【1月23日】日记


独立单间老健/単独型全個室老健

alt text

1.中文【1月23日】独立单间老健


昨天,对东京都内的独立单间老健的医生进行了面试。
作为老健来说,医生的配置多得让人羡慕。
老健的医疗水平能达到什么水平,取决于医生设施长作为医生的力量和人文关怀。
听了医生的想法和实际成果,我就放心了。
感觉可以接受。
我想那位医生也有同样的感受。
在减少介护疗养病床的政策下。
我认为应该重新审视独立单间老健的存在价值。
虽然在政策上作为中间设施而诞生,但中间设施这个词现在已经不说了。
新冠疗养酒店的管理不完善引起了人们的关注。
我认为可以考虑利用老健和特养的短期住宿。
虽然工作人员和管理都不如医院,但也很完备。
虽然是面向老人的设施,但也是以疗养为目的的设施。
是不是应该有对应新冠的老健,特养设施呢?
全单间也满足了作为传染病设施的基本要求。
不,比大房间多的医院还要好。
发生群体感染的设施,与其恢复到以前的状况,不如改造成采取传染病对策的设施。
单间设置独立空调。
从阳台开始确保工作人员的活动路线。
天花板上设置紫外线装置。
设置床头传感器、摄像头。
为此我希望有补助金。
现在,东京都内正在积极增加医生数量。
在疫情之前,湖山集团就担心医疗设施跟不上介护设施的增加。
因为体检、透析也已经满员,所以计划扩大医疗事业。
疫情时代需要单间透析。
首都圈的构想是,所有介护设施在可以出诊的距离内配置医疗设施。
本来计划5年完成,没想到却赶上疫情。
要加快进度。但是,优先确保有志向的医生和护士。全部。
医疗和介护的双重螺旋。
不紧不慢的整备计划,恐怕也说不过去了。
医疗介护一体化势在必行。
介护设施需要医疗的支撑。
首都圈出现群体感染的福利介护设施中,很多都设有医院。
容易通过门诊、日常护理等方式感染。
但是,如果没有医院的支援,感染设施的复活是不可能的。
30年前,第一次开设老健时,我向母亲报告。
母亲说:“老犬(日语中老健与老犬发音相同)?上了岁数的狗吗?”
她反问道。
我至今还记得母亲那困惑的表情。
不记得是怎么回答的。
我自己也困惑了吧?
老健是老狗吗,妈妈说
这样问我的母亲已经不在了。

2.日文【1月23日】単独型全個室老健

昨日、都内の単独型全個室老健に医師面接で行った。
老健としては、医師配置が多いのを感心してくださった。
老健での医療レベルをどこに取るかは、医師施設長の医師としての力量と、人間的センスである。
先生のお考えと、実績を伺って安心した。
納得感があった。
その先生も同様に感じてくださったと思う。
介護療養病床が減らされる政策の中。
単独型個室老健の存在価値が見直されるべきだと思う。
政策上、中間施設とも位置づけられて誕生されたのだが、中間施設と言う言葉は、今は聞かれなくなった。
コロナ療養ホテルの管理不全が取り沙汰されている。
老健と特養のショートステイの活用を検討されても良いと思う。
スタッフも管理も病院ほどでないにしろ、完備している。
老人対応施設であるが、療養目的の施設である。
コロナ対応型老健、特養があってしかるべきではないか。
全個室と言うのも、感染症施設としての基本を満たしている。
いや、大部屋の多い病院より優れている。
クラスターが発生してしまった施設は、前と同じ状況に復活させるより、感染症対策を施した施設に改造すべきだ。
個室に個別空調を設置。
ベランダからのスタッフ動線の確保。
天井に紫外線装置設置。
ベッドセンサー、カメラの設置。
そこに、補助金を出して欲しい。
今、都内は、積極的に医師を増やしている。
コロナの前から、湖山Gは、介護施設の増加に、医療施設が間に合っていないと、憂慮していた。
健診、透析も満杯なので、医療事業を拡大する予定だ。
コロナ時代には、個室透析が必要。
首都圏は、全ての介護施設に往診可能な距離に医療施設を配置すべきと構想している。
5年計画のつもりだったが、そこにコロナ。
急ぐ。でも、志ある医師と看護師の確保が優先。全て。
医療と介護の二重らせん。
離れず、絡まらずの整備計画が、そうも言っていられなくなりそうだ。
医療介護の一体化が必要になりそうな状況。
介護施設にこそ、医療の支えが必要。
首都圏のコロナクラスターが発生した福祉介護施設は、病院併設が多い。
外来、デイなどから、感染しやすい。
でも、感染施設の復活も、病院の支援なくては、不可能だった。
30年前、初めて、老健を開設した時、母に報告した。
母は、「老犬、老いた犬?」
と、聞き返して来た。
母の困惑した表情は、今でも覚えている。
どう答えたかは覚えていない。
私の方が困惑したのではないか。
老健は老犬かと、母は言い
その母は、もういません。

3.解説【1月23日】単独型全個室老健

  • 代表は単独型全個室老健をコロナ対応の施設として利用する可能性を考えています。
  • 代表の考えに従えば、クラスターが発生しやすい病院よりも全個室老健の方が確かに優れています。
  • また、コロナ時代において医療介護の一体化の推進が、ますます必要になるでしょう。
  • それを実現するためには、各方面が一致協力することが前提となるのは言うまでもありません。

alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
3

扫描下方二维码手机阅读文章