【6月15日】日記


来自新舰长的航海音信/新人艦長からの航海便り

alt text

1.中文【6月15日】来自新舰长的航海音信


我依然持续着写这日记的习惯,不过最近收到了新人设施长的邮件。
因为新冠病毒的原因,一直很难见面。
也无法来银座打个招呼。
我也是只能小心翼翼地走进大厅。
其中,我收到了新人设施长发来的鼓励的邮件。
我很高兴。这对我很有帮助。
虽然是我这边打的电话,但最近有进步。
过去我给设施打电话,说我是设施的代表、理事长湖山,他们都不知道我是谁。
几乎回复我的都是,一直承蒙关照。
让我感觉很难为情。
不过最近会有爽朗的回答“我知道了”的声音,
这让我松了一口气。
设施长让部下读这个日记。
或者,正在帮我张贴告示。
外聘办公值班人员接到我的电话时也并不感到困惑,是因为他们在告示上读了我的日记。
即使从来没有见过,他也是我的理解者。
许多年长的办公人员喜欢阅读我的日记。
不关心我日记的人,就是不关心湖山理念、湖山医疗福祉的人。
每天在现场作为湖山的工作人员带着自豪努力着的人,会很关心作为代表的我是怎么想的,怎么说的。
无论是新人,医生,还是事务员。
否则,就不会在湖山G拼命工作。
无论是派遣,还是外聘,医疗介护都不愁就业。
由于新冠病毒影响,人手更加不足。
在这样的环境下,选择湖山G就业,坚持不辞职的人,都是有志者事竟成、有自豪感的人。
作为一名经营者,我的最低义务是尊敬这样的职员,教育或者辞退不是这样的职员。
因为如果不这么做的话,就会让努力的人很反感,无法继续努力下去。
你有在进行与努力工作的你相称的经营吗?是这样的经营者吗?
这件事我总是被大家、被社会问到。
评价和珍惜好职员。
希望湖山G只有这样的人。
没有伦理感,没有同情心的人,不希望他留在湖山G里。
不除却缺德,就不能守卫善良。
我是这么想的。
新设施、事业紧锣密鼓地进行着,给热情高涨的工作人员提供了岗位的机会。
我喜欢抓住这一点,开辟自己人生的人。
尊敬他们。
那些人建造了至今为止的湖山G。
以后也是。
我想至少和新来的舰长们在网上开个会。
严肃认真的神情和言行让人产生信任。
但是,这种优良品质会因统率大量的职员,以及与不理解的家人的对应而被消耗。
这是我经历过的,人生的苦难。
我会全力以赴打造一支志存高远的伙伴队伍,培养干部。
也许是我自己没有孩子的原因,让我看待孩子这一代人的干部时就像看待自己的孩子,觉得他们这样可爱,从内心为他们担心。
我希望你不要像我一样无用功,走我前面的路。
虽然我过去的经验很宝贵,但希望不要拘泥于这种倒退的事情,而是与年轻的新人一起构筑起明朗的医疗介护的未来。
最近一直在考虑保育和母子的事情。
如果基于湖山的理念,应该怎么做,应该是怎样的?
我开始思考日本的福祉方式本身。
大概会有人说我太狂妄了。
我们还有什么能做的呢。
即使所捐财产超过了每年的捐赠计划,也会很关心,这是因为知道了实际情况。
因为我已经用自己的心感受到了。
因为,会觉得凭自己的力量,不是不可能。
我想和新来的舰长商量新的航线。

2.日文【6月15日】新人艦長からの航海便り

この日記を書き出して、最近、新人施設長からのメールを貰うようになった。
コロナでなかなか会えない。
銀座に挨拶に来るのも控えてもらっている。
私も、慎重にロビー迄しか入らない。
その中で、新人施設長から、励ましのメールを頂けるようになった。
嬉しい。大変、私の励ましになる。
こちらからは、電話をかけるのだが、最近、進歩した事がある。
私が、施設に代表、理事長の湖山ですが、と、施設に電話しても、私が誰だがわかって貰えない。
何時もお世話になっています。
と、返事される事がほとんどで、情けなくなる状態だった。
最近は、わかります。
と、明るく、身内の返事をされるので、ほっとする。
この日記を施設長が、部下に読ませている施設だ。
あるいは、掲示をしてくれている。
非常勤の事務当直が電話を取った時、戸惑っていないのは、掲示で日記を読んでいてくれているのだ。
あった事はなくとも、私の理解者なのだ。
年配の事務当直の人に、私の日記の愛読者が多い。
私の日記に関心のない人は、湖山の理念、湖山の医療福祉に関心のない人だ。
日々、現場で湖山のスタッフとして誇りを持って頑張っている人は、代表の私がどう言う人で、どういう考えを持っているか関心を持っている。
新人でも、医師でも、事務員でも。
そうでなければ、湖山Gで一生懸命には働かない。
派遣でも、非常勤でも、医療介護は就職に困らない。
コロナでより一層、人手不足。
その環境の中で、湖山Gを選んで就職して、辞めないで頑張ってくれている人は、志と誇りを持っている人だ。
経営者としての私の最低の義務は、そういう職員を尊敬し、そうでない職員を教育するか辞めてもらう事だ。
頑張っている人が嫌になってしまう、頑張れなくなってしまうからだ。
その、頑張っている貴方に相応しい、経営をしているか、経営者であるか。
その事をいつも私は、皆さんに、社会に問われている。
良い職員を評価し、大事にする。
湖山Gはそういう人だけであってほしい。
倫理感、思いやりのない人は、湖山Gにいて欲しくない。
悪徳を排除しなければ、善良は守れない。
私は、そう思っている。
新しい施設、事業が目白押しなので、意欲的なスタッフに、ポストのチャンスは与えられる。
それを掴んで、自分の人生を切り開いていく人が好きだ。
尊敬する。
その人達が、今迄の湖山Gを築いて来た。
これからもそうだ。
新人艦長達とは、せめてオンラインで、ミーティングをしようと思う。
しっかりとした、顔つきや言動は頼もしい。
ただし、大勢の職員の統率と、理解のない家族との対応に消耗してしまう。
私の経験してきた、人生の苦難だ。
高い志の仲間のチームを作り、幹部養成に私は全力を尽くす。
私は、子供がいないせいもあるかもしれないが、子供の世代の幹部は我が子のように愛おしく、心配だ。
私ど同様の、無駄な苦労はせず、私の先の道を進んで欲しい。
私の過去の経験は貴重だが、そんな後ろ向きな事にはとらわれず、若者新人と明るい医療介護の未来を築いて欲しい。
最近は、保育と母子の事を考えている。
湖山の理念に基づくならば、どうすべきか、どうあるべきか。
日本の福祉のあり方そのものを考えるようになった。
生意気と言われるだろうが。
私達にやれる事はまだあるのではないか。
毎年の自分の財産の寄付計画を超えてまでも、関心を持つのは、実態を知ってしまったからだ。
自分の心で感じてしまったからだ。
自分の力で、不可能ではないと思ってしまうからだ。
新人艦長とは、新しい航路を相談したい。

3.解説【6月15日】新人艦長からの航海便り

  • 代表は湖山を守る職員を尊敬し、そうでない職員を教育するか辞めてもらうという経営者としての最低義務について述べました。
  • 誇りを持って湖山を守ろうとしたら、代表の考えに関心を持っているはずであり、関心を持ったら日記の愛読者になるはずです。
  • 湖山の理念や医療福祉に関心のない人がいると、そうでない人にとって不公平なので、新人艦長がこれを対応できるのを求めます。

6月 目録
用户7825 用户7825
5 个月前
27

扫描下方二维码手机阅读文章