【2月24日】日记


向专家学习和教授/専門家に学び、そして教える

alt text

1.中文【2月24日】向专家学习和教授


昨天,有一个为员工举行的慰问会,他们去支持感染了新冠的设施。
这是一个在线午餐会,烤肉便当。
收到了报告书和感想。
我很感激。
正如我所想的那样,饱含艰辛、努力学习后归来了。
今后,这个法人也将以支援派遣经验者为中心,成为一支感染对策小组。
把我们的感染控制团队命名为白外套(白大褂)。
从抗震救灾队取名” Thunderbird”中,受到启发的。
这是从消毒的视角来定义的。
不久,任何法人都有可能发生新冠肺炎病毒感染吧。
届时,团队将立即行动。
该团队将接受来自全国各地的支持团队。
新冠肺炎对策网络团体。
我认为,在当地的野战医院这样的环境中,一起拼了命战斗的战友有很多。
用于控制感染的洗手和长袍技巧也是医学技术。
医生和护士也会拿着染料,在前辈面前学习技巧。
烹饪和舞蹈均由专业老师教授。
外行的自习,是不能达到专业领域。
而通过教学,您可以获得能力的深度和广度。
舞蹈老师可以跳男女两种舞步。
因为学生成了自己的伙伴。
因为你认识到了对方的步子,所以你可以用温柔的步子引导他们。
另外,你也可以毫不犹豫地接受对方的引导。
理解、共鸣与协作,是团队合作的基础。
通过教别人,理解是无所不在的。
就能理解别人的心情了。
即使是职业选手自己也不会注意到自己的缺点。
教练的能力和选手本人一样被评价也是理所当然的。
师父和学生都是共同成长的。
返回队不久也会出动支援。
强大的队伍会更好地成长吧。
这不仅仅是技术。
医疗护理介护的宗旨、理念、价值。
而我们为什么要选择这个职业呢?
现在,一边烦恼,一边辛苦地继续着吧?
你会想的吧。
我想我会一直想下去,直到我死的那一天。
今天是千叶市一家特养老人院的竣工仪式。
我已经很久没有参加,现场出席的活动了。
因为是开工仪式以来,从诞生开始一下子就是成人式了。
考虑到感染对策的新设计。
作为个人美术馆在地区亮相。
我希望它能成为作家一生的个人美术馆。
向湖山的新船员致意。
祝你们今天也快乐。

2.日文【2月24日】専門家に学び、そして教える

昨日は、コロナに感染した施設に支援に行った職員の慰労会がありました。
オンライン昼食会です。焼肉弁当でした。
報告書と感想文を頂きました。
感激です。
私が望んだように、感じ、苦しみ、頑張って成長して帰ってきました。
これからは、この法人にも、支援派遣経験者が中心に、感染対策チームが誕生します。
感染対策チームをホワイト・コート(白衣)と名付けました。
地震対策チームをサンダーバードと名付けたのに習いました。
消毒のイメージからです。
やがて、どの法人でもコロナ感染が起きるでしょう。
その時は、即、チームが動きます。
そのチームが全国からの支援チームを受け入れます。
コロナ対策ネットワークです。
現地での野戦病院のような環境で、共に命をかけて戦った戦友が多数できたと思います。
感染対策の手洗い、ガウンテクニックも医療テクニックです。
医師、看護師も染料を手につけて、先輩の対面で手技を教わります。
料理も、ダンスもプロの教師に教わります。
素人の独習では、プロの域にはなりません。
そして、教える事によって、自分の能力の深みと広がりを得る事ができます。
ダンス教師は男女両方のステップを踊れます。
生徒は、自分の相方になりますから。
相方のステップを認識しているから、相手に優しいステップでリード出来るのです。
また、相手のリードを戸惑う事なく受け入れられるようになります。
理解と共感と協力は、チームワークの基本です。
人に教えることによって、理解が全方位になります。
人の気持ちを理解できるようになります。
プロ選手も、自分では、自分の欠点に気が付きません。
コーチの能力が選手本人同様に評価されるのも当然です。
師匠も生徒も共に成長するのです。
帰還チームも、やがては支援に出動します。
強いチームがより、成長する事でしょう。
技術だけではありません。
医療看護介護の趣旨、理念、価値。
そして、私達は何故このプロフェッションを選んだのか。
今も、悩みつつ、苦労しつつも続けているのか。
考えることになるでしょう。
私は、死ぬまで、考え続けていると思います。
今日は、千葉の特養ホームの竣工式です。
久しぶりに、リアルに出席します。
起工式以来ですから、出産から一気に成人式です。
感染対策を考慮した新しい設計。
個人美術館として地域にお披露目します。
作家の一生の個人美術館にして頂きたいです。
湖山の新しい乗組員に挨拶します。
今日も、楽しい1日である事を祈ります。

3.解説【2月24日】専門家に学び、そして教える

  • 代表は、「教えることによって、生徒だけでなく先生も向上する」という原則を見出したようです。
  • 他人に何かを教えようとする際には、自分がその本質を理解していないと、教えるのは無理です。
  • 発足した感染対策チームが、プロのチームとして他の人に教えることができたら最高でしょう。
  • 素人が専門家に学び、専門家もより成長するという仕組みは、コロナも他の課題も解決できるでしょう。

alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
3

扫描下方二维码手机阅读文章