【6月14日】日記


代表室无处不在/どこでも代表室

alt text

1.中文【6月14日】代表室无处不在


说到湖山G,那就是银座。
要说为什么,那是因为湖山是以银座唯一急救指定医院的身份创业的。
创业的老板就是我本人湖山泰成,第一任理事长院长就是父亲湖山聖道理事長。
因此,银座又被称为元祖银座、本家银座。
不过,最开始银座只有医院等银座医院,但是今后银座依然会是银座最大的医疗机构。
在银座购买了大型大楼,租户大楼的一部分作为银座事务所使用,不久之后,那里预计也会将事务所变成诊疗所。
银座是医疗诊疗、服务的第一线,所以很有价值。
银座是以医疗机关的形式存在,所以很有价值。
银座品牌老字号将维持在银座总店销售产品的一线位置。
即使再怎么样在百货商店设立分店,总店也不能是只充当银行交易的本部会计事务所。
现业务是银座总店,事务所、工厂、仓库都在银座以外。
以前在築地、月岛比较多,但现在迁移到了更远的郊外。
银座的生意、顾客的密度浓度也相应地上升。
金额和质量都提高了。
虽然银座的公司大楼也有很多租户,但是今后打算增加诊疗所。
将其打造成银座最大的诊所商场。
诊所附带的事务所也很庞大,要把那里建设成为优秀的医疗会计、医疗事务的培养所。
医院也好,特养也好,事务都在设施里。
因为和现场是一体的,所以事务和经营能力都有所提高,得以发挥作用。
我从28岁做常任理事开始,每周夜间值班,因此了解到了急救医院工作人员的辛苦。
白天,在医院的挂号处后面放置桌子,接待急诊患者和处理所有门诊的投诉。
作为诊疗现场的幕后工作人员,培养了作为支持医师看护师团队的一员的事务人员。
只有事务,如果在别的事务所说了是总部的话,是完成不了团队医疗介护的。
新冠病毒奥运会期间,国家强制要求在家工作。
银座事务所的工作人员将从银座开始,将关东周边的大型设施内部作为卫星办公室,转变为在家办公为主的体制。
相应地,我的第一线指挥会走到前面。
因为,组织的体制安排会发生变动。
但是,对于只知道看不到现场的银座的事务职员来说,这是了解湖山医疗介护精髓的好机会。
因此,我对一线员工的辛苦感同身受,并认为这是一个让大家成为真正的团队一员的良好教育机会。
不仅是介护泡沫破裂,一旦要开始偿还新冠状病毒贷款,很多医疗介护设施的经营将陷入困境。
那个时候湖山G经营的被需要程度,要比现在更多吧。
那个时候,最需要的是了解现场,能和现场交谈的事务长。
没有比不了解现场情况的傲慢的理事、事务长更受现场看不起和反感的经营者了。
那件事我亲身经历过,品尝过那种辛苦,所以很明白。
我觉得现场的人的心情是一样的。
一线现场的医生、看护师、介护福祉师、全体辅助医疗工作人员不计亏空,为攸关生命的工作而自豪地努力着。
对于只知道决算书和发票,在会上夸大其词的办公人员,我从心底里看不起他们。
我想老字号的职人的世界、专业体育、专业音乐人的世界、IT风险投资的世界都是一样的。
从银座老字号的大学毕业的第2代人所经历的艰辛都是与父辈的工匠建立信赖关系所经历的艰辛。
大家,进入现场,体验现场,知道现场,被现场虐待,不过,不久就会得到现场的认可。
现在,电视里出现的银座老店的年轻社长便是如此。
而且,开发出符合当今时代的新产品,实现公司复兴的第2代第3代都是克服这些困难的年轻社长。
我加入银座少东家协会已经37年了。
从最年轻的年轻会员到自称隐居的这段时间里,我也见证了他们的世代交替。
我要在自己健康的时候,自己培养出湖山G的事务管理者、经营者。
正因为是事务管理者出身的经营者,所以要看重现场第一,事务是后方支援。
上层建筑,不是母公司。
医疗法人和社会福利法人的法人本部都在设施内。
设施管理事务也都在设施接待处后面。
忘记现场,建造漂亮的总公司大楼并开设店铺,这样的公司都会面临危机。
湖山G不会让你这么做的。
包括事务在内的所有工作人员,要跟现场一体成长。
首都圈的所有设施的启动,我都要自己仔细地关注。
银座的大楼的事务所,也变成了新的诊疗所现场。
银座是提供收益服务的最前线。
成为产生利润收益的地方。作为银座最先进的诊所。
后勤事务将在关东地区的大型设施内实现一体化。
仅靠会计事务所是培养不出作为设施管理者的事务长、总务部长的。
所以,现在的代表室是诊疗所的理事长。
载着我在全国各地巡游的车,不管是哪个法人的车,都会成为湖山G运载器No.1。
不幸的是,由于没有直升机,还没有“海军陆战队一号”(Marine One)。
不管是哪个法人房间,那个房间就是我的理事长室、代表室、办公室。
33.舰队自主运行。
为了保证这种独特性的经营,我会亲自指挥。
地方法人在首都圈开设新设设施的体制还在继续。
即使是地方法人,也要建立符合首都圈文化的设施运营。
要建立不输新冠状病毒的医疗型养老机构运营。
在每个特养院,重新配备一线急救医院的医生作为顾问医生也是其中的一环。
无论花费多少费用经费,都将维持冠状病毒集群零体制。
零新冠,万一发生新冠,湖山G也会举集团之力,全力以赴。
去救援。
代表会死守那个经营方针。
这件事是为了得到全体职员的信任而成立的。
相信大家都在死守现场。
NPO是招聘和培训管理中心。
想着力培养新的设施运营管理者。
因为我自己要亲自进行人事任命。
要熬过现在的新冠状病毒风暴,还需要两年时间。
其次是医疗介护设施的经营困难。
这既是湖山G的危机,也是湖山的社会使命。
最近,我开始想要长寿一些。
我想每一天都尽我最大的努力工作。
希望全体工作人员都能理解。
希望眼前的设施长能够得到帮助。
拯救设施,需要你们大家的力量。
最终,这将成为你的责任和工作。
希望你为了你自己的生活,
能接受责任和命运。
我相信,你们正是因为有接受责任和命运的觉悟,才会来到经营医疗福祉的湖山G。
尽到这个责任吧,和我一起。

2.日文【6月14日】どこでも代表室

湖山医療福祉グループと言えば銀座である。
それは、何故かと言えば、創業が銀座の唯一の救急指定銀座病院が創業だからだ。
その、創業オーナーが、小生湖山泰成であり、初代理事長院長が、故湖山聖道理事長であった。
それで、元祖銀座、本家銀座と称して来た。
もっとも、銀座に病院など、銀座病院しかなかったし、今後も銀座医院が銀座最大の医療機関である事は変わらない。
銀座で大型のビルを購入し、テナントビルの一部を銀座事務所として使っているが、そこもやがては、事務所を診療所にする予定だ。
銀座は医療診療、サービスの第一線だから価値がある。
銀座は医療機関として存在するから価値がある。
銀座ブランドの老舗は、銀座本店で商品を売る第一線の場を維持する。
どんなに、デパートに支店を出しても、本店を銀行取引の為の本社経理事務所だけにしたりしない。
現業が銀座本店で、事務所、工場、倉庫は、銀座以外にある。
昔は築地、月島に多かったが、今はもっと郊外に移転した。
銀座はその分だけ、商売、お客の密度濃度が上がった。
金額も、質も高まった。
銀座の自社ビルもテナントが多いが、これからは、診療所を増やす予定だ。
銀座最大のクリニックモールにする。
クリニックに付随する事務も膨大だが、そこは、優秀な医療会計、医療事務の養成所にする。
病院も特養も、事務は施設にある。
現場と一体だから、事務も経営も能力が上がり、機能する。
私は、28歳の常任理事の時から、毎週夜間当直をして、救急病院のスタッフの苦労を知った。
病院の受付の後ろに日中、机を置いて救急患者の受け入れと全ての外来のクレームに対処した。
診療現場の裏方として、医師看護師をサポートするチームの一員としての事務方を育てた。
事務だけが、別の事務所で本部ですといったら、チーム医療介護は完成しない。
コロナオリンピック期間、在宅勤務が国から強要される。
銀座事務所のスタッフは、銀座から、関東周辺の大型施設内をサテライトオフィスとして、在宅勤務中心の体制に大転換する。
その分、私の陣頭指揮が前面に出る。
組織の体制配置が、流動的に変更されるからだ。
でも、現場の見えない銀座しか知らない事務職員にとっては、湖山の医療介護の真髄を知る良い機会となろう。
そこで、現場職員の苦労を共感し、真のチームの一員となる、良い教育の機会と私は考えている。
介護バブル崩壊ばかりか、コロナ融資の返済が始まると、多くの医療介護施設の経営が窮する。
その時に湖山Gの経営が頼りにされる事が、今以上に多くなろう。
その時に、1番必要なのは、現場を知っている、現場と話のできる事務長が、1番必要になる。
現場を知らない、タカピーの理事、事務長くらい、現場から馬鹿にされて反感を受ける経営者はいない。
その事は私自身が体験し、苦労したから良くわかる。
現場の人の気持ちは同然だと思う。
現場の医師、看護師、介護福祉師、全パラメディカルスタッフは赤字黒字関係なく、命の仕事に誇りを持って頑張っている。
決算書と伝票だけしか知らず、会議で偉そうな事を言う事務屋を、心から軽蔑している。
老舗の職人の世界も、プロスポーツ、プロミュージッシャンの世界も、ITベンチャーの世界も同様だと思う。
銀座の老舗の大学を出た2代目の苦労話は皆、親の代からの職人との信頼関係を作るまでの苦労だ。
皆、現場に入り、現場体験をして、現場を知り、一度は現場に虐められるが、やがて、現場に認めてもらう。
今、テレビに出てくる銀座老舗の若い社長。
しかも、今の時代にあった新商品を開発して、会社の再興を成した2代目3代目は皆、その苦労を乗り越えた若社長だ。
私も銀座若旦那の会に入って37年になる。
私も最年少の若手会員から、御隠居を自称するまでの間、その世代交代を見てきた。
私は、自分が元気な内に自ら、湖山Gの事務管理者、経営者を育成しなければならない。
事務管理者出身の経営者だからこそ、現場第一、事務は後方支援。
上部構造、親会社ではない。
医療法人も社会福祉法人も法人本部は施設内にある。
施設管理事務も皆、施設の受付の後ろに控えている。
現場を忘れて、立派な本社事務所ビルを建てて、店舗展開した会社は、皆、危機を迎える。
湖山Gはそうはさせない。
事務を含めた、全てのスタッフが、現場から、一体となって育つ。
首都圏の施設立ち上げは、全て、私自身がきめ細かく見守りたい。
銀座のビルも事務所は、新しい診療所に現場に変わっていく。
銀座は、収益サービス提供の場であって、最前線にする。
利益収益を生む場所にする。銀座最先端のクリニックとして。
後方事務は関東地域の大型施設内で一体化する。
経理事務所だけでは、施設管理者としての事務長、総務部長を育てられないのだ。
だから、今ある代表室は診療所の理事長となる。
私を乗せて、全国の施設を回る車は、どの法人の車であっても、湖山GビークルNo.1となる。
残念だが、ヘリコプターはないので、マリーン1はまだない。
どの法人の部屋に人取っても、その部屋が私の理事長室、代表室、執務室となる。
33艦隊自律的な運行をする。
その独自性の経営の担保の為に私自身が陣頭指揮をする。
地方法人が首都圏に新設施設を開設する体制はまだ、続く。
地方法人であっても、首都圏文化にあった施設運営を確立しなければならない。
コロナに負けない、医療型介護施設の運営を確立しなければならない。
どの特養ホームにも、第一線の救急病院の医師を新たに顧問医師として配置するのもその一環。
どんなに費用経費をかけても、コロナクラスターゼロ体制を維持する。
コロナゼロは、万が一コロナが発生しても、湖山Gはグループを挙げて、全力を尽くす。
救援に行く。
代表がその経営方針を死守する。
その事を全職員に信用してもらう事があって、成り立っている。
皆、現場を死守してくれているのだと信じている。
NPOは採用研修事務センター。
新たな施設運営管理者の育成に力を入れたい。
私自身が直接人事任命をしなければならないからだ。
今のコロナ嵐を乗り切るのに、まだ、2年はかかる。
その次には、医療介護施設の経営難が噴出する。
それは、湖山Gの危機でもあり、湖山の社会的使命でもある。
最近、長生きしたいと、節に思うようになった。
1日1日を精一杯仕事をしたいと思うようになった。
全スタッフに理解してもらいたい。
目の前の施設長を、助けて欲しいと願う。
施設を救うには、君の力がいる。
やがては、君の責任、仕事になる。
責任と運命を受け入れてほしい。
君自身の人生の為に。
受け入れる覚悟があるから、医療福祉の湖山Gに来たのだと私は信じている。
その責任を果たそう、私と一緒に。

3.解説【6月14日】どこでも代表室

  • 今の課題はコロナ嵐を乗り切ることですが、その次には、医療介護施設の経営難が噴出するのが問題です。
  • その危機や湖山の社会的使命に対応するために、今から問題点を意識しながら、解決策を考えなければなりません。
  • そのために、新たな施設運営管理者の育成に力を入れて、施設長のことを全スタッフに理解してもらいたいです。
  • 一人の力はあまり弱いですので、施設を救うには、一人一人が責任をとって全力を尽くして仕事をするのは必要です。

6月 目録
用户7825 用户7825
5 个月前
44

扫描下方二维码手机阅读文章