【6月2日】日記


从空间站观看地球湖山/地球湖山を宇宙ステーションから観る

alt text

1.中文【6月2日】从空间站观看地球湖山


这几天,因为发烧,每天都在冬眠疗养。
即便如此,还是连续读了24小时的邮件。
旁听着zoom的会议,有时还会乱入。
通过床边的电脑,24小时凝视着湖山,思考着。
可以说,一个人为了读懂大家的心而奋斗着。
因为身边没有本人stuff,所以要探寻发送者的心。
在被被子笼罩下的黑暗中发挥想象,思考。
一个接一个,来自众多法人。
来自数不清的设施。
并试图回忆多年未见的工作人员的面孔。
想要感受烦恼和痛苦,心里的天线已经抬了起来。
但我觉得自己一个人被留在空间站里,绕着盖亚地球转。
面向地球湖山,抛物面天线开得满满的。
虽然能听到声音,但却无法降落在身边。
一个孤独的宇宙空间站绕着行星湖山。
电波可以到达,但我的身体,却无法着陆。
那是一个令人难过的日子。
但是,在此期间,也有因为看不见而看见的事。
因为听不见,有时也会在心里回响。
我听到了平时听不见的声音。
无声的声音。沉默的声音。
隐形人的样子。
干部的傲气。
温柔者的,无人倾听的,心灵的鸣叫声。
只有一张床的孤独空间站。
从明天开始,我要返回地面。
因为董事会正在紧锣密鼓地进行。
董事由年轻人代替。
5G时代高管即将诞生。
突然被任命,本人通常会很惊讶。
天命降下的时候,总是很突然。
和我的面试已经完成了。
虽然是来自太空的。
拜托了。

2.日文【6月2日】地球湖山を宇宙ステーションから観る

ここ数日は、熱にうなされ蟄居療養の日々だった。
それでも、メールは24時間読み続けた。
zoomの会議は傍聴して、時には乱入した。
ベットサイドのパソコンを通して24時間、湖山を見つめ、考えた。
なんとか、皆の心を読もうと1人奮闘していてと言える。
身近に本人スタッフがいない分、送り手の心を探った。
布団を被った闇の中で想像を逞しくし、思案した。
次から次へと、多数の法人から。
数え切れないくらいの施設から。
そして、何年も会っていないスタッフの顔を思い出そうとした。
悩みや苦しみを感じようと、心のアンテナを目一杯上げた。
でも、自分は1人宇宙ステーションに取り残され、ガイア地球の周遊軌道を回っている気がした。
地球湖山に向けて、パラボラアンテナを目一杯開いている。
声は聞こえてくるが、身近に着陸できない。
惑星湖山を回る孤独な宇宙ステーション。
電波は届くが、我が身は、着陸できない。
そんなまどろっこしさの切ない数日だった。
でも、その間、見えない故に見えてきた事もあった。
聞こえぬ故に、心に響く事もあった。
普段聞こえぬ音が聞こえた。
無音の音。沈黙の音。
透明人間の姿。
傲慢な幹部の息遣い。
やさしき者の、聞く者のない、心の鳴き声。
ベット1つきりの孤独な宇宙ステーション。
明日から、地上に帰還する。
役員会が目白押しだからだ。
役員は若手に代わって行く。
5G世代の役員が誕生する。
突然任命されて驚かれた方よ。
天命降下は、いつも突然です。
私との面接は、すでに済ませてあります。
宇宙からでありますが。
よろしくお願いします。

3.解説【6月2日】地球湖山を宇宙ステーションから観る

  • 代表は宇宙ステーションから地球湖山を観察しているようです。 
  • 布団で作った宇宙ステーションから送り手の心を探しています。
  • それでも状況を把握できますが、明日には地上に帰還しましょう。

用户7825 用户7825
5 个月前
3

扫描下方二维码手机阅读文章