。
这不是很好吗?
而且,作为生产者的高龄湖山职员的父亲,也会因更加具有作为制造者的意义而感到高兴。
把孩子们开心地吃瓜的照片也送了过去。
我看到之后也会面含微笑。
每年,幼儿园的孩子们都会给我发来这些照片,这些孩子们很高兴地抱着一整块甜瓜,吃瓜的照片。
堆着写有仓吉的纸箱。
这些孩子可能会最先记住仓吉的字。
这是湖山G的农产品的故乡纳税。
互相送当地的农产品和名产点心。
灾害时、新冠病毒时、研修时以及平时。
这些幼儿园的孩子们因湖山,才知道了全国的名产。
不是很让人高兴吗?
为我们家乡感到骄傲。
通过胃。
新冠病毒社会,没有会议和聚会。
只往返于自家和银座事务所,靠董事会的便当和便利店的三明治生存。
甜瓜也没有其他机会吃了。
我的人生,是一次向外,向外,再往下一个城市的流浪之旅。
现在,回到故乡湖山。
不过,我觉得社会只会变坏。
社会改革什么的,没有必要问世人。
至少,只要能保护湖山的职员及其家人的生活和健康,我就会认为这是一件非常重要的事情。
所谓和身高相符合的经营便是,即使只是湖山G,也可以持续守护大家。
我也在湖山G中被守护着,活着。
只要湖山G在就可以了,够了。
除此之外,我再也不感兴趣了。
在董事会上,已经习惯了用zoom,今后想要和各个设施轻松地开个会。
如果我突然穿着睡衣出现,请不要惊讶。
因为我在家工作。
今早,脉搏血氧计 97・97・98
湖山G代表 银座农协成立代表预定者 湖山泰成

2.日文【6月18日】倉吉メロンを食べる

恒例で、鳥取倉吉のメロンが銀座に送られて来た。
銀座のスタッフ全員で、メロンを試食した。
まだ、少し早めで、硬かったが、若く、水々しく、新鮮な今年の初ものだ。
今は、ハウスで、一年中食べられるのかもしれないが。
これから、湖山の保育所、学童保育、病院保育所、母子支援施設等に、計500個のメロンが贈られる。
毎年の恒例となった。
恒例にする予定ではなかったのだが、あまりにも好評なので、今や毎年の恒例となった。
はっきり言って、辞められなくなった。
園児の喜ぶ姿があまりにも素敵なので。
生産者も、湖山の職員の父親で、私も現地に行って、一緒に、メロンの記念採取もした。
お一人で、ハウス栽培をしている。
私と記念撮影もして、永年生産して欲しい、このメロンを心待ちにしている幼児達が、全国にいます、とお願いしてきた。
東京の高級果物店に卸しているメロンだと思う。
そのメロンを、湖山の施設では、丸々食べる事ができる。
湖山だからこそ、贅沢なメロンが食べられる。
良いではないか。
そして、生産者の高齢の湖山の職員のお父さんも、作り手としての作りがいをより一層持って喜んでくださると思う。
嬉しそうに、メロンを食べる園児らの写真も、差し上げた。
私が見ても、微笑ましい。
毎年、園児から嬉しそうに丸ごとのメロンを抱え、また、食べている写真を送ってもらっている。
倉吉と書かれたダンボールの箱が積まれている。
この子達は、倉吉の字を最初に覚えてくれるかもしれない。
湖山Gの、農産物ふるさと納税だ。
お互いに地元の農産物や名産お菓子を送る。
災害の時も、コロナの時も、研修の時も、そして、普段も。
この園児達も、湖山のおかげで、全国の名産を知る。
嬉しいではないか。
我が故郷を自慢しよう。
胃袋を通して。
コロナ社会は、会合もパーティーもない。
自宅と銀座事務所の往復だけで、役員会の弁当と、コンビニのサンドイッチで生きている。
メロンも、これ以外に食する機会はなさそうだ。
私の人生は、外へ、外へ、更なる次の町へと旅立つ放浪の旅だった。
今は、故郷湖山に帰郷している。
でも、社会は悪くなるばかりだと思う。
社会改革などと、世間に問う必要はない。
せめて、湖山の職員とその家族の、生活と健康だけでも守れれば、それだけで素晴らしい大事な事だと考えるようになった。
身の丈にあった経営とは、湖山Gだけでも、守り続ける事。
私もまた、湖山Gの中で守られ、生きている。
湖山Gだけで良い、充分。
それ以外には、関心は、もう無い。
役員会で、zoomにも慣れたので、これからは各施設と、気軽にミーティングをしようと思う。
私が、突然、パジャマ姿で現れても、驚かないでください。
在宅勤務中です。
今朝のパルスオキシメータ 97・97・98
湖山G代表 銀座農協設立代表予定者 湖山泰成

3.解説【6月18日】幸せは、胃袋を通って心に届く

  • 採用担当者は人を採用だけでは足りなく、採用者をより大人、専門家として成長させなければなりません。
  • そうではないと、湖山Gを選んでくれた子とこの子の親御さんの期待に応えられなくなってしまいます。
  • 採用される方は湖山Gの未来とも言えますという点は施設長介護長、採用担当者まで覚えて欲しいです。

6月 目録
用户7825 用户7825
5 个月前
22

扫描下方二维码手机阅读文章