【6月1日】日記


人生的同行者/人生の同伴者

alt text

1.中文【6月1日】人生的同行者


这是我非常喜欢的词。
人生的同行者。fellow旅行者。
我也很喜欢时间旅行者。
去年、今年的应届毕业生新人。
每年有近500人入职。
曾计划一定要在东京的电影院举办联合入职仪式和纪念放映会。
遗憾的是,受新冠疫情的影响,无法进行聚集活动。
写下这篇日记,并且,一直到当下,仍然抱有不能进行紧密深入交流活动的遗憾,感到非常落寞,并写到日记里。
无法相见的思念越积越多。
我是大家的笔友。
老年人医疗介护设施的工作,不是进行设施管理。
不仅仅是康复、疗养、进食洗浴服务。
真的,在入住者结束人生之旅之前,我们要支持他们活着的时候的一切。
爬山夏尔巴。是人生的夏尔巴人。
它不仅保护生命,而且为你提供了一个有意义的人生登山指南。
陪伴同行至智慧人生的顶峰。
而且,这个过程是与患者使用者一起完成的,也是我们自己的人生过程。
所以,我称之为作为同等的人的人生的同行者。
我和大家也是人生的同行者。
虽然我是上了年纪的老人,但是还是会和大家一起,一天一天地活下去。
一天一天变老。
但是速度是不会变的,所以大家都不会超过我。
请放心。
但是,不久后大家就会明白有伙伴的那种安心和快乐。
我平时在银座大楼的9楼办公。
大家不需要走楼梯到我这里来。
你作为一名社会人的开始,是从我立足点的9楼开始的。
而且,不是同一地板。
我为你们搭起肩膀的阶梯。
然后,你们站在我肩膀上。
你的起跑线是从我肩上开始的。
请向着我所不能去的遥远的前方,向上走。
如果可以的话,从上面把我拉上去。
即使接力棒是湖山的DNA,我自己也想尽可能地和你们一起踏上未来的旅程。
和大家一起。
虽然身体孤独,但心离大家很近。
我一直这样想着,今天早上也发了日记。

2.日文【6月1日】人生の同伴者

私の好きな言葉です。
人生の同伴者。フェロートラベラー。
タイムトラベラーも好きですが。
昨年、今年の新卒入職者の皆さん。
各年500名近くいらっしゃいます。
是非、東京の映画館で、合同入職式、記念上映会をしたいと企画していました。
残念ですが、コロナの為に集まる事はできませんでした。
この日記を書き出し、そして、今日の今まで続いているのは、蜜蜜にあって親交を深めるイベントが出来なかった心残り、寂しさの思いが、私をして書かしているのです。
会えぬ思いが、募るのです。
私は、皆さんとのペンパルです。
高齢者の医療介護施設の仕事は、施設管理ではありません。
リハビリ、療養、食事入浴サービスのみではありません。
まさに、人生を全うするまでの、生きる事の全てをサポートです。
山登りのシェルパです。人生のシェルパです。
命を守るだけでなく、意義ある人生の山登りを道案内するのです。
素晴らしい高見の人生の頂上まで同行するのです。
そして、その道行は、患者利用者と共に、私達自身の人生道行でもあります。
だから、同等の人間としての人生の同伴者と、私は呼ぶのです。
私も、皆さんとの人生の同伴者です。
かなり先輩の年寄りですが、皆さんと一緒に、一日一日を生きてゆきます。
老いていきます。
そのスピードは変わりませんから、皆さんが私を追い抜く事はありません。
ご安心ください。
でも、仲間がいる事の心強さや、嬉しさはやがてわかります。
私は、普段、銀座のビルの9階で執務をしています。
皆さんは、私の所まで、階段を歩いて登ってくる必要はありません。
あなたの社会人としてのスタートは、私の足場の9階から始まるのです。
しかも、同じ床ではありません。
私が肩車をします。
そして、私の肩の上に立ち上がってください。
貴方のスタートラインは私の肩の上からです。
私の行きつけぬ、はるか先を、上を、目指してください。
そして、出来るなら、上から、私を引き上げてください。
バトンが湖山のDNAだとしても、私自身も出来るだけ未来の旅に同行したい。
皆さんと共に。
体は孤独であっても、心は皆さんの近くにある。
そう思い続け、今朝も日記を送ります。

3.解説【6月1日】人生の同伴者

  • 代表は、同等の人間としての人生の同伴者について述べています。 
  • 仲間がいるのは心強く嬉しいことだということは理解して欲しいです。
  • 代表も我々の同伴者の一人であり、湖山の肩車をしている同伴者です。
  • 肩車に立ち上がっている皆様は是非もっと上を目指していってください。

用户7825 用户7825
5 个月前
7

扫描下方二维码手机阅读文章