【1月10日】日记


总部卫星事务所/本部サテライトオフィス

alt text

1.中文【1月10日】总部卫星事务所


之所以从银座转向地方,一是因为害怕东京大地震。
银座海拔只有几米。即使有高层建筑,也会被海啸淹没。
人工费和地租都很高,全国统一的医疗经营在东京成本最高,难度最大。
另外,大学医院等公共医院也最多,中小民间医院都经营困难。
总部设在东京车站前的大型人才派遣公司,将总公司的一半功能转移到了淡路岛。
我认为是正确的。
受疫情影响在家办公的时代,没必要特意坐着拥挤的电车来到银座办公室。
虽说有正宗银座医院,但也没必要把事务中心全部设在银座。
在一部分方便上班、地震灾害少的地方开设卫星事务所,不是更安全吗?
呼叫中心也可以设在冲绳或北海道。
其实,在有技能实习生的外国也可以。
也有公司让印度的医生做x光的读影。
湖山集团如果接受全亚洲的研修生的话,将来也许应该这么做。
医疗和介护都是现场设施的独立事业。
原本湖山集团是以法人单位和设施为单位独立运营的。
经营的中枢是我自己。
无论在全国哪里,我所在的地方就是作战总部。
我乘坐的飞机是空军一号。
通过网络,在线经营成为可能。
即使首都圈大地震,东京停电,即使我死了,备用办公室也会启动。
拥有湖山DNA的经营理事遍布全国。
即使冠状病毒疫苗上市,其效果也需要3 ~ 5年才能显现。
也就是说,这段时间和现在一样,是优先在家的社会。
为了与医疗机构和介护设施合作,湖山集团的经营模式发生了变化。
职场和家的距离感发生了变化,日本社会的结构也发生了变化。
湖山集团,以最快的速度应对变化。
这就是”自动变化的DNA”
代表开始行动。与湖山一起行动。

2.日文【1月10日】本部サテライトオフィス

銀座から、地方へ転換したのは、一つは、東京大震災を恐れての事。
銀座は、海抜数メートル。ビルが持っても、津波で水没する。
人件費も地代も高く、全国一律の医療の経営は東京が一番コスト高で難しい。
また、大学病院など公的病院も1番多く、中小民間病院は皆、経営難。
東京駅前に本社を構える人材派遣大手が、本社機能の半分を淡路島に移転した。
正しいと思う。
コロナ在宅勤務の時代に、蜜蜜の渋滞電車で、わざわざ銀座オフィスに来る必要はない。
元祖銀座医院があるからと言って、事務センターを全て銀座に置く必要はない。
一部を通勤しやすい、地震の被害の少ない場所に、サテライトオフィスにした方が、安全ではないか。
コールセンターは、沖縄や北海道にあっても良い。
実は、技能実習生の来る外国にあっても良いのだ。
レントゲンの読影をインドの医師にして貰っている会社もある。
湖山Gが、アジア全体から、研修生を受け入れるのならば、将来はそうすべきかもしれない。
医療も介護も現場施設のスタンドアローン事業。
元々、湖山Gは法人単位、施設単位の独立運営。
経営の中枢は常に私自身。
全国どこにいても、私のいる所が、作戦本部。
私の乗っている飛行機が、エアフォースワン。
オンラインで、まさしくネットワーク経営が可能になった。
首都圏大震災で、東京がブラックアウトになっても、私が死んでも、バックアップオフィスが起動する。
湖山のDNAを持った、経営理事が全国に居る。
コロナはワクチンが出回っても、その効果は、3年から5年はかかる。
つまり、その期間は、今と変わりない在宅優先社会。
医療機関と介護施設との連携の為に、湖山Gの経営のフォーメーションが変わる。
職場と自宅との距離感が変容し、日本社会の構造が全て変わる。
湖山Gは、最速で、対応する。
それが、「自ら変化するDNA」
代表は動く。湖山と共に動く。

3.解説【1月10日】本部サテライトオフィス

  • 代表は今回の文章を通じて湖山Gが地方を重視する理由を説明しています。
  • 地震などの自然災害を考えても、また通勤の効率のことを考えても、多くのスタッフを抱える銀座オフィスを設ける必要はないのです。
  • 特に今日のように変化が激しい時代では、代表が言われる通り、柔軟な姿勢で社会の変容に対応すべきだと思います。

alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
3

扫描下方二维码手机阅读文章