【2月4日】日记


大家都不同,大家都知道/みんな違って、みんな知っている

alt text

1.中文【2月4日】大家都不同,大家都知道


湖山的设施,有各种设施体系。
地区从银座到中山间,还有濑户内海。
不同的时代也对工资行情有影响。
银座的医院,和银座的工资行情一致。
护士的值班津贴每隔几年就涨一次。
有一年,放射科医师工资也涨了。
配药局成立后,药剂师的初任工资一下子上涨了。
地方的介护设施,与当地社协的工资体系和町立医院的工资体系相一致。
当法人进入关东后,工资体系也完全不符合当地标准。
即使在地区补贴上有所差异,也无法弥补。
地区的多数法人根据地区情况自由经营,后来各自成为广域法人,人事交流也开始了。
虽然一直在调整整体的就业规则和工资规定,但能调整到何种程度就很难说了。
新加入湖山的法人设施都有不同的历史。
湖山就像EU。
全体共享的是医疗福祉的理念和目的。
还有更重要的是使职员的人生更幸福。全家更幸福。
这是湖山永远的烦恼和主题。
成为想让父母入住,自己也想入住的医院设施。
为了实现理念理想,福利待遇的服务不能在法人之间存在不公正。
为了减少不公平、歧视的负面影响,有两个处方。
一是让工作地定期移动,使全员平等。
轮流进行没有值班的门诊、日间护理和有值班的住院、入所工作。
用补贴拉开差距。
二是信息共享、公开。
为了不让员工觉得只有自己的部门是自家如意算盘,全体员工都能了解其工作体制和工资,并接受。
那个部门的补贴比自己的部门高,但是知道了理由就接受了。
如果有不满的话,可以去那里。
那个部门和自己的部门不同,虽然可以在家办公,但是管理得很好,并不是糊弄人就能乐在其中的,全体职员都能理解。
信息公开、信息共享、定期轮岗。
大企业理应如此。
湖山集团也成了大企业了吧。
在医疗界,医院职员的单间住院免费是理所当然的。
在介护界,没有这样的习惯,大家也不知道。
不知道有这种事。
介护设施的职员在湖山集团的医院住院时,是否也能得到同样的待遇呢?
至少房费能减半吗?
相反,医院职员在使用介护设施时也一样。
曾经在湖山研究过企业型单一健康保险工会。
健康保险工会能否给予补偿?
如今,健保工会的财政困难再次引起了争议。
必须要考虑湖山式福利待遇的公正统一化。
这将成为永远的主题。
没有完美的解决方法。
但是,我们不会对这种矛盾和不公正视而不见。

2.日文【2月4日】みんな違って、みんな知っている

湖山の施設は、あらゆる施設体系がある。
地区も銀座から、中山間地、瀬戸内海もある。
時代の違いも、賃金相場に影響がある。
銀座の病院は、銀座の給与相場に合わせる。
看護師の当直手当は、数年毎に上がった。
ある年は、放射線技師が。
調剤薬局が出来ると、一気に薬剤師の初任給が上がった。
地方の介護施設は、その地の社協の給与体系や、町立病院の給与体系に合わせた。
その法人も、関東に進出すると、全く、給与体系が合わない。
地域手当で差をつけても、補いきれない。
地域の多数の法人が地域に合わせて自由に経営してきたが、それぞれが、広域法人になり、人事交流も始まった。
全体の就業規則、給与規定を常に調整してきたが、もう、調整程度では、無理かもしれない。
新しく湖山に参加してきた法人施設は皆、別の歴史を持っている。
湖山は、EUみたいだ。
その全体に共有するのは、医療福祉の理念、目的。
それより、職員の人生、幸せ。家族全ての。
湖山の永遠の悩み、テーマ。
親を入れたい、自分が入りたい、病院施設。
理念理想を実現させる為には、福利厚生のサービスを法人間に不公正があってはなりない。
不公正、差別の悪影響を減らす為の処方は2つある。
職場の定期移動を全員平等にする。
当直のない、外来・デイと当直のある入院・入所勤務をローテーションさせる。
手当で差をつける。
もう一つは、情報共有、公開。
自分の部署だけお手盛りと思われないように、全職員がその勤務体制、賃金を知る事ができ、納得している。
あの部署の手当が自分の部署より高いが、理由を知って納得している。
不満があれば、そこへ、移動を希望できる。
あの部署は自分の部署と違って、在宅勤務ができるが、ちゃんと管理されていて、誤魔化して楽しているわけではないと、全職員が納得している。
情報公開、情報共有、定期的なローテーション。
大企業なら当たり前。
湖山Gも、大企業になって来たのだろう。
医療の世界では、病院の職員は個室料金は無料が当たり前。
介護の世界では、そのような慣習はないし、皆知らない。
その事、事態を知らない。
介護施設の職員も、湖山Gの病院に入院するときには同様の待遇を受けられないだろうか。
せめて、室料半値にならないか。
逆に、病院職員が介護施設を利用する時も同様。
湖山で企業型単一健保組合を検討した時代もあった。
健保組合で、補償ができないか。
もう、健保組合の財政難が改めて論議されている。
湖山式福利厚生の公正な統一化を考えなければならない。
永遠のテーマとなる。
完璧な解決方法はない。
だが、その矛盾、不公正に目をつぶることはない。

3.解説【2月4日】みんな違って、みんな知っている

  • 代表は、湖山Gの法人の間で職員の給与に違いがあることについて話しています。
  • 給与の違いは確かにあるが、その違いの意味、理由をみんなが知ることが大切です。
  • 違いを理解したうえで、定期異動を全員平等にすれば職員の待遇も高められます。
  • 職員の幸福を大切にする湖山Gの理念の実現が感じられる話でした。

alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章