【6月16日】日記


观者之责/見た者の責任

alt text

1.中文【6月16日】观者之责


泰成那时候还是高中生。
当时作为图书委员长,用3年时间读完了当时岩波新书全书。
毕竟岩波文库是无法与之匹敌的。
像是早川mystery的SF,只要能拿到的,我想我应该是都读完了。
但是创元SF文库,我是放弃了的。
同时我接受委托,做了摄影部部长。
帮忙拍摄了毕业相册。
借了父亲的老徕卡M3,在昏暗的校舍里,抓拍了一大堆照片。
而且,以木村伊兵卫自居,用柯达的try X400。
是专业人士喜欢的单色胶片。
换句话说,成片是黑白色,而不是彩色。
那个时候,我在做水俣支援活动。
不喜欢暴力的学生运动,致力于和平的市民运动。
那时我遇到了美国摄影师尤金·史密斯。
在水俣拍摄受害者家人的照片。
拍摄母亲给患水俣病的女儿洗澡的照片。
不管是谁,只要一看到这照片就明白了。
这是世界上最著名的公害受害者的照片。
世界上有很多人因为这张照片而改变了他们的生活。
这是一张改变我生活的照片,比卡帕被枪杀的士兵的照片更有新闻性。
之后,泰成参加了东大的公害原论,致力于公害环境问题的市民活动和大学的市民讲座。
这是摄影师尤金·史密斯的话。
观者之责。
看过的人的责任。
我之所以比起经营,会更重视社会活动的视角,原因便在于此。
我不能完完全全成为经营者,是因为人生的目标不是赚钱,不是出人头地,也不是权力,而是社会改革吧。
这是一个关于环境问题的公民活动的开始。
我讨厌政治。
那不适合我。我受不了了。
这是一张从未从脑海中消失的照片,这句话是拍摄这张照片的摄影师的人生名言。
他酗酒,离婚,然后孤独地结束了自己的生命。
现在的我们,是在从事医疗介护保育的福祉工作。
见者之责。
参与其中的人的人生。命运。
28岁时进入医院会,参观了全国的民营医院。
在老年病医院,看到病人被绑在床上,被吃药,被关在一个锁着的房间里。
房间很大,连窗帘都没有。
并不是说有看护介护在就不用管的道理。
作为一个人,看到这些使我无法忍受。
在那个现场,亲眼所见。
不管是因为什么样的痴呆症而闹得凶,这样的医院是不能让父母进入的。
至少,开个能让自己父母进入的医院吧。
抱着这样的想法,我创办了湖山医院。
30年前,35岁的时候。

2.日文【6月16日】見た者の責任

泰成君は高校生です。
図書委員長で、3年間で当時の岩波新書全書を読破しました。
流石に、岩波文庫は敵わなかったのです。
早川ミステリのSFは手に入るのは、全部読破したと思います。
創元SF文庫は、諦めました。
同時に頼まれて、写真部部長をしました。
卒業アルバムの撮影を手伝いました。
父の古いライカM3を借り、暗い校舎の中で、スナップ写真を山のように撮りました。
しかも、木村伊兵衛を気取り、コダックのトライX400で。
プロ好みのモノクロームフィルム。
つまり、白黒、カラーではありません。
その頃、水俣支援活動をしていました。
暴力の学生運動に馴染めず、平和市民運動に力を入れていたのです。
その時に出会ったのが、アメリカ人写真家のユージン・スミス。
水俣の被害者家族の写真を撮っていました。
水俣病の娘さんをお風呂に入れるお母さんの写真。
どなたも、見ればわかります。
世界で最も有名な公害被害者の写真です。
この写真一枚で人生が変わった人は世界に大勢います。
キャパの銃弾に倒れる兵士の写真以上にジャーナリスティックな、私の人生を変えた一枚の写真です。
その後、泰成君は、東大の公害原論に参加し、公害環境問題の市民活動や、大学の市民講座にのめり込みました。
その写真家ユージン・スミスの言葉です。
見た者の責任。
見てしまった者の責任。
私が、経営よりも社会的活動の視点を大事にするのは、それが原点だからです。
経営者になりきれないのは、人生の目標が金儲けでも、出世でも、権力でもなく、社会改革だからでしょう。
環境問題の市民活動がスタートでしたから。
政治は嫌いです。
私にはむきません。耐えられません。
頭から消えることのない写真一枚と、その一枚の写真を撮ったカメラマンの人生の言葉です。
彼は、アルコール依存症になって、離婚し、孤独に自分の人生を終えました。
今の私達は、医療介護保育の福祉の仕事。
見た者の責任。
かかわった者の人生。運命。
28歳の時に病院会に入り、全国の民間病院を見学しました。
老人病院では、患者は、ベットに縛られ、薬漬けにされ、鍵の掛かった部屋に閉じ込められていました。
大部屋で、カーテンすらありませんでした。
看護介護上やむ終えない、という理屈ではありません。
人間として耐えられない。
その現場で、自分の目で、見てしまったら。
どんな認知症で暴れたとしても、こんな病院に親は入れられない。
せめて、自分の親を入れられる病院を作ろう。
その思いで、湖山病院を立ち上げたのです。
30年前の35歳の時です。

3.解説【6月16日】見た者の責任

  • 「見た者の責任」という言葉を読んだら、非常にショックを受けました。
  • 見たらかかわった者の人生や運命に義務があるのは気づきませんでした。
  • 代表が老人病院を見た為、親を入れられる病院を作ったのもそういうことでしょう。

6月 目録
用户7825 用户7825
5 个月前
34

扫描下方二维码手机阅读文章