【2月23日】日记


湖山永远第2.5位/湖山は何時迄も2.5位

alt text

1.中文【2月23日】 湖山永远第2.5位


一家大型娱乐制作公司的创始人说。
第二位不是仅次第一位,而是101位。
这就是在全国市场竞争的结果。
以前,日本第二大摩托车制造商向第一名发起挑战,眼睁睁地看着,差点被击溃了。
美国的第二大超市,挑战第一,倒闭了。
第二名让他处于不得不挑战王者第一的位置。
世界排名第二的拳手要不断挑战第一。
银牌得主没能夺得金牌并没有受到球迷的指责,但他却在呻吟。
副社长要么是社长的秘书,要么反过来,把社长赶走,自己当社长。
这是个相当痛苦的位置。
而如果你的成绩是第四名或更低,没有人会记得你。
因为它连最好的三个名单都进不去。
湖山是以第一名为目标的吗?
我不打算这样做。
也没有这个能力。
如果你专注于首位,集中在哪一个上,多样性就会消失。
如果可能的话,综合医院、综合大学。
尽管,百货公司已经成为一种过时的商业模式。
我觉得湖山可以成为一家社会保障的百货商店。
经营上能不能支撑得住我没有信心。
从一开始,在基础自治体层面,湖山不是「NO.1」,而是「Only1」。
在人口不到2万的城镇,现实中只有一家医院和老健养老设施。
这是因为我们最初被邀请扩展没有老健养老设施的城镇开始的。
我们希望培养一种平和、令人信服的合理的、不被竞争消耗的医疗介护服务。
没有金钱和能力的年轻人,从用自己的脚走路开始。
我们并不以成为日本第一、县内第一为目标。
不,它在我的视线之外。
平凡的人可以做平凡的事,平凡的介护关怀。
城镇小学在日本任何地方都能找到。
无论哪个车站前都有大众食堂,荞麦面店。
即使是默默无闻,也不是很了不起,不是很好吗?
如果职员能和家人一起过安宁的生活的话。
毕竟,我只能经营符合我的身高和理念的,这样模式的企业。
即使是第3名,也不想从前3名中掉下来的第3名。
请想想F-1比赛或马拉松比赛。
Slipstream跑法是指跑者紧紧跟在最前面的跑者身后,避免逆风的磨损,在终点线前一下子超过他的一种跑步技术。
避开第一、第二名的激烈竞争。
但是,无论什么时候都有可能超越第2名的第3名怎么样呢?
我把那个位置命名为第2.5位。
这是一场人生马拉松,不引人注目,合理而又不疲惫。
没有勉强的工作,没有逞强的生活。
这就是湖山所追求的人生。

2.日文【2月23日】湖山は何時迄も2.5位

大手芸能プロダクションの創業者が、言っている。
2位は1位の次じゃない、101位だ。と。
全国規模のマーケット競争では、そうなる。
昔、日本第2位のオートバイメーカーが、1位に挑んで、散々な目にあって、潰れそうになった。
アメリカの第2位のスーパーが、1位に挑んで、倒産した。
2位は1位のキングに挑戦しなければならない立場に追い込まれる。
世界第2位のボクサーは、1位に挑戦し続けなければならない。
銀メダリストは、金を取れなかった故に、ファンから責められる訳でもないのに、本人は呻吟する。
副社長は、社長の秘書役か、逆に社長を追い落として、自ら社長になる。
結構辛い位置なのだ。
と言って4位以下になると、誰も覚えてくれない。
ベスト3のリストにも載らないからだ。
湖山は1位を目指すのか。
目指しません。
その力もないけれど。
トップになるべく、どれかに集中すると、多様性は失われます。
できる事ならば、総合病院、総合大学。
百貨店は時代遅れのビジネスモデルとなりましたが。
湖山は、社会保障の百貨店になっても良いと思う。
経営的に支え切れるかは自信はありませんが。
湖山は基礎自治体レベルでは、最初から、ナンバー1ではなく、オンリー1なのです。
人口2万人以下の町では、病院や老健は1つしかないのが実態です。
元々、老人保健施設のない町に、進出を要請されて始まったのですから。
競争に消耗される事なく、落ち着いて、納得できる無理のない医療介護を育てたい。
金も力もない若者は、自分の足で歩く事から始めます。
日本一も県下トップも目指しません。
いや、眼中になかったのです。
普通の人が普通にできる、普通の介護。
全国どこにでもある、町立小学校。
どこの駅前にもある大衆食堂、お蕎麦屋さん。
無名でも、立派でなくとも良いではないか。
職員が、家族と共に安寧な暮らしが出来るならば。
所詮、私の身の丈に合った経営しかできません。
3位で合っても、ベスト3から落ちそうな3位はいやです。
F-1 レースやマラソンレースを思い出してください。
トップ走者の背後にピッタリ着けて、向かい風からの消耗を避け、ゴール前で一気に抜き去る走法を、スリップストリーム走法と言います。
1位と2位の過酷な競争を避けます。
でも、何時でも2位を抜けそうな3位はどうでしょう。
そのポジションを2•5位と名付けます。
目立たず、無理のない、消耗しない、人生のマラソンです。
無理のない仕事で、背伸びのない暮らし。
それが、湖山の目ざす人生です。

3.解説【2月23日】湖山は何時迄も2.5位

  • 代表は、絶対に1位を獲るといった過酷な競争を避ける方向で湖山の目ざす人生について述べています。
  • 会社経営も人生も、一本勝負ではなく、戦略を決め、消耗を避け、ゴール前で一気に抜き去るマラソンです。
  • 順位を競うよりも職員が家族と共に安寧な暮らしができることを重点にするのは湖山だけでしょう。
  • マーケットの本質を理解した上で決定した無理のない戦略は“長生きする”コツだと考えます。

alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
3

扫描下方二维码手机阅读文章