【2月15日】日记


双对策会议/W対策会議

alt text

1.中文【2月15日】双对策会议


现在,每天早、晚2次在网上举行新冠对策会议。
不论周末或节假日。
虽然我是对策总部长,但副部长是有经验的干部,会做出详细的指示。
仿佛手术的手法一样细致入微。
为了防止肉眼难见的传染病,在看不见的地方也需要想象力。
所有努力将由无新增感染者的结果来证明。
这样一来,就没有”没问题”的界限了。
医院介护设施过去也曾与诺如、流感、O - 157等传染病进行过斗争。
新冠病毒很难分辨,简直就是介护的噩梦。
彻底消毒、清扫是理所当然的,每天都要进行防护服穿戴的指导。
而且,在对策会议上,医生一定会参加。
昨天,又有新的阳性病例出现的报告,我作为总部长,立刻提议全体用户和全体职员进行核酸检测。
参加的医生对我说,自己明天就去。
迅速、最快、最佳地亲自实践。
如果晚一周,就会出现设施群体感染。
所谓隔断病毒策略,就是每天战斗的意思。
也没有周末。
参加这个会议的干部,365天没有休息。
我是在家使用zoom,所以很轻松,但现场负责人就不能这样了。
说到底,我是后勤事务负责人。
用钱就能解决的事情,当场结算,当场执行,我只能做到这些。
100人的即时检查需要几百万日元。
进行室外露天检测。投入资金。
不能等保健所的检查。
由法人自费进行。
这样就能显示出实施对策的认真程度。
几十个脉搏血氧仪已经就位了,这让人很高兴。
动作迅速。
还有几十台备用。
快者胜,所以如果觉得危险,请尽早提出要求。
口罩、防护服、脉搏血氧仪,接下来是检测套件。
我负责的是备品和资金。是兵站。
从昨天开始,又一个在线会议开始了。
是地震灾害对策本部(的会议)。
由福岛的法人发起。
3·11地震以来,福岛的危机感很高。
设施的损失报告也很快。
会议在福岛干部的指挥下已经开始,我急忙中途参加。
即使不坐直升飞机,也参加了网上活动。
传递出紧迫感。
建筑物受损情况的照片已经发邮件了。
请受害设施自行发出状况报告。
这是地震报告首则。
一周之内,可能还会有一次地震。
如果是大地震,电话和网络都无法连接。
即便如此,谁会采取怎样的行动也是可以预测的。
互相信赖。
也许是不幸的事,但正是从救灾的经验中诞生了湖山team。
在那之前,我认为每个医院设施都独立运行就足够了。
全国招聘广告是从节约招聘经费开始的。
现在,大家都在担心同届的伙伴,自主行动。
我认为湖山是志愿者的集合体。
创始人现在也是拉拉队长。
即使网络环境因地震而被切断,道路也有可能被切断。
我也还是在那天早上写了这封应援邮件。
只要还活着。

2.日文【2月15日】W対策会議

今は、朝・晩2回コロナ対策会議がオンラインで行われている。
土日祭日関わりなく。
私が対策本部長だが、経験のある幹部が副本部長で細かく指示している。
手術の手技のように細緻にいたる。
目に見えぬ感染症を防ぐ為には、見えぬ所にまで、想像力がいる。
全ては、感染者が一人も増えないという結果が証明する。
これで、大丈夫という限界はない。
病院介護施設は、ノロ、インフルエンザ、O−157など過去も感染症と戦って来た。
コロナは見えづらいので、まるで、介護テロだ。
消毒、清掃の徹底は当たり前だが、ガウンテクニックの指導が毎日のように言われている。
そして、対策会議には、医師が必ず参加している。
昨日も、新たな陽性者が出た施設の報告があり、本部長の私は、全利用者と全職員のコロナ検査を至急に提案した。
参加の医師から、明日自分が行きましょう、と言ってもらえた。
迅速、最速、最適に自ら実行実践。
1週間遅れれば、施設クラスターになる。
水際作戦とは、日々戦闘という意味。
土日もない。
この会議に参加している幹部は、365日休みがない。
私は、自宅からのzoom利用だから楽だが、現場担当者はそうは行かない。
所詮、私は、後方事務責任者である。
お金で済むことをその場で決済し、実行を即す事しか役に立たない。
100人からの即時検査は、何百万円とかかる。
青天井で、検査をする。資金投入をする。
保健所の検査を待っていられない。
法人の自費で行う。
そうして、対策の本気度を見せる。
パラスオキシメーターが既にに幾十と届けられていたのも、嬉しい。
迅速。
まだ、数十台予備がある。
早い者勝ちですから、危ないと感じたら、早めに要請して欲しい。
マスク、防護服、パルスオキシメータ、次は、検査キット。
私の担当は備品と資金。兵站である。
昨日から、もう一つ、オンライン会議が始まった。
地震による、災害対策本部である。
福島の法人が始めた。
3・11地震以来、福島は、危機感が高い。
施設からの被害報告も早い。
会議も福島幹部の指揮で既にに始まっており、私は、慌てて中途から参加した。
ヘリコプターで行かずとも、ネット参加した。
緊迫感が伝わってくる。
建物の損害状況の写真が、既にメール送信されている。
被害施設自から、状況報告を発信せよ。
震災報告ルール第1。
1週間以内に、もう1度地震があるかもしれない。
広域大震災だと、電話もネットも繋がらない。
そうなっても、誰がどう行動するかは、予測がつく。
互いに、信頼がある。
不幸な事かもしれないけれど、災害救援の経験から、チーム湖山は生まれた。
それまでは、個々の病院施設の独立独歩で十分と考えていた。
全国募集広告は、採用経費の節減から始まった。
今は、同期の仲間を案じて、皆が自主的に動く。
湖山は、ボランティアの集合体だと思う。
創業者も今は、応援団長。
ネット環境が地震で切断されても、道路が切断されるかもしれない。
その朝も、私は、この応援メールを書く。
生きている限り。

3.解説【2月15日】W対策会議

  • 1年間続いてるコロナ対策と突然起こった地震対策と、代表はW対策会議で多忙を極めています。
  • 見えないウイルスと戦うためには、日常的にしかも徹底的な検査と消毒が必要です。
  • 突然起こった地震の予測できない余震に対しては、迅速で自主的な対応が要請されます。
  • 湖山Gは過去の経験があり、全員の信頼と協力で困難を克服することが必ずできるでしょう。

alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
2

扫描下方二维码手机阅读文章