【2月10日】日记


城镇成为医院 /街が病院になる

alt text

1.中文【2月10日】城镇成为医院 


从去年开始,在神奈川县的特养老人院进行新的病床传感器和数据系统的研究开发实验。
当然,是与世界知名的大企业进行合作研究。
话虽如此,还是在湖山进行测试。
在现场实际使用。
我收到了中期报告。
效果很棒。
它的功能是目前病床传感器的3倍。
世界最先进的传感器和数据的计算机分析开发出了令人难以置信的医疗功能。
印象深刻的是,躺着就能自动测量体重。
在介护设施,每天测量体重。
为卧床不起的老人测量体重,实际上非常耗费时间和精力。
一年测量体重的劳务时间合计起来非常庞大。
而且,在疫情时代接触感染的危险很高。
正是看似简单的工作,才需要实现自动化。
与其说是离床传感器,不如说是24小时运转的健康管理传感器。
这些数据不仅会实时传送给服务中心、员工终端,还会传送给合作医疗机构、家庭诊所、顾问医生。
而且还有提示铃。
数据自动进行云端存储。
今后不仅是介护设施,湖山还打算在医院里安装。
如果研究有进展,价格也便宜的话,还想在家使用。
为了实现地域包括care的世界,有必要在整个城镇扩展医疗功能。
城镇变成了医院。
到了那个时代,人们一定会这么说。
有了“看多机”和“床传感器”,老年人医疗介护设施将减半。
我确信那个时代终会到来,湖山要建造顶尖的医院和设施。
我的晚年生活也变得明朗起来。

2.日文【2月10日】街が病院になる

昨年から、神奈川県の特養ホームで、新しいベッドセンサーとデータシステムの研究開発の実験をしている。
勿論、世界に名だたる大企業との研究協力。
と言っても、湖山は、実施テスト。
現場で実際に使ってみるという事。
その、中間報告を受けた。
素晴らしい。
今までのベッドセンサーの3倍は、機能が高い。
世界最先端のセンサーと、データのコンピューター解析は、信じれれないような医療機能を開発した。
印象的だったのは、寝たままで自動的に体重測定が出来る事。
介護施設では、毎日体重測定をする。
寝たきりの老人の測定は、実は大変時間と労力がかかる。
年間の体重測定の労務時間は合計すると膨大。
しかも、コロナの時代に接触感染の危険が高い。
単純に見える作業こそ、自動化できる。
離床センサーと言うより、24時間作動の健康管理センサー。
そのデータをリアルタイムで、サービスセンター、スタッフ端末のみならず、協力医療機関、在宅診療所、顧問医師に送る。
しかも、アラームで。
データは自動的にクラウド。
湖山は、これからの介護施設のみならず、病院にも装備するつもりだ。
研究が進み、価格も安くなれば、在宅で利用したい。
地域包括ケアの世界を実現させる為には、街全体に医療機能を張り巡らす事が必要。
街が病院になった。
その時代になれば、人はそう言うに違いない。
看多機とこのベッドセンサーがあれば、高齢者医療介護施設は、半減する。
その時代が来る事を確信して、湖山は素晴らしい病院と施設を作る。
私の老後も明るくなって来た。

3.解説【2月10日】街が病院になる

  • 今回の文章を通じて、最先端のベッドセンサーの機能がいかに優れているか、すばらしいかを知りました。
  • ベッドに寝たままで体重測定できるセンサーと看多機とが普及したら、医療介護の負担は大幅に減るでしょう。
  • これを実現するために、湖山Gは代表の指導の下で、競争力に優れた施設を作ることが大事だと思います。

alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章