【2月13日】日记


三色文化/三色の文化

alt text

1.中文【2月13日】三色文化


选任奥组委主席时出现了纠纷。
这是证明日本的评选委员会没有实际作用的实例。
外国大企业的评选标准和评选委员都是固定的。
如果是理事会选举,从一开始就决定好顺序,不是什么难事。
日本式的事先疏通,以及由村长负责的人事安排,在世界和东京都行不通。
要根据国际奥委会的世界规则,世界文化,
日本国家政治权力,自民党政府文化,
举办地东京都的市民文化,
三种文化的差异是水、油和醋。
如果谈国体的话,就不会成为这样的问题了。
奥运年赶上新冠。
面对这样的情况,领导人还没有出现,这很符合日本特色。
不同文化的统合是很难的。
顶多是为了不引发战争而进行调整。
那么,湖山集团呢?
湖山集团不是现代国家,而是江户幕府。
也就是幕藩体制。
全国的各医疗法人、福祉法人、公司是独立法人。独立认可。
是各藩。
作为理事长的我也许是大名,但各地的御国,实际上是由家老的经营理事来经营的。
作为团体,有NPO,从事招聘、教育、学会、活动等。
可以说,湖山集团就像横梳。
湖山的组织,盾线和横向的线很牢固。
湖山文化不会成为一锅杂烩。
而是像一碗沙拉,每种蔬菜都各自坚挺。
我喜欢浓汤,年轻时经常做。
虽然同样染上了湖山清汤的味道,但配料依然很扎实。
啊,这么说来,关东煮也是如此。
谁要来制作湖山关东煮吗?

2.日文【2月13日】三色の文化

オリンピック会長の選任で揉めている。
日本では、選定委員会が実質的に機能しない事の実例となった。
外国の大企業だと、選定基準、選定委員が決まっている。
最初から、理事会選挙であれば、順当に決まり、何でもなかったろうに。
日本式の根回しと、村の長の落とし所にうまくまとめるという人事は、世界と東京には通じなかった。
IOC 世界のルール、世界の文化
日本国家の政治権力、自民党政府の文化
開催地東京都の市民文化
三つの文化の違いは、水と油と酢。
国体だったら、これほどの問題にならなかったろうに。
オリンピックの年にコロナ。
これほどの状況になっても、リーダーが現れないのは、日本らしい。
異文化の統合は難しい。
せいぜい、戦争を起こさないように、調整するくらいだ。
さて、湖山Gはどうだろう。
湖山Gは近代国家にあらず、江戸幕府。
つまり、幕藩体制。
全国の各医療法人・福祉法人・株式会社は、独立法人。独立認可。
各藩である。
理事長の私が大名かもしれないが、各地の御国は、家老の経営理事が実質的に経営している。
グループとしては、NPOがあり、採用、教育、学会、イベントをしている。
湖山Gの横櫛とも言える。
湖山の組織は、盾の糸と横の糸がしっかりしている。
湖山の文化は、シチュウにならない。
サラダボウルのように、野菜が個別にしっかりしている。
その中間のポトフが好きで、若い時は、良く作った。
同じ湖山コンソメの味に染まっているが、具は崩れずしっかりとしている。
ああ、そういえば、おでんもそうだった。
誰か、こやまおでんを作りませんか。

3.解説【2月13日】三色の文化

  • 代表はオリンピック大会組織委員会の会長の選任問題で異文化の融合を連想しています。
  • オリンピックは国、大会組織委員会、東京都の三者で進められることになっています。
  • 三者の組織文化が異なっているために、いろいろと支障をきたすことが予想されます。
  • 互いに組織文化の違いを認め合い、ワンチームで取り組み、ぜひ成功を収めてほしいものです。

alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章