【2月22日】日记


六国的相谈员/6国の相談員

alt text

1.中文【2月22日】六国的相谈员


在医疗公司、社会福利公司、企业的设施中都能看到相谈员的身影。
但是,即使职位名称相同,其实并不意味着大家的思维方式和价值观念都是一样的。
我觉得理念不同。
医疗是医疗功能的优化。
在新型冠状病毒防疫对策的轻重分类中,床位控制是救命的紧急任务。
如果救了一条命,我希望医院的病床尽快开放给下一个病人。
去养老院,以加快你回家的速度。
福利是对弱者的救济。
我们的理念是倡导和支持那些需要帮助的人和独居者。
很多人认为,相谈员是行政部门的一部分,而不是设施的职员。
有的人认为,对于有需要的人来说,床位应该随时开放。
有些人说,床位满员并不好,因为认为这是民间设施赚钱的一种方式。
特养设施是一种措施,设施运行费用由政府保障的时代,这种想法至今还残留着。
公司是商业企业。上市后也必须分红。
业务拓展,利润扩大,销售第一。
它们和高楼大厦、公寓销售一样,都是由数字驱动的。
无论哪一个,都是出色的工作,在那个行业的常识性的想法。
然而,到了同一家介护保险养老院,家人和职员自身也会有意识转换不起作用的时候。
应该说是公立小学和私立小学的区别吧,官和民的价值观有差异。
3种法人有3种理念。
而且,在东京和地方,地域文化和市场需求也极为不同。
3个法人乘以2个地区,共6种。
我称其为六国相谈员。
三十年前,我从银座到山区农村,从度假区开发中创办了社区养老院,使小镇重新焕发活力。
即使投下私人财产,,以社会福利法人的身份建起了养老院,但当地社会非但没有感激,反而告诉我,他们让建的,说把更多的钱投给当地是理所当然的。
曾经有一段时间,我很受伤,很沮丧,以至于想停下来回家。
这是政治和行政文化的差异,这不是谁的错,最终我们会明白这个道理。
这很痛苦。这是令人沮丧的。我很孤独。最重要的是,我很沮丧。
从那时起,30年过去了,而用于地区振兴的社会福利法人在东京都内每年都有开设特养老人院。
从地方到东京的逆转发展。
虽然是很开心的事,但是这次,是我人生的艰辛重演。。
地方干部在首都圈内,聘用工作人员,让他们理解湖山care理念是很难的。
如果是地方的话,光说是设施长、部长就够尊敬的了,但是首都圈、都市的介护工作人员却没有这样的事。
对干部上司的评价和信赖感一开始都没有。
只有经过长期的艰辛分享,和无数次的培训,才开始敞开心扉。
地方文化和城市文化,就像欧盟和亚洲、中国和美国一样不同。历史也各不同。
语言也不同。
左方向盘和右方向盘的驾驶感觉不一样。
虽然是全国统一的医疗保险、介护保险事业,但真的都不一样。
利用者也好,职员也好,大家都是人,他们的不同是很自然的。
在意识到这是很有人情味的美妙之前,尝过了很多的经验。
上了年纪之后。
虽然多少有点哭诉的感觉,但是不这么想的话,很多事情都无法忍受。
我开始把这样的事情记在日记里,让工作人员听。我觉得自己很幸福。
我想从年轻的时候开始就会变得幸福,但这就是自己的人生。
从无法接受到接受,向着明天活下去。
这是一种边看身后,边看遥远的未来,向前迈进的人生。
今年,地方的社会福利法人也在首都圈开设特养老人院。
我不会再让异文化感到困惑。
湖山G已经建立了一个名为“首都圈相谈部会“的网络,来自三家不同法人的相谈员在这里互相启发、互相学习。
6国的相谈员都到齐了。
这就是支援新法人的新设施的工作人员。
我确信,社区综合护理的实践意味着建构湖山G的Health Care Design Network。
湖山的可靠伙伴会去支持开业。
请放心。

2.日文【2月22日】6国の相談員

相談員は、医療法人にも、社会福祉法人にも、株式会社の施設にもいる。
でも、職名は同じでも、実は、考え方、価値観が皆同じと言うわけではない。
理念が違うと思う。
医療は、医療機能の最適化。
コロナのトリアージで、ベットコントロールは、救命救急優先。
命が救われたら、早く病院病床を次の患者に開けて欲しい。
介護施設に行き、在宅復帰を早める。
福祉は、弱者救済。
生活困窮者、独居者の擁護、支援が理念。
行政の一部で、施設の職員ではないと思っている人も多い。
困っている人の為に、何時もベットは開けておくべきと考えている人もいる。
満床になるのは、民間施設の金儲けの為で、よくないと考える人もいる。
特養が措置で、施設運営費が行政に保障されていた時代の考え方が、未だに残っている。
株式会社は、ビジネス。上場して配当もしなければならない。
事業拡大、利益拡大、営業第一。
マンションやアパートの営業並みに数字に追われる。
どれも、立派な仕事で、その業界での常識的考え方。
それが、同じ介護保険施設となると、家族も、職員自身も意識転換が効かない時がある。
公立小学校と、私立小学校の違いというべきか、官と民の価値観の違いがある。
3種の法人は、3種の理念。
そして、東京と地方では、地域文化、マーケットニーズが極端に違う。
3法人かける2地域で、合計6種類。
私は、6国の相談員と呼ぶ。
私は、30年前に銀座から、地方中山間地に行き、町興しのリゾート開発から、地域密着の介護施設を始めた。
私財を投げ打ち、社会福祉法人で介護施設を作っても、地域からは、感謝されるどころか、作らせてやった、もっと地元にお金を落として当たり前と言われた。
かなり傷付き、もうやめて帰ろうと悔しい思いをした頃もあった。
政治行政文化の違いで、誰が悪いわけでもない、と、やがては理解できるようになるのだが。
辛かった。悔しかった。寂しかった。何よりも悔しかった。
その時代から、30年経ち、地方創生の社会福祉法人が、首都圏に特養ホームを毎年開設している。
地方から、東京への反転しての進出、展開。
嬉しい事だが、今度は、私の人生の苦労の繰り返し。
地方の幹部が、首都圏で、スタッフを採用し、こやまケア理念を理解してもらうのは難しい。
地方なら、施設長、部長と言うだけで、ある程度尊敬してくれるが、首都圏、都会の介護スタッフは、そのような事はない。
幹部上司に対する評価も、信頼感も最初はない。
長い苦労の共有をして、多数の研修をして、初めて、心を開く。
地方と都会は、EUとアジア、中国とアメリカ位、文化が違う。歴史が違う。
言語も違う。
左ハンドルと右ハンドルくらい、運転センスが違う。
全国一律の医療保険、介護保険事業なのだが、本当に皆違う。
利用者も、職員も、皆人間で、違って当たり前、それが人間らしく素晴らしいと悟るまでは、随分と経験を経てからだ。
歳をとってからだ。
多少、泣き言めいてくるのだが、そうでも思わないと、耐えきれない事も多かった。
そんな事を日記にかけるようになり、スタッフに聞いて貰えるようになった。
自分は幸せなのだと思う。
もっと、若いうちから幸せになりたかったと思うが、これが自分の人生。
納得しようもなく、受け入れ、明日に向かって生きていく。
後ろも見ながら、遠い未来を見て、前に進む人生だ。
今年も地方の社会福祉法人が、首都圏で特養ホームを開設する。
もう、異文化に戸惑う事はさせない。
既に、湖山Gでは、首都圏相談部会というネットワークができていて、3種の法人の相談員がお互いに啓発し、学び合っている。
6国の相談員が全て揃っている。
そこが、新法人の新施設のスタッフを支援する。
地域包括ケアの実践とは、湖山Gのヘルスケア・デザイン・ネットワークの構築の事だと、確信している。
湖山の頼れる仲間が開業支援に行きます。
安心してください。

3.解説【2月22日】6国の相談員

  • 代表は、医療法人、社会福祉法人、株式会社における相談員の在り方について独自の考えを述べています。
  • 相談員という同じ呼び方であっても、考え方や価値観などによって受け取り方が違うというわけです。
  • 医療法人は医療機能の最適化を、社会福祉法人は弱者救済を、株式会社の施設は利益を求めています。
  • しかし、考え方や価値観が違っても、各々が自分の立場から社会に貢献しようとしているのは確かでしょう。
  • 過去を顧みながら、遠い未来を見て、前に進めていく人生を過ごすのは皆同じだと考えます。

alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
3

扫描下方二维码手机阅读文章