【6月21日】日記


活生生的营养学 /生きた栄養学

alt text

1.中文【6月21日】活生生的营养学

昨天,以湖山G的首都圈为中心进行了营养部会的商谈。
有担当干部和营养部会担当的营养师,以及在今年的临床营养学会上发表的担当营养师。
年轻有干劲,但确实畏首畏尾、有些紧张。
这也情有可原。
临床营养学会以医生为中心,以医院为中心。
湖山G的介护设施很多。
她也在特养之家工作。
但是,在现在的医疗体制下,大学医院里,没有老年人。
没有仅因成人病而长期住院的患者。
虽然大家都身处介护设施中,能够在介护设施中取得医疗数据,并向医疗学会发表的设施及营养师,应该就是湖山G了吧。
在湖山,介护设施也有很多营养师。
湖山的大部分地区都是直接经营饮食服务。自产自销。
在学生就业招聘说明会上,我一定会说。
希望成为营养师的诸位。
即使在大医院就职,也只能在地下的营养师室里,独自敲打计算器。
只是从食材的重量来计算营养。
食材也不能自己选择。
工作人员和调味、烹饪也是。
取决于委托公司厨师的技能。
对于个人来说,个别菜单很多时候也不能当场完成。
即使在前一天点了节日菜单,现场工作人员也会说“请通过总公司”。
因为这是合同变更。
见到病人,也得有医生的处方。
不能自由自然地进行营养指导。
在医院,这是医师专权的医疗行为。
在介护设施中,这是不受限制的。
营养师首先与使用者见面,不仅询问既往症和过敏症,从喜欢的水果到调味等都会详细询问,并将其运用到实际的饮食中。
做根据个人口味,让个人喜欢的料理,让他们吃得美味,变得健康。
这一切都是由营养师主动进行的。
我称之为活生生的营养学。
不是这样的,我将以食材营养计算为中心的营养学,叫做物的营养学。
吃好吃的食材,幸福快乐健康。
是为了实现,从厨房设计,餐具,食材,职员全部自理。
很久以前,在日托中心,有一位营养课长问从医院出院的女性客人想吃什么,她说想吃拉面,于是营养科长急忙把当天的菜单换成了拉面。
25年前,我曾建议说,不是所有人,只要那个人吃拉面就好了。
我曾经考虑过,在入住的第一天,把喜欢的水果和甜点在当天只送给那个人,怎么样呢?
从设施思想理念来说,应该很困难吧。
现在虽然已经不这样了,但是以前,医院的伙食和监狱的伙食没什么两样。
我想监狱里也会有营养师。
饮食要和家庭一样,这是湖山care的原点。
不仅仅是在湖山G的医院,还有在介护设施,保育园,活力广场的咖啡店工作的营养师们。
今年,在临床营养学会上,由湖山G赞助,举办午餐会。
请不要客气,尽情出席吧。
希望你们与专业的医师互相交流。
希望你代表湖山G,去鼓励做发表的营养师。
没有哪个营养师能像湖山G的营养师那样,为老年人营养学做出贡献。
不久,一定会的。
我很有信心。
因为是午餐会议,还可以顺便检验营养师亲手做的饭菜。
因为味道让人满意,所以让人放心,很满足。
这也是医疗和福祉向社会的渗透和扩散。
也是对医疗的贡献。
湖山G的大家,去学会做发表吧。
让社会知道我们的努力和成果。
湖山G的目标是扩大营养师的社会评价和职业领域。
感谢父亲节的邮件。
大家明白了我的诉求。
现在看到设施长就会觉得,我要是有孩子的话,差不多也是要这个年纪了。
如果父亲理事长死了,我这个儿子就是父亲理事长。
虽然我到现在才刚刚做好思想准备。
我准备好了。

2.日文【6月21日】生きた栄養学

昨日は、湖山Gの首都圏を中心とした栄養部会の打ち合わせをした。
担当幹部と、栄養部会担当の営養師で、今年の臨床営養学会で発表もする担当営養師。
若く意欲があるが、流石にたじろぎ、緊張している。
それはそうだろう。
臨床営養学会は、医師中心。病院中心。
湖山Gは介護施設が多い。
彼女も特養ホーム勤務。
でも、今の医療体制では、大学病院には、高齢者はいない。
成人病だけでの長期入院患者はいない。
皆、介護施設にいるわけだが、介護施設で医療データをとって、医療の学会に発表する事ができる施設、栄養師は湖山G位ではないだろうか。
湖山には、介護施設にも多数の栄養師がいる。
湖山の殆どが、食事サービスは直営。地産地消。
学生の就職採用説明会で、私は必ず言う。
営養師を目指す諸君。
大病院に就職しても、地下の営養師室で、1人孤独に電卓を叩くだけだ。
食材の重量から、営養計算をするだけだ。
食材も自分で選べない。
スタッフも、味付けも調理も。
委託会社の調理人の腕次第。
個人にあった、個別メニューもその場ではできない事が多い。
前日にお祭りメニューを指示しても、現場スタッフからは、本社を通してください、と言われる。
契約変更になるからだ。
患者に会うのも、医師の処方箋がないといけない。
自由に自然に営養指導はできない。
病院においては、医師専権の医療行為になる。
介護施設においては、そのくびきはない。
営養師は利用者に最初に会い、既往症やアレルギーだけではなく、好みの果物から、味付けまできめ細かく聞き、それを実際の食事に生かせる。
個別に好みの料理を作り、美味しく食べて頂き、健康になる。
その全てを営養師が主体的に行う。
それを、私は生きた栄養学と称している。
そうでない、食材営養計算中心の栄養学を、物の栄養学と言う。私は。
美味しい食材を美味しく食べて、幸せに楽しく健康になる。
厨房設計から、食器から、食材から、スタッフから全て自前にこだわるのは、その実現の為だ。
昔、デイサービスで、病院から退院してきた利用者の女性に、何を食べたいかと聞いたら、ラーメンを食べたいと、言うので、その日のメニューを急遽ラーメンに変えてしまった営養課長がいた。
私は、全員でなくて、その人だけラーメンであっても良いのだよ、とアドバイスしたのは、25年前の事だ。
入所初日には、好きな果物やデザートをその日だけ、その人だけにつけてあげたらどうだろうかと、私は考えた事がある。
施設思想理念からは、難しいのだろうか。
今はそんな事はないが、昔は、病院給食は刑務所食事と変わらなかった。
刑務所にも栄養師はいると思う。
食事を家庭並みに、がこやまケアの原点だ。
湖山Gの、病院だけでなく、介護施設、保育園、いきいきプラザの喫茶店で働いている栄養士の諸君。
今年は、臨床営養学会で、湖山Gがスポンサーとなって、ランチョンセミナーを執り行う。
遠慮なく、出席してほしい。
専門の医師と交流してほしい。
湖山Gを代表して、発表する栄養士を励ましに行って欲しい。
湖山Gの営養師ほど、高齢者栄養学に貢献できる栄養師はいない。
やがて、そうなる。
私は自信を持っている。
ランチミーティングなので、栄養師の手作りの食事も検食した。
満足できる味だったので安心し、満足した。
これも、医療と福祉の社会への浸透と拡散。
そして、医療への貢献。
湖山Gの皆よ、学会へ行って発表しよう。
私達の努力と成果を社会に知ってもらおう。
営養師の社会的評価と職域を広げる事を湖山Gは目指します。
父の日のメールありがとうございます。
私の求められている事がよくわかりました。
もう、施設長達が、私に子供がいたら、これくらいだと思う年齢です。
父理事長が亡くなれば、息子の私が父理事長です。
まだ、やっと心構えができたくらいですが。
覚悟はあります。

3.解説【6月21日】生きた栄養学

  • 入所者を第一にしてサービスを提供するのは大切ですが、そのよくできている部分を他人見せるのも大事です。
  • しかし、湖山の素晴らしさを社会に見せて、私達の努力と成果を社会に知ってもらうことが大切です。
  • 湖山Gの皆さんが自分の仕事に対して自信を持つまで頑張って、そして頑張った結果を世界に見せてほしいです。

6月 目録
用户7825 用户7825
5 个月前
15

扫描下方二维码手机阅读文章