【6月20日】日記


招聘担当也会进行教育/採用担当が教育もする

alt text

1.中文【6月20日】招聘担当也会进行教育


在我当图书委员长的那所高中,还留存着学生运动的痕迹。
泰成委员长讨厌方棒暴力和示威,在市民运动中寻找和平运动的未来。
但是,黑暗的权力斗争还在继续,校内也还残留着不安定的气氛。
当上了摄影部部长,经常挂着相机,可能是一种保护自己的手段。
我想当时的自己,是想让校内看到,以记者的立场站在那里的勇敢的泰成。
我可能觉得我在勇敢地战斗,但现在我知道我在保护自己,因为我害怕了。
我还担任过高中笔友会母校的会长。
我想,与其说是为了宣传因学生运动而出名的高中的光景,不如说是为了吐露自己的内心。
但是,当文部科学省要求我担任全国高中生文通会的会长时,我回答说还是饶了我吧,因此放弃了文通会。
我真希望我当时没有放弃,这让我很后悔。
到了现在才后知后觉注意到的事情有很多。
这就是所谓的上了年纪,开始反省人生的意思吗?
现在的自己,心里已经没有余力去怀念人生。
我当时无法想象世界政治会发生如此大的变化。
从日本财政凋敝到波及到医疗保险和介护保险的财政凋敝。
本应富裕的日本中产阶级家庭的弱势。
别说是社会改革,我担心日本的医疗、介护、保育等社会福祉事业将从疲惫走向崩溃。
我一直梦想着建设以老年人医疗·介护设施为中心的地区。
我以为我们终于到了从设立存续到发展为社区服务的阶段。
但是,新冠病毒社会到来后,一边预感社会崩溃的不安和医疗介护多米诺骨牌崩溃的风暴,一边日夜掌握着湖山G的经营缰绳,每天都感到不安。
在银座开展了今年录用应届毕业生的说明会。
虽然是3个人,但很高兴,作为代表我也出面打招呼了。
满脸灿烂的笑容,很感激。
无论哪个时代,年轻人都想对社会有用,想做对别人有益的工作。
然后像这样,走向社会。
现在也依然如此。
但是,入社几年就辞职的新人很多,现实如何呢?
招聘负责人也很单纯,很努力。
共同相信湖山G。
但是,接受年轻人的设施的设施长、介护长、上司们是怎么想的呢?
我认为招聘负责人入职3年后,应该作为主管上司负责设施运营教育。
另一方面,设施长、介护长不也应该从聘用开始担任吗?
也就是说,有3个从录用开始负责3年的设施长介护长团队,每3年任期就会发生变化,这样的话怎么样呢?
招聘负责人也了解设施运营的实际情况。
设施长介护长也从学生说明会开始承担责任。
各位,这样怎么样呢?
从收到赞成邮件的设施开始实施。
因为职位者增加了3倍,所以是去做自己想做的事情的机会。
我特别为那些担心现状、对被录取的学生心怀责任的招聘人员感到抱歉。
录用前,在学生说明会上,我也一起讲述了湖山的梦想。
招聘负责人,对这个孩子,对这个孩子的父母,选择湖山G的事有责任。
走进设施,和我重新审视教育计划吧。
让我们亲眼看看录用的新人的成长吧。
湖山的设施不是小学,而是研究生院。
要让他们成长为一个更成熟的人,更专业的人。
咨询员是船的领航的副馆长。
也在考虑,是不是招聘人员也应该在海上实战中,成为分管教育的副馆长。
等待有心人的意见。

2.日文【6月20日】採用担当が教育もする

昨日は月一回の経営基本会議。
湖山Gの経営の中枢会議。
コロナ迄は、月末の週末金土の2日間、銀座事務所に70人位幹部が集まり、月次報告会議をしていた。
蜜蜜の株式総会みたいだった。
グループ全体の状況報告が先にある。
新卒採用状況、大きなイベント、新規開設施設の予定、全体財務状況、私の経営方針指示。
そして、各法人の月次報告。
事故や行政監査報告も。
良い事も悪い事も、隠さず、共有する。
全国から、法人幹部が銀座に集う。
幹部達は、夜は銀座で情報交換。
銀座周辺のビジネスホテルを探して各自で宿泊している。
オリンピックに向けて、新規開業のホテルの状況が分かり、銀座の発展をひしひしと感じた。
でも、オリンピック後は、そのホテルはやがてどうなるのだろうか。
などと考えているうちに、このコロナ世界。
誰も銀座に来なくなった。来れなくなった。
銀座事務所の1番大きなスペーのスタジオから、zoom会議。
映画の作戦本部、コマンドルームみたいな雰囲気。
大きなスクリーンに何十人の顔が並んだり、発表者の顔が大写りになる。
大変便利であり、発表者の交代の時間がないので、会議はスムーズ。
今までは、1日半かかった会議が、オンライン会議になって、1日で済むようになった。
つまり、宿泊の必要も、出張の必要も無くなってしまった。
寂しいとも言える。
テレビ画像では、微妙な表情や視線や雰囲気がわからず、国会の報道か、記者会見の風情。
つまり、一方的になりやすい。
昨日は、予定時間より、少し早く終わった。
今までは、私が、質問責めで、時間が長引くのが当たり前だったが、昨日は違った。
報告内容にツッコミどころがあまりないのだ。
順調に、稼働も、採用も、財務も計画通り進んでおり、コロナも抑え込んでいる。
坦々とした平穏な施設状況に見える。
でも、それを維持する為には、地味だが、絶え間ない努力と忍耐の継続である。
私も、参加者幹部も、お互いにその事がわかる。
お互いの静かな畏敬と励ましを感じる。
私が発言するシーンがほとんどない。
湖山Gは成長した。
素晴らしいと思う。
でも、努力と発展は止まる事ない。
何の為か。
今年も来年も入職してくる新人の未来の為だ。
採用専門チームを孤独にさせず、採用から3年間は教育に継続して関わるようにする。
施設長も、採用から関わり、継続的に人間的に責任を持つ。
愛情と責任。
より一層、新人若者に愛情と責任を持てるように、法人組織を組み立て直す。
採用業務担当と、施設運営担当を回転ドアのように、ローテートさせる。
採用担当者の副施設長職を新設する。
来期からではない。
今日からだ。今からだ。
今日も、就職希望のゼミ学生1人と会食する。
担当教授も、湖山の採用側の役員も同席する。
手間暇ではない。
湖山に期待してくる、学生の心に触れたいからだ。
私も、法人の経営理事も。
1人の学生の採用は、その人の人生の責任の一部を担うことだと思う。
30過ぎの、自己判断で就職先を選ぶ大人とは違う。
親御さんの、我が子への期待を引き継ぐ事だと思う。
私が、今年の決算よりも、10年先の湖山Gの発展を考えるのは、この子達の10年後の人生が豊かで幸せであれかしと願うからだ。
また、責任があると思うからだ。
神にも祈る。仏にも願う。
でも、その前に私達は、自ら必死に働く。
湖山の子らの為に。

3.解説【6月20日】採用担当が教育もする

  • 代表は現在の湖山の運営に満足していますが、新人の幸せな10年後を祈っています。
  • 一人を採用した限り、その人の人生の責任及び幸せの一部を負うべきだと考えます。
  • 湖山は責任感のある企業とし、是非この子と親御さんの期待を満たして欲しいです。

6月 目録
用户7825 用户7825
5 个月前
14

扫描下方二维码手机阅读文章