【1月9日】日记


神降临/神が降りてくる

alt text

1.中文【1月9日】神降临


昨天,在千叶的特养老人院开工仪式上,时隔多日进行现场致辞。
仪式在工程用地上搭起帐篷,搭建祭坛,由神主主持祭神仪式。
我在30年的时间里,至少举行了100次以上的开工仪式。
地主也说有过100次以上的奠基仪式祭神的经验。
附近神社的神主,事先亲切地教了我玉串奉奠的方法。
我已经有一年没做过了,所以还是老老实实地向他学习。
过去有过2礼2手1礼搞错的情况,委托方湖山的工作人员发现了我的错误,也不得不照做,我感到十分抱歉。
我总是觉得,湖山的干部有很多参加开工仪式的经验,他们对此很熟悉,跟着拍手都砰砰响,非常合拍。
不输给建筑公司。佩服。这难道不是湖山集团的骄傲之一吗?
祭神结束后向神敬酒,也就是用小酒盅干一杯酒,但大家都戴着口罩。
但是,透过口罩闻到的日本酒的香味非常棒。
大家都确认了没有嗅觉障碍,我觉得放心了。
最后是委托人致辞,但没有原稿。
也不用事先考虑。
即使有原稿,思绪也会涌上来,说出完全不同的事情。
昨天,我又想起了开设法人时那位恩人的事,就讲了他的事。
不管什么时候,只要站在别人面前,就会想起平时不记得的事情。
说出当时脑海中浮现的、实际感受到的事情。
说实话。无法很好地掩饰。
但是,我说的是真心话。
虽然知道嘴巴是祸害的根源,但这也是没办法的事。
因为是我的人性。
我不知道是哪位神降临,但应该是守护灵。
祈祷着保护自己免受新冠肺炎的侵害。
不仅是担心这个设施的职员,也担心今后与这个工程相关的人。
今后,在施工过程中,也有出现群体性感染的危险。
我跟大家介绍说,检查和疫苗在湖山都可以做,这并不是开玩笑。
今天,银座录音室7412将在网上举办新年音乐会。
从下午两点开始。
提前将我的致辞录了下来。
我在家听音乐会。
限制外出的人,请一定要和我一起。
灵魂会飞到同一间工作室7412。

2.日文【1月9日】神が降りてくる

昨日は、千葉の特養ホームの起工式で、久しぶりに現場で挨拶をした。
式典は、工事用地にテントを張り、祭壇も作り、神主さんが神事を執り行う。
私は、起工式を30年の間に、少なくとも100回以上は行っている。
地主さんも、100回以上起工式の神事の経験があると言っていた。
近くの神社からいらした神主は、事前に玉串奉奠のやり方を親切に教えてくださった。
私は1年ぶりなので、素直に教わった。
過去に、2礼2手1礼を間違えた事があり、施主側の湖山のスタッフは、私の間違いを気がついても、その通りにせざるを得なく、申し訳ない事をした経験がある。
いつも思うのだが、起工式の経験の多い、湖山の幹部は、慣れているので、合いの手が、ポンポンと、ぴったり合う。
建築会社に負けない。感心する。湖山Gの自慢の一つではないか。
神事が終わると神酒拝戴、つまり、お猪口で、お酒を一杯だけ乾杯するのだが、皆マスク。
でも、マスクを通して嗅ぐ日本酒の香りは素晴らしかった。
皆、嗅覚障害はないな、と確かめられて、安心したと思う。
最後に施主挨拶をするのだが、原稿はない。
事前に考える事もない。
原稿があっても、思いが湧き上がって来て、全く違う事を話してしまう。
昨日も、法人開設時の恩人の事が思い出されて、その方の事を話した。
何時も、人の前に立つと、普段、記憶にない事を思い出す。
その時、頭に浮かぶ、実際に感じた事を話す。
嘘をつけない。うまく取り繕えない。
でも、本音を言っている。
口は災いの元だとわかっているが、こればかりは仕方がない。
私の人間性だから。
私に、どの神が降りてきているのかわからないが、守護霊のはず。
コロナから守り給えと、祈る。
この施設の職員のみならず、これからこの工事に関わる方も心配。
これからは、工事中に、コロナクラスターになる危険もありうる。
湖山で、検査もワクチンも出来ます、と挨拶を絞めたが、冗談にならなかった。
今日は、銀座スタジオ7412から、ニューイヤーコンサートをオンラインで開催する。
午後2時からです。
私の挨拶は、昨日、ビデオ撮りをしておいた。
コンサートは自宅で聴きます。
外出を控える方は、是非、小生とご一緒してください。
魂は、同じスタジオ7412に飛びます。

3.解説【1月9日】神が降りてくる

  • 代表は、起工式における地鎮祭の神事について述べています。
  • どの神が降りてくるのか分からないが、必ず工事の無事とコロナから守ってくれるはずです。
  • そして、天の神様に頼るだけでなく、地上の我々も自分の安全と健康のために努力しなければなりません。

alt text


用户7825 用户7825
5 个月前
3

扫描下方二维码手机阅读文章