【6月27日】日記


脱离东京/ 東京離脱

alt text

1.中文【6月27日】脱离东京


自田中角荣的日本改造以来,一直都在实施地方创生停止东京一极集中,从而弥合东京与地方差距的政策。
但是,这并不像执政者所希望的那样。
看历史,到了东京之后,就并不是很集中了。
它从江户时代开始,就是日本的中心。
银座、日本桥的繁荣是从江户时代开始的,明治时代和大正、昭和一样,是日本的中心。
来自全国各地的所有人才、财富和公司都以东京为目标。
从40年前开始,东京副都心构想虽然作为政策成立,但完全没有实行。
我认为也有首都圈大地震对策,但并没有实现。
然而,受新冠病毒影响,公司、店铺、住宅都在避开市中心,前往地方。
首先,市中心的服务业,所有的店铺都会变成郊外和通贩。
公司也担心上下班时感染新冠病毒,于是将办公室迁移到地方,改为在家工作。
客源减半,市中心高昂的房租就不合算了。
病院和医院也是,如果患者数减少一半,就无法承担高昂的房租、租赁和借款。
虽然现在借了好几个亿的国家无息贷款来维持着经营,但是几年后新冠病毒终结,即使恢复到原来的收入,也还不了之前的赤字债务。
如果国家把之前的贷款转为补助金,让大家没有偿还义务就好了,但目前看来,财政上还没有相应的政策。
也许生活物资可以通过通贩来满足,医疗介护也会这样吗?
在线诊疗、家庭医疗护理能否代替所有的设施服务呢?
银座事务所也将总部迁至地方设施内,员工在家办公的日子有所增加,每天上班的人预计是去年的2成左右。
服务业的总部职能是经营企划、财务、总务、劳务,全部都是后方业务。
新冠病毒风险高,不是市中心,所以无法进行,这种业务是很少的。
没有营业的来客。
与银座银行的交易也可以线上进行了。
和支店长打招呼,最近也是在线上进行。
培训、会议自不必说,在线上进行的话,就会有更多的人可以参加了。
湖山G的设施是区域城堡和海上船只。
业务由舰长负责指挥。
我所在的地方就是总部。不管是在家里,还是在哪个设施。
不久,露营车成为移动的总部,代表在全国移动的时代就会到来。
直升机再也不坐了。我已经受够了。
是不是因为新冠病毒,所以从东京转向了地方?
多亏了网络,无论在哪里,在家都可以工作。
多亏了通贩,不用去店里就可以完成了。
社会基础设施的进步,将改变生活。
原本,湖山是在人口稀少、中山间地、离岛等地区开设了医疗介护设施。
其意义其实也是促进就业。
提供医疗介护事业。
银座今后的医疗经营也将变得困难,市中心的民间医疗将锐减。
从某种意义上说,银座也是市中心人口稀少。
现业以外的事务,不转移到成本合适的地方就无法追寻了。
我本人认为,无论是代表、理事长还是会长,在医疗介护保育教育方面,都是可以在用在现场的经营者,经营业务的全部都是后勤支援事务业务。
我觉得组织越大,为了不患上大企业病,必须要对总部办公人员进行教育。
最好的教育是现场经验。
至少,让事务所和设施的人一起见面,让其对现场的辛苦有同感。
只有总部办公室在市中心,就会出现像丸之内大企业的职员那样的错误职员。
湖山G的一切都在现场。
银座事务所的职员发来了以下日记的感想邮件。
(关于湖山G)现在,是很多人的想法和辛苦融汇在一个建筑物里,每天都有这样的实感。
我很感激。
这个人,不管是在总部办公室,还是在设施里,或者在哪里工作,无疑都是湖山G的职员。
你和我有同感。
新冠病毒使我无法与大家见面,所以我开始写这篇日记,开始思考。
人类通过彼此分离,有时也会产生共鸣。
只要觉得幸福,就已经很好了。
幸福也许不是由自己的想法组成的。
我的人生,是和湖山G的诸位持续思考的人生。
所以我很开心。
带着这样的想法,今天也发送日记。

2.日文【6月27日】東京離脱

田中角栄の日本改造以来、地方創生も皆、東京一極集中を止めて、東京地方格差を埋めたいと言う政策です。
でも、為政者の希望通りにはなっていません。
歴史を見れば、東京になって、集中したわけではありません。
江戸時代から、日本の中心だったのです。
銀座、日本橋の繁栄は江戸時代からで、明治時代も、大正、昭和と変わらず、日本の中心だったのです。
全国から、あらゆる人材、富、会社が東京を目指したのです。
40年前から、東京副都心構想が政策となりましたが、全く実行されていません。
首都圏大震災対策もあったと思いますが、現実化されていません。
それが、コロナによって、都心を避け、地方へ行く動きが、会社、店舗、住宅においても進んでいます。
まず、都心のサービス業、あらゆる店舗が郊外や通販に変わっていきます。
会社も、通勤でのコロナ感染を恐れ、事務所地方移転、在宅勤務に変わります。
客が半減しては、都心の高い家賃は採算が合いません。
病院、医院も患者数が半減しては、高い家賃、リースや借金の返済ができません。
今は、国の無利子融資を何億と借りて、維持していますが、数年後にコロナが終焉して、元の収入に戻っても、それまでの赤字借金は返済できません。
国がそれまでの融資を補助金に振り替えて、返済義務がなくなれば良いのですが、今の所、財政上それはなさそうです。
生活物資は通販で賄えるかもしれませんが、医療介護もそうなるでしょうか。
オンライン診療や、在宅医療介護が、全ての、施設サービスの代わりになり切れるでしょうか。
銀座事務所も、本社本部を地方施設内に移転と、在宅勤務日を増やす事で、日々の出勤者は、昨年の2割位になる予定です。
サービス業の本社機能とは、経営企画、財務、総務、労務で、全て、後方業務です。
コロナの危険の高い、コストの高い都心でなければできない業務はほとんどありません。
営業の来客はありません。
銀座の銀行との取引もオンラインになりました。
支店長との挨拶も、最近はネットです。
研修、会議は勿論、オンラインで、もっと多数の参加が可能になりました。
湖山Gの施設は、地域の城であり、海上の船です。
業務は艦長が責任を持って指示しています。
私のいる所が本部です。自宅であっても。どこの施設にいても。
やがて、キャンピングカーが移動本部で、代表が全国を移動している時代が来るでしょう。
ヘリコプターは2度と乗りません。懲り懲りです。
コロナのせいで、東京から、地方へが進むのではないでしょうか。
ネットのお陰で、どこでも、自宅でも仕事ができる。
通販のおかげで、お店に行かなくて済む。
社会インフラの進歩が、生活を変えます。
元々、湖山は過疎、中山間地、離島と言われる地区に医療介護施設を開設してきました。
その意義は、実は、雇用促進でもあったのです。
医療介護の提供事業として。
銀座においても、これからは、医療経営が難しくなり、都心の民間医療は激減します。
銀座もある意味では、都心過疎と言えます。
現業以外の事務は、コストの合う地方に移転せざる追えなくなりました。
私自身、代表であっても、理事長であっても、会長であっても、医療介護保育教育に於いては、現場に使える経営者であり、経営業務の全ては、後方支援事務業務だと思っています。
組織が大きくなればなる程、大企業病にならないように、本部事務員の教育をしなければと感じています。
最高の教育は現場経験です。
すくなくとも、事務所が施設と共に会って、現場の苦労を共感できる事です。
本部事務所だけ、都心にあると、丸の内の大企業の社員みたいな勘違いな職員が出てきます。
湖山Gは現場が全てです。
銀座事務所の職員から、以下の日記の感想メールが来ました。
(湖山Gについて)現在は、1つの建物に沢山の方の想いや苦労が詰まっていることを実感する毎日です。
私は、感激しました。
この人は、本部事務所でも、施設にいても、どこで仕事をしても、間違いなく湖山Gの職員です。
私と思いを共感していますから。
コロナで、皆さんと会う事が叶わず、この日記を書くようになって、考えるようになりました。
人間は、離れ合う事によって、共感出来る事もある。
幸せと思えば、もうそれで良い。
幸せは、思うもので成るものではないのかも知れない。
私は、湖山Gの皆さんと思い続ける事の人生だった。
それで、幸せなのだ、と。
そういう思いを込めて、今日も日記を送ります。

3.解説【6月27日】東京離脱

  • 代表はコロナによって、会社・店舗・住宅にある都心を避け、地方へ行く事実について述べました。
  • これで、地方の雇用促進や地方経済促進ができ、地方と都市の格差を縮小することができると考えます。
  • 湖山Gが時代の調子に乗り、スタッフの教育を強化することで、地方での発展にも力を入れて欲しいです。
6月 目録

alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
15

扫描下方二维码手机阅读文章